英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asahi Weekly, July 21, 2013
2013年12月10日 (火) | 編集 |
Asahi Weekly, July 21号を読了しました~♪

AsahiWeekly_July212013

今回は表紙にもなっているマララさんの記事から
一部引用します。

Malala addressed U.N., calls for education for all kids
マララさん、国連で演説「本とペンを手に取ろう。それが一番の武器」

UNITED NATION (AP) —
Malala Yousafzai celebrated her 16th birthday on the world stage at the United Nations, defiantly telling Taliban extremists who tried to end her campaign for girls’ education in Pakistan with a bullet that the attack gave her new courage and demanding that would leaders provide free education to all children.
(中略)
 “Let us pick up our books and our pens. They are our most powerful weapons,” Malala urged. “One child, one teacher, one book and one pen can change the world. Education is the only solution. Education first.”
(中略)
 In what some observers saw as another sign of defiance, Malala said the white shawl she was wearing belonged to Pakistan’s first woman prime minister, Benazir Bhutto, who was assassinated in December 2007 when she returned to run in elections.
(中略)
 “They thought that the bullets would silence us,” she said. “But they failed. And then, out of that silence came thousands of voices. The terrorists thought that they would change our aims and stop our ambitions but nothing changed in my life except this: Weakness, fear and hopelessness died. Strength, power and courage was born.”
(中略)
 Malala said her main focus was on the education of girls and the rights of women “because they are suffering the most.”
 A report by UNESCO and Save the Children issued just before Malala’s speech said 57 million youngsters were out of school in 2011, down from 60 million in 2008. But it said the number living in conflict zones rose to 28.5 million in 2011 and more than half were girls.

defiantly 挑戦的に
extremist 過激派
defiance 果敢な抵抗

関連記事

コメント
この記事へのコメント
ちょうど先日授業で彼女のスピーチの動画を見ました。生徒さんたちは彼女のことを知らなくて、ちょっと説明したら彼女が経験したことにも、彼女の国の女の人が経験していることにもショックを受けていました。「知らなきゃ!」ですよね。奇跡的に助かったマララさんの今後も注目していこうと思います。
2013/12/12(木) 23:50:35 | URL | ピッピ #-[ 編集]
ピッピさんへ
ピッピさん、コメントありがとうございます♪

素敵な授業ですね!
マララさんの事件はほんとに心が痛い出来事ですが、
日本でピッピさんがこうやって実際に授業で取り上げて
他の国の女の子たちの現状を伝えてくださっていることは
まさにマララさんの意志を受け継いでいく行為ですよね!
ピッピさんの授業を受けることが出来る生徒さんたちは
幸せものです☆
2013/12/14(土) 00:33:36 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。