英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】湯を沸かすほどの熱い愛
2017年02月05日 (日) | 編集 |
湯を沸かすほどの熱い愛
湯を沸かすほどの熱い愛

宮沢りえの「紙の月」以来となる映画主演作で、自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督の商業映画デビュー作。持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまう。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然家出した夫を連れ帰り休業中の銭湯を再開させることや、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることなど、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。

映画.comより引用

主人公が残された時間で奮闘する姿に、
昔見てとても印象に残っている映画
「死ぬまでにしたい10のこと MY LIFE WITHOUT ME 」
が思い出されました。

アメリカの方が普通からちょっとだけ外れてしまった人や
貧しい人に厳しい社会だなあ、という気がしますし、

日本の場合は自分ではなく家族のために尽くす姿には
文化の違いを感じますが。

見ているものをミスリードして、
あとではっと気づかされる場面があったり、
リアルで容赦ないシーンがあったり、
見ているのが辛いいじめの場面があったり、

こちらもいつまでも余韻の残る映画になりそうです。

関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。