英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Mr. Mistoffelees With Mungojerrie and Rumpelteazer / T. S. Eliot
2017年01月13日 (金) | 編集 |
Mr. Mistoffelees With Mungojerrie and RumpelteazerMr. Mistoffelees With Mungojerrie and Rumpelteazer
(1991/03)
T. S. Eliot

商品詳細を見る
YL:3
語数:750

内容(「BOOK」データベースより)
20世紀最大の詩人エリオットが書いた、ユーモラスなネコたち。いまでも、ミュージカル“キャッツ”の原詩として親しまれています。その中から選んだ詩を、イギリスの人気イラストレーター、ル・カインが絵本化しました。いかにも不思議、とらえどころのない、「大魔術師ミストフェリーズ」や、みんなの困る顔が見たくてしょうがない「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」。


韻を踏んでいてとても詩っぽいなあ、と思っていたら、
詩でした^^;

英語で詩を楽しみたいと思ったら、絵本になっているものを
探してみるのも一案かも。
絵本としては難しいですが。

四季のキャットは何度か見たことがあるのですが、
原詩やこちらの絵本などで知識を得てから見ると、
もっと楽しめそうです。



And we all said: OH!
Well I never!
Did you ever
Know a Cat so clever
As Magical Mr. Mistoffelees!



conjure 呪文を唱えて呼ぶ、魔法を使って取り出す

関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。