英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポースケ / 津村記久子
2014年01月31日 (金) | 編集 |
ポースケポースケ
(2013/12/09)
津村 記久子

商品詳細を見る


第140回芥川賞受賞作『ポトスライムの舟』の続編。
といっても『ポトスライムの舟』の主人公のナガセはあんまりでてこず、
学生時代の友人4人組のひとりヨシカが開いているカフェに集う人々の
連作短編集のような感じです。

『ポトスライムの舟』を読んだのはかなり前ですが色々な情景が印象に残っていて、
最近この『ポースケ』を読んでブログで感想を紹介している人が結構いらしたので、
読み始めたら、やめられなくなって一気に読んでしまいました。

前作はワーキングプアという文脈でも取り上げられていたみたいですが、
今回も基本、働く女子たちの話。

邪悪な人の餌食になってしまう善良で優秀な人達の描写がリアルです。
パワハラとかストーカーとかほんと怖い。

人のためのちょっとした勇気や善意でしたことが
相手を助ける以上に自分の助けになっていたり、
邪悪な人の悪意や闇につかまってしまったところから
再生を果たすのは緩やかな他人との関係だ、
という世界観が物語の力なんでしょうね。

関西に住んでいる人のほうが楽しめるかもしれません。
舞台となっている奈良という歴史ある街の力もありそうです。

「生きていれば、話していいことと話したいことと話してはいけないことの区別はついてくる。」
P186
「この世には、驚くほど自分の言動に対する客観性の欠落した人間がいるものだが」
というのを他の本で引用したばっかりだったので、そうだったらいいな、
年を取るにつれて人間関係も穏やかになっていけるのかな、と
思いたいです。

最初ちょっと読みにくい気がしたのは登場人物がよく把握できなかった
からかな。
結構つらい逸話も多いですが、ぜひこの本の続編も読みたいです。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

   あら はやいですね!

   まだ、地元図書館で順番が回ってきません。
   現在、7番目です。今年の夏になりそうな順位です。

   「とにかく うちに帰りたい」の、
   靴の中のグショグショ感(失礼しました)が、
   とてもよく伝わってきてファンになりました。

   現在、絶賛 林真理子ブームなのですが、
   ブームの発端が、書評に「どんなに セレブの
   生活をしていようが 林真理子には なりたくない
   と思わせる」と、あったからです どういうこと!?
 
2014/02/01(土) 23:19:08 | URL | denko #-[ 編集]
denkoさんへ
denkoさん、コメントありがとうございます♪

たしかに~。ラッキーでした♪
7番目ですかー。忍耐ですねー。
私が今待っているのも早くて夏ぐらいのものがあって、
なぜこんなに?!と思っていたら、今年の本屋大賞でしたー。

他の作品も面白いのですね。denkoさん、相変わらず
ターゲット広いですね~♪

林真理子さんかー。
エッセイしか読んだことがありませんが、小説も
面白いんですね。
ほんと、なぜなんですかねー(^^ゞ
2014/02/02(日) 20:52:45 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。