英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016クロアチア_7ストン・コルチュラ
2016年07月02日 (土) | 編集 |
クロアチア_7ストン・コルチュラ

今日はいい天気!
部屋を変えてもらったので、窓からいい景色!
クロアチア

部屋はちょっと狭くなったけど、
この景色には変えられません。
クロアチア

そしてなぜか広いテラス付き。
クロアチア

朝食ブッフェにはシャンパンもあったような。。
クロアチア

着席してしばらくするとスタッフの方が
コーヒー、紅茶などを聞きにきてくれます。
その時卓上メニューに書かれたエッグベネディクトなど
頼めることにやっと気づきました。
クロアチア

青いアドリア海。
ホテルのすぐそばでも物凄く透明度が高かったです。
クロアチア

今日は一日エクスカーション。
15分前にはピックアップ場所のホテルの前で待っていたのに、
10分過ぎても迎えの人がこない!
なんか忘れられていたみたいで、連絡しようかな、と
思っているところにやっときてくれました。。

大型客船が2艘も停泊していた新市街を疾走して
バスに追いつきます。
(この写真では小さく見えますが、とても大きな客船でした。
ドゥブロヴニクで買い物していたとき、お客さんとお店の人が、
「船で来てしばらく滞在していたのだけど、明日帰るの」
「私も夏休みは船でフランスにバカンスに行くわ」
という会話をしていて、ホテルの前に停泊しているような
個人の大型ヨットで?!豪華!と思っていたのですが、
こういう大型客船で来ているのかも。)
クロアチア

やっとバスに乗り込んで、ガイドさんの説明を色々聞きながら
海岸線を走って、ストンへ。
ヨーロッパ第二の長さを誇るという城壁。
クロアチア

そして、中世の頃と同じ製法で作られているという
塩田。
ものすごく辛い塩でした。
昔は一番高価であった銀と同じほど高価で、
この塩があったからこそ、オスマン帝国とベネチアの
間で独立を保っていたとのこと。
クロアチア

雰囲気のいいカフェが連なっていました。
ギリシャっぽいですね。
クロアチア

城壁にも登ってみました。
マラソン大会も行われるそうです。
とても過酷だそうですが。
クロアチア

城壁からの眺め。
風が気持ちいい。
クロアチア

ストンからまたバスに乗って、船に30分位乗って、
コルチュラ島のコルチュラへ。
クロアチア

門の上のライオンのマークはここがベネチア
の支配下にあったことを表しているそうです。
クロアチア

こちらのお兄さんが今日のガイドさん。
英語とスペイン語がペラペラ。
後ろの赤い服の女性がドイツ語担当のガイドさん。
でもドイツの方は英語が分かるということで、
解説は基本的に英語でした。
クロアチア

全員で35人ぐらいのツアーでしたが、
年配のカップル、南米からの女性たち、という感じで、
珍しいことに?アジア系の方はいらっしゃいませんでした。
目的地ストンやコルチュラ島でもアジア系の方とはすれ違わなかったような。
以前海外旅行好きの友だちが、どんなに僻地に行っても
日本人とドイツ人はいる、といっていましたが。^^

つづく。
関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。