英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Silly Billy / Anthony Browne
2014年04月10日 (木) | 編集 |
Silly BillySilly Billy
(2007/11/05)
Anthony Browne

商品詳細を見る
YL:1.0
語数:339

Billy used to be a bit of a worrier.
He worried about many things…
Billy worried about hats,
and he worried about shoes.
Billy worried about clouds,
and rain.
Billy even worried about giant birds.


色々なことが心配なビリー。
帽子に靴に雲に巨大な鳥に。。。
お父さん、お母さんに慰めてもらいますが、
ある日お祖母さんのうちで泊まらなくてはならなくなり。。。

グアテマラから伝わる、枕の下に置いて寝ると
心配ごとを持って行ってくれるというWorry doll
ウィキペディア

カラフルでかわいいです♪
Worry doll

Worry dolls come from the Central American country of Guatemala.
They are made from tiny pieces of wood and scraps of cloth and thread.
Long ago, the children of Guatemala made these dolls, and when they went to bed at night, they would tell a worry to each one before placing them under their pillows and going to sleep. In this way, they would wake up in the morning feeling much less troubled.
To this day, children in Guatemala trust their dolls to take away their worries as they sleep, and this custom has now spread around the world.


新宿御苑 桜
@新宿御苑
関連記事

コメント
この記事へのコメント
心配事が多いBilly。Worry dollでどうなるんでしょうか。話の続きが気になりますね。
2014/04/11(金) 04:38:10 | URL | オレンジ #-[ 編集]
オレンジさんへ
オレンジさん、コメントありがとうございます♪
Silly Billy って題ですが、Worry Billyっていうほうがあっているかもしれませんね。続きは読んでのお楽しみで♪
2014/04/11(金) 21:10:42 | URL | tabby #-[ 編集]
Anthony Browneさん、シュールで軽妙洒脱でいいですよね〜♪
アートだなといつも思います。
コツコツ集めています。

最近、絵本にどっぷりと漬かっているのですが、
tabbyさんが直近で読まれているものと
いくつかラインナップがカブっているのです(嬉)
Dr.suessの辞書やMr.Men&Little Missシリーズ、Don FreemanのFly High
Fly HomeやBurtonの作品、フランシスシリーズなど。

tabbyさんはJon Klassen、Ian Falconerの作品はご覧になったことありますか?
どちらもおかしみがあって絵本の魅力を再確認したきっかけとなりました。
KlassenのHATシリーズは翻訳が関西弁で笑えますし(原書がもちろんお勧めですが)
FalconerはNYのイラストレーターなのですが子豚のOLIVIAシリーズが、とってもおしゃれで可愛いです。
小さい頃親しんだ絵本の原書も良いのですが
大人になって知った作家さんもまた格別ですよね。
2014/04/14(月) 22:36:02 | URL | Pigsty #-[ 編集]
Pigstyさんへ
Pigstyさん、コメントありがとうございます♪
Anthony Browneさんの本、集めていらっしゃるのですか!いいですね!
そうそう、アートですよね~♪
ちょうど同じ時期に同じ系統の本を読んでいるなんて光栄です~。きっとなにか意味ある偶然の一致ですよ~☆彡
Jon Klassenさん、Ian Falconerさん、どちらもあちこちで名前をおみかけする作家さんで読みたいなあーとずっと思っているのですが、利用している図書館にないんですよね(涙)
あきらめて古本屋めぐり始めようかな。
関西弁の笑える絵本!いいですね!うー読みたい。
OLIVIAちゃんの本は昨年夏のブックフェアの洋書バーゲンで売っていたので、今年もし見かけたらゲットします(^O^)/
素敵な本の紹介ありがとうございます♪
>大人になって知った作家さんもまた格別ですよね。
そうですよね。多読のおかげで沢山の絵本を読むことが出来て、ほんとありがたいなあって思います♪
2014/04/15(火) 20:40:03 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。