英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Changes ・ KIRSTY KNOWS BEST / Anthony Browne
2017年03月28日 (火) | 編集 |
ChangesChanges
(2008/06/02)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:160

On Thursday morning
At a quarter past ten
Joseph Kaye
Noticed something strange
About the kettle.


見慣れた風景が少しずつ変化していく世界。。。
少年の不安な気持ちが反映されているのでしょうか。
文字だけ読んでいるとはっきり書かれてませんが、
変化していく世界を描いたイラストが怖いです!
不安感をとてもわかりやすく表していると思いますが、
ここまで感受性が強いと生きていくのは大変そう。。。
周りの大人が子どもの気持ちを理解するのには
いいかも。。


KIRSTY KNOWS BESTKIRSTY KNOWS BEST
(1988/05/12)
Annalena McAfee

商品詳細を見る
YL:2
語数:600(概算)

こちらも空想家の女の子Kirstyの話。
Changesの男の子の不安な気持ちが現実に投影されるのではなく、
厳しい現実を空想の世界で楽しいものに変えていきます。

でも、
“You spend so much time daydreaming, you look like a sleepwalker. Wakey, WAKEY!”
とクラスのいじめっ子に目をつけられたり、大変ですが。。。

関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。