英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013ギリシャ旅行_21国立考古学博物館1
2013年10月13日 (日) | 編集 |
2013ギリシャ旅行 その21

そしてついに来ました?!「国立考古学博物館」

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_9

クレタ島を除く、ギリシャ全土の遺跡からの出土品が
ほとんど収められている国内最大規模の博物館。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_1

入館料は一人€7。
1周目はスルーだったのですが、2回目の入り口で背中の
リュックは預けるように言われました。
なんていってもフラッシュを使わなければ写真取り放題なので、
撮影しまくり^^;
「馬に乗る少年」

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_5

「ポセイドンのブロンズ像」
ガラスに入っているのは半分位で、わりと無造作な感じで、
明るくて広々とした館内に彫刻が置かれています。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_4

アルカイック期(紀元前800~紀元前500年)の
アルカイック・スマイルのクロース(青年)像。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_2

スフィンクス像。
小さくても怖いですね。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_3

口を開けた人達。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_6

「アフロディテとパンとエロスの像」
いたずらを仕掛けるパン(牧羊神)にアフロディテが
サンダルを振り上げているところ。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_7

行進をしている兵士がユニーク。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_8

ギリシャ神話をテーマにしたものが多く見られるという
アッティカ地方の赤絵式壺。

2013ギリシャ旅行_国立考古学博物館1_10

つづく。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。