英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のクラシックコンサート2013/09 その4
2013年11月30日 (土) | 編集 |
◆METT管弦楽団 第36回定期演奏会 

 2013コンサート秋  2013コンサート秋

【会場】なかのZERO大ホール
【合唱】METT合唱団
【指揮】久世武志
【曲目】
ヴェルディ/「ナブッコ」序曲
グリーグ/「ペールギュント」第1組曲
 休憩
ベートーヴェン/交響曲第5番ハ短調 op.67「運命」

【感想】
指揮者の方の機敏な指揮の様子がよかったです。
有名なグリークの「ペールギュント」、実は砂漠だそうですが、
北欧の澄んだ空気がイメージされてしまう素敵な曲ですよね。

◆クリビアフィルハーモニカー管弦楽団 第4回定期演奏会

2013コンサート秋

【会場】なかのZERO大ホール
【バレエ】クリビアバレエカンパニー
【合唱】クリビアフィルハーモニカー・フェストコア
【指揮】山口琢也
【曲目】
 R.シュトラウス/歌劇「薔薇の騎士」組曲
 ベートーベン/交響曲第7番イ長調
  休憩
 プーランク/バレエ「牝鹿」(全曲版・バレエ/合唱付)

【感想】
メンバーがほとんど男性というこれまで聞いた中では珍しく
独特の雰囲気のオーケストラでした。
この週なんと三回目のベートーヴェンの第7、良かったのですが、
この日の会場は観客の子供たちが走り回り、近くの白人のお父さんは
喋りまくり、隣の女の子は足踏みしながら踊りまくる!という
クラシックでは珍しい環境だったので、初めて前半のみで聴くのを
リタイアしてしまいましたー。
残念ー。
まあロックとかポップスならありですけどね。0歳からOK、というプログラム
だとそれなりに曲目も考えてあって大丈夫なんですが。
前日同じ第7を聞いたのは皇太子さまもいらしていたということ
もあって、緊張感があって静かな環境だったのとは真逆だったので、
色々ありますねー。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。