英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asahi Weekly, December 25, 2016
2017年01月14日 (土) | 編集 |
Asahi Weekly, December 25, 2016
asahi weekly 20161225

ひさしぶりにネット上の音声コンテンツを聞いてみたのですが、
いいですね。

せっかく購入したのですから、
音声まで聴いて読了、ということに
しなくては^^

長い文章が読めなくても、
聞けて話せたら
「英語できます」って自信を持っていえそうな
気がするので、
多聴って大事ですよね。。。

私は永遠に「できます」とは言えないような
気がしますが。。

でも私のことはさておき、
TVで「日本語出来ますか?」って聞かれて
「少しだけ」と答えていた外人さんたちが
みんなしっかりした日本語を話していたので、
どんなに出来ても、少しだけ、って思うメンタリティって
一般的なのでしょうか?
それとも日本・日本語というのがそういう性質を持っているのかな?

それにしてもESL Podcast が有料になったのが痛いです。
「ひと月に15レッスンを$14.99ドル」
ということなので、そんなに高いわけではないのですが。。。

今回間違ったり、確認した単語。

◆NEWS FOR BIGINNERS から

aptitude[ˈæptət(j)ùːd] 才能,素質
She has an aptitude for music .

◆「Weekly Pop Quiz 週間英語クイズ」から

5. Robert, you’ve been working all weekend! It (would do you good to) have some rest.
do you good =「あなたのためになる」

6. Betsy wants to (brush up on her Korean before) she goes to Korea, so she bought some language CDs to listen to on her way to work.
brush up on =「~を磨き直す、復習する」

◆MOVIES 「EYE IN THE SKY」
A moral battle fought from above から

gore [gˈɔɚ ] (傷から出た)血のかたまり、血のり
pyrotechnis [pὰɪrətéknɪk] 花火(製造術)の、華々しい
salvo [sˈælvoʊ] 一斉射撃
per se [pɚːséɪ] それ自体は、本来
trolley problem トロッコ問題、あるいはトロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という倫理学の思考実験。
rigorously [rɪ́ɡɚəsli ] 厳密に
as opposed to …と対照的に

◆TRAVEL から

boisterous [bˈɔɪstərəs] 荒々しい、乱暴な、騒がしい、陽気な、にぎやかな


関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。