英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016上海_6南京東路・夜の豫園商城
2016年08月09日 (火) | 編集 |
2016上海_6南京東路・夜の豫園商城

静安寺の隣の久光百貨店へ。
中国の百貨店みたいですが、そごう系?のため
ファンケルがあったり地下食品売り場は
日本の製品が豊富でした。
キティちゃんはマクドナルドでもコラボしていました。
頑張れキティちゃん!
上海

レストラン街がピンとくるところが
なかったので、地下のタイ系?のお店で、
海南鶏飯。
日本で流行っているのでずっと食べてみたかったのですが、
なんかご飯が鶏の茹で汁で炊いた感じじゃない。。。?
上海

マンゴーゼリーと、氷という文字があったので注文した
小豆とアイス入りミルク?
ここに来る前にタワーの下でアイスを食べたのですが、
2盛りで35元(約630円)と高かったので、
中国ではまだまだ冷たいものはあまり食べられていないのかも。
冷たいものは身体を冷やすから良くないということで?
ハーゲンダッツのお店はいっぱいありましたけど。
上海

地下鉄で南京東路へ。
上海

歩行者天国を観光用の電気自動車1人5元(約90円)が
走っていました。
上海

夜の豫園商城Yuyuan Tourist Martを見るために豫園に移動。
ガイドブックに載っていたお豆腐のお店を
目指して来たら六時までということで
すでにしまっていて残念!
上海

この上海老街と標識のあった通りで
工芸茶(花茶)を売っているおしゃれなお店で
ついつい沢山工芸茶をお土産に買ってしまった
のですが、冷静になってみると結構高かったです。
空港で買うよりは安かったですが。
上海

夜の豫園商城。
ネット上のガイドサイトによると
「元、明、清の時代から民国初年にまでの700年来、
ずっと上海の政治、経済、文化の中心となっていて、
「上海の根」とも呼ばれ、
上海特有の人文標識と文化のネームカードであった。」
ネームカード?
上海

それにしても台湾の九分が「千と千尋」のモデル、と
宣伝?されていますが、
上海も「千と千尋」の油屋だらけだよ!
上海

いつまでもきらびやかで華やかな上海の夜です。
上海

つづく。
関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。