英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
2013年eラーニング
2014年01月15日 (水) | 編集 |
2013年eラーニング

◆なんとか継続したもの

ESL Podcast

ABCニュースシャワー

BBC 6 Minute English


◆英語の勉強&多読についての雑感

昨年も周りの人に助けてもらってほんとありがたい幸せな一年だったのだけど、
自分の努力という点では確信犯的にだめだった一年で、
ここ数年の中では集中と拡散のギャップが激しく、
継続という点でもあと一歩の努力という点でも、
フェードアウトしてしまって「あー馬鹿馬鹿!」という感じ。

大人になってもダメな性格は変えられない、というのは
なんとかしろよ、自分、って思いつつ、
年とともに気力体力が自覚もないまま衰えていくのは
哀しい・・。

多読に関しても・・・
もともと感情がやわやわですぐに感動したり腹が立ったり胸が痛くなったりするので、
気持ちが揺さぶられる物語世界が苦手。
映画も実は苦手。
心で感じるのではなく理解するエッセイとかコラムとかが好きで、
昔ならコラムが充実している雑誌、最近はブログ。
日本語でも大人になるにつれエッセイがメインであとは推理小説とSFという感じだったので、
洋書で小説が読みたい!という動機が薄く、なかなか多読が捗らない。
子どものときから本好きで活字中毒という人がうらやましい。
子どものときから本好きな人って物語世界が好きな人が多いのでは。
あ、でも漫画は好きだったので、単に活字から世界を構成する想像力が欠如しているってことか。
活字中毒の人たちは小説でもノンフィクションでもなんでもがしがし読んでいくので、
やっぱりベースは知識欲の差。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
tabbyさん こんばんは。

当方のブログは元々需要がない上に
今年は以前よりも忙しくなる見込みなので
止めるか更新頻度を一段と下げる予定ですが、
こちらのブログにはまたちょくちょくお邪魔させて
いただきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。

今回の記事の内容を読んでの感想ですが、
あれだけ洋書と和書を読んでブログを頻繁に更新して、
TOEICでもコンスタントに900点以上取れるように
なったのに満足されてないのはよほどtabbyさんが
英語学習において設定されている目標が高いのでは?

以前にも何回か似たようなコメントをしてるかもしれませんが、
英語の勉強も楽しいから続けられるので、仕事になると多少
英語のレベルが上がるにしても大変ですよ。つまらないことも
多いし。仕事に活かすため、といった必要に迫られていない
のであれば、そんなに肩肘張らずにもう少し気楽に考えては
いかがでしょう。これだけネットが発達している時代なので、
tabbyさんの好きなエッセイでもブログでも、コージー系の
ミステリドラマの動画でも比較的簡単に入手できるでしょう。
そういったものを読んだり視聴しながら楽しく英語の勉強を継続
されたら良いかと。
昨年の後半にはクリスティ作品も大分読まれていたようですが、
クリスティ作品だけでもまだまだ相当あるので、少なくとも
推理小説のジャンルでは暫くは読む本に困らないでしょうし。

例によってコメントが長くなるにつれて何が言いたいのか自分でも
分からなくなって来ました。失礼しました。

それではまたお邪魔させて下さい。
2014/01/17(金) 01:37:29 | URL | Idler #-[ 編集]
Idlerさんへ
Idlerさん、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします♪

今よりずっと英語の力がなかったころ、仕事で英語をメインに
使っていたことがあって、当時は帰国子女の方々に囲まれて
それはそれは苦労しました。
今はそれほどメインには使っていないのですが、自分がいる業界が
別の意味で大変になってきたこともあり、
出来ればもう少し英語を使う仕事にシフトしていこうかな、と
虫のいいことを考えています。
なので、自分の希望を叶えるとすれば、ほんともっと
真面目に勉強しないといけないんですよね。。。
なのに楽なほう楽なほうへと流されてしまう性格で・・・(^▽^;)

Idlerさんの言われるようにもっと楽しめたらいいのですけど。

なかなかいろいろ難しいですけど、少しでも成長したい、と
思うのがかえってよくないのかもしれませんね。
といいつつ全然成長していないんですけどね。

2014/01/17(金) 21:01:05 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック