英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Finn Family Moomintroll たのしいムーミン一家 / Tove Jansson
2013年10月18日 (金) | 編集 |
Finn Family MoomintrollFinn Family Moomintroll
(2001/09/27)
Tove Jansson

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:28517

新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)新装版 たのしいムーミン一家 (講談社文庫)
(2011/04/15)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る


ムーミンシリーズの後半3作、特に「ムーミンパパ海へ行く」を
読んだ後に、この本を読んだので、
がらっと雰囲気の違う楽しいストーリーにちょっと戸惑いました。
こちらが本来のムーミンの世界?
山の頂で見つけた「飛行おにの帽子Hobgoblin’s Hat」を巡る
騒動が描かれます。

これはこれでわいわい楽しい雰囲気がいいですね。
大人たちが病んでいるってこともなく^^;
守られていて安心して冒険が楽しめる気がします。
生き生きとした子供の世界が魅力的です。

それにしても、この話の中ですでに「モランGroke」が
登場しているのはちょっとびっくり。
ムーミンって種族ごとに名前がついているそうですが、
このモランは「海へ行く」に出てきたのと違うのかな?

‘You aren’t a collector any more, you’re only an owner, and that isn’t nearly so much fun.’

Raisin-pudding and pumpkin jam, bananas, marzipan pigs and sweet maize, and a pancake as well for breakfast next day.


錦糸町にムーミンのお店が♪
「ムーミン専門店ペイッコ PEIKKO」
ムーミンショップ 錦糸町1

ちなみにフィンランドにあるムーミンワールド
ってこんな感じなんですね。
フィンランド/ムーミンワールド訪問記

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。