英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Letting Swift River Go ・ Roxaboxen / Barbara Cooney
2016年12月07日 (水) | 編集 |
Letting Swift River GoLetting Swift River Go
(1995/09/01)
Jane Yolen

商品詳細を見る

Letting Swift River Go

木々が揺れ、小川が流れ、
時には夜、裏庭の楓の木の元で、
遠くをゆく汽車の汽笛を聞きながら眠った、
蛍がとぶ豊かな土地が、
ボストンの人たちに水を供給するために、
ダムの底に沈むことになります。

The waters from the dammed rivers
moved in slowly and silently.
They rose like unfriendly neighbors
halfway up the sides of the hills,
covering Dana and Enfield,
Prescott and Greenwich,
all the little Swift River towns.
It took seven long years.


以前読んだアメリカが舞台のコージーミステリーでも
ダムに沈んだ街が一時的に水が引いて現れることから
事件が発覚する、というストーリーのものありましたが、
アメリカでも日本でもダムのために水没した街というのは
結構あるのですね。

RoxaboxenRoxaboxen
(2004/04/13)
Alice Mclerran

商品詳細を見る

ROXABOXEN
邦題「すてきな子どもたち」

砂と岩しかない広大な荒野での子供時代。
ROXABOXENと名づけた丘で、
石で街を作り、サボテンで飾り、
お店ごっこをし、時には木の棒でつくった馬を駆って
戦争ごっこをし、豊かな毎日を送ります。

銀座珈琲店
関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。