英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Case of the City Clerk / Agatha Christie
2016年12月03日 (土) | 編集 |
The Case of the City Clerk: A Parker Pyne StoryThe Case of the City Clerk: A Parker Pyne Story
(2013/10/22)
Agatha Christie

商品詳細を見る

『パーカー・パイン登場』
サラリーマンの事件 - The Case of the City Clerk
YL:7
語数:3900(概算)

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
に収録。

平穏に事務員として暮らす48歳の依頼人。
ある日妻と子供たちが留守中にふとむなしくなり
パイン氏を訪ねます。

‘You are unhappy?’
‘I shouldn’t like to say that either. I’ve a great deal to be thankful for.’
‘We all have,’ said Mr Parker Pyne. ‘But when we have to remind ourselves of the fact it is a bad sign.’


なけなしの5ポンド(1ポンド=約2.4万円として12万円)
を払い、刺激に満ちた経験を得ることになりますが。。

なかなか危険に満ちた経験なのでは?!
そして別人のように活躍!

私の固定観念が強すぎるのか想像を超えているのか
よくわからない部分も多かったのですが、
始まり方と中身のギャップに読まされました。^^

深川ギャザリア
@深川ギャザリア
関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。