英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解
2017年03月19日 (日) | 編集 |
村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解
村上 春樹 沼野 充義

NHK出版 2014-07-16
売り上げランキング : 30545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


村上春樹の新作長編が発売されましたね。
面白い本だったらいいなあ。

まずは英語版が発売されるまで前作の第3部を読了するのが
目標ですけど(汗)

さてこちらは、NHKのラジオ番組「英語で読む村上春樹」の書籍版。
「かえるくん、東京を救う」は聞いていなかったので、読んでみました。

左ページに英文、右ページに日本語訳が1ページずつあり、
そこから4~6ページほど細かな解説が載っています。
「英訳完全読解」と銘打っているだけあり、解説が詳しいので読解と文法の勉強になります。

Calming down?

(中略)会話文においてはこのようにbe動詞も主語も省略されることが頻繁であり、本来の時制の意味はほとんど意識されていないことが多い。ただCalm down?と尋ねるよりは、進行形のほうが少し物腰が柔らかい印象である。原文は「少しは落ちつかれましたか?」(14行目)である。

p30

Does this 'matter' have something to do with me?

(中略)一方、原文が「私の仕事」となっていることの背景には日本人のアイデンティティーが反映しているといえるかもしれない。もし「自分」に関係しているということならば、それは「仕事」のことであるに違いないという発想であり、つまり、この質問によって典型的な日本人のサラリーマンの姿が自然にイメージできるといえるかもしれない。(後略)

p35

the warmth and darkness underground

(中略)英語では、例えば2つ以上の形容詞が名詞を修飾するときなど、色彩(この場合dark)を表す単語は後ろのほうに来るという傾向がある。なお、このundergroundは形容詞。

p88

watched the smoke rising from his cigarette

(中略)現在分詞を用いる場合は、その行為が行われている最中であり、その途中を見ている状態。動詞の原形を用いる場合は、その行為の最初から終わりまで、その全体を見ている状態。この場合は、片桐は考え事をしながら煙草の煙が上がるのを漠然と見つめていたという状況であり、現在分詞を用いるほうがよりふさわしいと言えるであろう。原文は「煙草からたち上る煙を眺めていた」(16行目)である。

p160

Make that 'Frog,' please

(中略)make that ~ やmake it ~という言い方は、日常会話で何か変更してもらったり、訂正したりするときによく用いられる表現でもある。例えば食べ物や飲み物を注文する際、他の人が注文したものと同じものを頼むときにMake that two. (「それを2個に変更してください」、つまり「それを同じものをください」)と言ったりする。(後略)

p161

lifting her arm once more to check the date on her digital watch

(中略)「念のため」を表す英語は、例えばjust in case などのフレーズがあるが、これは「万が一に備えて」という意味合いであるので、この文脈では強すぎると言える。「~を念のために確認する」と英語で言うときに最も一般的であるのは、check ~ once more あるいはdouble-check ~という言い方である。

p205

Katagiri awoke to find him in the dim light

(中略)構文「awake + to 不定詞」=「目を覚ますと~である」。この文のように、awake の後のto不定詞にはfindという動詞が来ることがほとんどである。(後略)

p222

who sat there now wrapped in the thick cloak of sleep

(中略)関係代名詞who はこの場合、直前にコンマがあるので非制限(継続)用法であり、先行詞はFrogである。なお、この文脈では、この文のように関係代名詞節は制限用法)関係代名詞の前にコンマがない)ではなく、非制限用法(コンマがある)とするのが一般的であると言える。基本的に、制限用法によって修飾される先行詞は不特定の人や事物であり、関係代名詞節によって修飾されることで、その先行詞の特徴や性質が初めて「限定」、「特定」されることになる。一方、非制限用法における先行詞は固有名詞を含めた特定の人や事物であるとされる。つまり、固有名詞などで表される名詞は基本的にもともと一つしかない特定の存在であり、関係代名詞で表される節はその時点での人や事物の特徴や様子を表すものに過ぎない(たまたまその特徴や様子であるということ)。したがってこの場合、Frog(固有名詞)の後に続く節は、今は眠っている「蛙」ということで非制限用法となる。この部分っは原文の「眠りの熱い衣に包まれた(かえるくん)」(1行目)に相当する。(後略)

p254

I'll buy Anna Karenina and "White Nights"

(中略)英語では基本的に書名はイタリックで表すが、短編小説(もしくは中編小説も含める場合がある)は引用符(” ”)で表すという決まりがある。(後略)

p255

関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。