英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】Pig Tale / Helen Oxenbury 
2017年01月11日 (水) | 編集 |
Pig TalePig Tale
(2005/07/05)
Helen Oxenbury

商品詳細を見る
YL:2
語数:800

風刺が効いている話でどう考えたらいいか迷います!
子どもに「豚でいるほうがいいよ~」というのかな?!


This is the story of two bored pigs.
She was called Bertha and his name was Briggs.
They would lie in the grass and moan and complain:
“Nothing happens to us --- every day is the same!”


なに不自由なく暮らしている豚のBertha とBriggs。


But Bertha and Briggs were never content.
On money and riches their two minds were bent.
There were so many wonderful things they would do –
only then would they really be happy, they knew.


だけど、お金があったら幸せになれるのに~、と夢見ています。


Then one sunny day they were nosing about
when Briggs grubbed up a chest with the end of his snout.
They opened the lid with a squeal of delight,
for the chest contained treasure, all glittering bright.


そしてある日、宝が入った箱を見つけ、金持ちに!


grub[grˈʌb] 掘り返す、骨折って捜し出す、地虫、うじ、食物
snout[snάʊt] (豚などの)突き出た鼻
be bent on ~に夢中になっている


関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック