英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Harquin: Fox Who Went Down / John Burningham
2013年07月11日 (木) | 編集 |
Harquin: Fox Who Went Down (Red Fox picture books)Harquin: Fox Who Went Down (Red Fox picture books)
(2000/07/25)
John Burningham

商品詳細を見る
YL:2
語数:750

丘の上に住んでいる狐の一家。
下にはキツネ狩りをする地主たちが住んでいるので、
降りて行ってはいけないよ、と両親は子供たちに言い聞かせますが、
HARQUINは丘を降りていきたくてたまりません。

イギリスの狩猟の生き生きした様子が味わえます。

This is a story about Harquin the Fox.
He lived with his family.
Their home was at the top of a hill,
and they were able to live peacefully
because the local squire and his gamekeeper,
who used to hunt foxed, did not know they were there

Now Harquin’s parents would often warn the young foxes.
‘You can play here on the hill,’ they would say,
‘but don’t go down to the valley otherwise the huntsmen
will see you and follow you back here
and we will no longer be safe.’
But Harquin was bored with playing on top of the hill.

gamekeeper:(個人の所有地の)猟場番人.
squire (昔の,英国の地方の)大地主.
huntsman 狩猟家,猟師. (キツネ狩りの)猟犬係.


先日イギリス人の英語の先生に、
「伝統があるのによくキツネ狩りが禁止になりましたね」
と質問したら、
「銃は持っていてもほとんど使わず、犬がきつねを追いつめる
とても残酷な狩猟だったからね。もともと狐は農家にとって害獣で
にっくき敵だったからー」
とのこと。

ぐぐってみるとキツネ狩り論争は「階級闘争」だったりするんですね。

キツネ狩り、というと
『フランバーズ屋敷の人びと』シリーズ。

Flambards (Oxford Children's Modern Classics)Flambards (Oxford Children's Modern Classics)
(2012/07/19)
KM Peyton

商品詳細を見る

英語で再読してみたいなあ、と思っているのですが、
キンドル版でも結構高いなあ。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。