英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】シン・ゴジラ
2016年08月13日 (土) | 編集 |
シンゴジラ

ネット上での評判がとてもよくって、
見に行きました。
これでやっとネットのネタバレ記事が読める~。

ということで、夜な夜なシン・ゴジラ関係の
ブログ記事を読み漁っています。

映画自体はあまりにも期待値を上げ過ぎて
見に行ったので、
初「4DX」で見た『パシフィック・リム』
ほどではなかったので、
もしこれから見に行かれる方がいたら、
あまり期待しないで見に行かれると、
とても面白く感じると思います。

東京における災害シミュレーション、
原発とのかかわりかた、
政府内部の指揮系統、
といったことに興味がある、

または、
ゴジラファン、
エヴァンゲリオンファン、
乗り物好き(電車、ポンプ車等等)、
戦車や戦闘機好き、
神奈川または東京在住

の方々は確実に楽しめるのではないかと。

出来るだけ情報を入れないで見て、
鑑賞後はネット上の情報を読んで
一緒に楽しみましょう~。

以下はネタバレ含みます。











第二形態が上陸してきたとき、
「きたァァァァァァ誰!?」っていうのが衝撃でしたよね。

ゴジラ第一作を見た人と同様に、
確かに、見たことのないものが
やってくる驚きを経験できました!

昔、洋光台や鎌倉の近くに住んでいたことがあったので、
ひぃ~懐かしー、とリアル度が増しますね。

「この国はスクラップ&ビルドで成り立ってきた。
今回だって、変わりはないさ」
という廃墟となった東京を背後にした台詞で、
第二次大戦後、廃墟となった東京を
今のような状態まで持ってきたことが
どんなにすごいことか、実感しました。

「すぐ次のリーダーが決まる、
なんの心配もないことが分かった」
というのも
個々人が淡々と持ち場で仕事をする、という
社会は強い、はず。

ゴジラに破壊されなかった町は
同じように次の日も電車は動いて
人々は仕事に行く。。

東京は今は工場よりオフィスとしての集積地なので、
人が生きていれば、復活できるはず。

東京の中心地にいつ再度脅威となるかどうか
わからない凍結された原発がある世界って
リアルです。。。

あ、石原さとみさん、英語へた?って
書かれていたりしますけど、さすが、
イーオンの宣伝に出ているだけあって、
上手な気がしますけど~。
日本人的なまりはありそうですけど、
あれだけしゃべれたらいいじゃん~。

この役をとるためにマネージャに
働きかけたり、アメリカ政府に勤めていた人に、
日本語の発音で苦手なところとかを聞いたり、
あんなにかわいいのに、プロとしての
意識が高くて努力されているのが、
かっこいいですねー。

それにしても日本人としてリアルな映画って
愛や家族よりも仕事場って。。。
まさにそうですね。。。

でも、人間だけでなく、
生き生きとこれまでの復讐とばかり攻撃する
電車(無人在来線爆弾!)やビル
2027年完成予定の現時点で存在しないビル
を含む!)もかっこいいですね!

ヤシオリ作戦、
「八塩折之酒」(ヤシオリノサケ)
も知りませんでした。
勉強になります!

William Steigの
「Doctor De Soto 歯いしゃのチュー先生」
みたいになってましたけど。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

色々詰め込ませた映画のネタ探し&
そういったネタをネットで読むのも
楽しく、楽しみかたが広い映画なのも
いいですよね。
関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。