英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】Once a Mouse...もとはねずみ / Marcia Brown
2017年01月19日 (木) | 編集 |
Once a Mouse...Once a Mouse...
(1989/09/30)
Marcia Brown

商品詳細を見る
YL:3.5
語数:320

もとはねずみ…―インドに古くから伝わるおはなしよりもとはねずみ…―インドに古くから伝わるおはなしより
(2011/03)
マーシャ・ブラウン、晴海耕平 他

商品詳細を見る


One day a hermit sat thinking about big and little
– Suddenly, he saw a mouse about to be snatched up by a crow.


ある日、隠者が世の中のすべてについて考えていると
突然ねずみがからすに襲われているのを見ました。

隠者と間一髪のところで助けてもらったねずみの寓話が、
雰囲気のある木版画で語られます。

A rajah of ancient India is said to have had
such popular animal fables collected as a
“mirror for princes” to instruct his errant sons.


昔インドの王侯が気まぐれな息子達に
王子としてのふるまえを教えるために
この有名な動物の寓話を集めたと
言われているそうです。

誰が自分をここまでひきあげてくれたのか
決して恩を忘れるな、
ということでしょうか。

hermit 隠者,世捨て人.
snatch ひったくる,ひっつかむ,
chide  しかる
wretched みじめな,哀れな
rajah  (昔のインドの)王侯,ラージャ.
errant 常軌を逸した、誤った、冒険的遍歴の、気まぐれな

Caldecott Medal賞受賞作。

関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック