英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013ギリシャ旅行_17ナフプリオン&エピダウロス
2013年09月27日 (金) | 編集 |
2013ギリシャ旅行 その17

ランチの後は、19世紀前半にはギリシャの首都だったという
ナフプリオンへ。
こちらはヴェネチア人が作ったというブジル島。
かっこいい。

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_1

風光明媚なリゾート地ということですが、ほんとに素敵な路地に
素敵なカフェがいっぱいで、ギリシャの豊かさを見た気がしました!

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_2

丘の上にある要塞を目指してひたすら上へ。
滞在時間が短かったので、辿り着けず、人のうちの果実園を
無理矢理通って城壁の下の部分にタッチ。

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_8

それにしてもギリシャの人口の半分約500万人がアテネと
その周辺に住んでいて、ペロポネソス半島は大いなる田舎、と
言われているそうですが、その田舎で洗練されたリゾート地に
出会うとは。
ギリシャの人はお金がないお金がない、と30年前から言っている
そうですが、基本的にはのんびりしたライフスタイルも含めて豊かな国
なのではないか、と特にこの街を歩いてみて感じました。

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_9

ツアーにはつきもの(といってもギリシャのツアーではそれぞれ特徴のある
工房が併設されたところを1カ所だけ)のお土産物屋さん。
ここのお店の人が最初に店の説明をしてくれた英語が一番分かりやすかった!
嬉しくて少し買い物をしたのですが、私が最初の客、って言ってましたが、
ほんと?リップサービス?みんなきちんとしているねっ。

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_7

そしてツアー最後の見どころ「エピダヴロス遺跡」へ。
こちらは、紀元前4世紀に建てられほぼ原形を留めているという「古代劇場」。
驚異的な音響効果を持つ、ということで、劇場の一番上まで登った私たちに
ガイドの方が一番下でマッチを擦って聞こえるかどうか実演してくれました。
マッチの擦る音がちゃんと聞こえる!
別のツアー客の方達は歌を歌ったり♪

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_3

こちらはスタジアム。
そもそも、エピダヴロス遺跡は、アスクレピオス信仰による医療施設で、
スポーツやマッサージで身体をほぐし、観劇や音楽鑑賞で心を明るくする、
という古代ギリシャの一大ヒーリング医療施設だったとのこと!

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_5

このアスクレピオス神殿の跡地には、宿泊所や音楽堂も。

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_4

神殿の隣には「聖なる仮眠所」があり、患者が眠っている間にアスクレピオス神
が夢に現れ、そのお告げに従って祭司が治療を施したとか。
夢診断ですね!

2013ギリシャ旅行_エピダウロス_6

つづく。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。