英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Case of the Rich Woman / Agatha Christie
2016年09月24日 (土) | 編集 |
The Case of the Rich Woman: A Parker Pyne StoryThe Case of the Rich Woman: A Parker Pyne Story
(2013/10/22)
Agatha Christie

商品詳細を見る

『パーカー・パイン登場』
大金持ちの婦人の事件 - The Case of the Rich Woman
YL:7
語数:3900(概算)

Parker Pyne Investigates: A Parker Pyne CollectionParker Pyne Investigates: A Parker Pyne Collection
(2012/06/19)
Agatha Christie

商品詳細を見る

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
に収録。

パーカー氏の悩み相談所に持ち込まれた相談。
‘If you’re any good at all you’ll tell me how to spend my money!’
お金の使い道を教えてほしいのだけど。

‘I’ve got a car and a house in Park Lane. I’ve had a yacht but I don’t like the sea. I’ve got a lot of those high-class servants that look down their nose at you. I’ve travelled a bit and seen foreign parts. And I’m blessed if I can think of anything more to buy or do.’
look down one's nose at ~を見くだす


相談が珍しいものならその解決方法もすごい。
相談されて即座にこの方法を計画し見積もり提案するパーカー氏。
すごいなあ。

ところで、
イギリスの物価と賃金
13世紀以降の物価と庶民の賃金を紹介します。

を参照に、

1920年の
熟練工の収入を130ポンド 500万円とすると、
メイド 20ポンド 100万円とすると、
1ポンド 約4万円~5万円かなぁと
思って読んできましたが、
なんかこのシリーズでの報酬を見ると
1ポンド 1万円位のほうがしっくりくるような。。

貧富の差が激しくて衣食住付きのメイドの年収は20万円
位だったのかも。。。?

でも、ホームズの1880年代で1ポンド=約24000円ということだから
やっぱり1ポンド=約3万円位はしたのかな?

さらにググってみると
「1840~1910年代の期間でだいたい1ポンド6.5~8万円で推移し、第一次大戦後は2.4万円とのことです。」
という記述が。
[FAQ]ヴィクトリア朝の1ポンドって日本円でいくらぐらいですか?から引用

と、ひとまず解決したところで、ここでの報酬
My charges will be one thousand pounds, payable in advance.
1000ポンド=2400万円! 前払い!

デニーズ
モーニング@デニーズ
関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。