英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013ギリシャ旅行_05エーゲ海クルーズ_02
2013年08月31日 (土) | 編集 |
2013ギリシャ旅行 その5

18~19世紀に海上貿易で成功し、1821年からのギリシャ独立戦争
では海戦で大活躍し、英雄の島として知られるというイドラ島。

Lonely Planet Greece (Travel Guide)
のTOP experiencesの16番目に堂々とランクインしています。

16 Everyone approaches Hydra by sea. There is no airport, there are no cars. As you sail in, you find, simple, a stunningly preserved stone village with white-gold houses filling a natural cove and hugging the edges of surrounding mountains. Then you join the ballet of port life. Sailboats caiques and mega-yachts fill Hydra’s quays and people watching potpourri fills the ubiquitous harbourside cafes. Here, a mere hour and a half from Athens, you’ll find a great cappuccino, rich naval and architectural history, and the raw seacoast beckoning you for a swim.


2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_6

車やバイクの乗り入れは禁止されていて(島に1台だけと言っていたような?)
移動はロバ?!
観光客用には20分うろうろしてくれるようです。

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_8

芸術家の島という異名もあるそうで、充実した工芸品も売っているお土産物屋が
並ぶ、入り組んだ魅力的な路地は、どこをとっても絵になります♪
海沿いに連なるカフェの切れ目に時計台。
中を入ってみると、

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_7

教会と猫。

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_1

とっても人懐っこい猫で、街歩きもそこそこ
ついつい戯れてしまいましたー。

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_2

イドラ島の路地では10分に1匹位猫に出会いましたが、
この子が一番撫でさせてくれました♪

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_4

ギリシャは今でも97%ほどがギリシャ正教の信者ということで、
村々で教会を見ました。

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_3

国民の6割位が島などに別荘を持っているそうで、子供は3か月、
大人は1か月は夏休みを取り、別荘で過ごすとか。
(島で窓が閉まっている家はそういった別荘)

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_5

イドラ島のビーチは岩場で一気に深くなっているので、
泳げる人のみOKということでしたが、海が青くて、
気持ちよさそう!

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_10

ギリシャの人は信仰も厚く、親族で助け合い、
お金がなければ親族の家々に遊びに行くのが娯楽ということで、
行く前は失業率の高さにかなり構えていたのですが、
どの町もおしゃれなカフェや素敵な家々が連なっていて、
歴史がとんでもなく深い分富の蓄積が豊かな印象です。

日本もほとんどの人が持家と別荘を持つぐらいになれば、
流動資産があまりなくても、親族に失業者が少々いようとも、
のんびり暮らしていく国になっていくのでしょうか?

2013ギリシャ旅行_エーゲ海_イドラ_9

つづく。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

    そう そう ギリシャと言えばロバ!
    ロバについて、おたずねしたかったのです。
    本当にロバが、いるんですね。
    以前、原書、DVD、翻訳が揃ったシリーズ
    のDVD版「旅するジーンズと16歳の夏」
    「旅するジーンズと19歳の旅立ち」を、みたときにギリシャのロバ
     が、でてきました。登場人物のひとりのギリシャ系アメリカ人の
     娘が、ギリシャに住むおばあちゃんに会いに行く という場面が
     ありました。19歳の方だったか? けっこうギリシャシーンが
     長かったです。著者がギリシャ系?
     ちなみに、ギリシャがでてくる映画は、「旅芸人の記録」しか
     おもいつかなったです。そんなことないか!?

    >行く前は失業率の高さにかなり構えていたのですが
     これも謎でした。一般人はどうしているのか?
     イタリア、スペインも若者の失業率がびっくりすぎるくらい
     高いですよね~ こまったもんだ。

    >日本もほとんどの人が持家と別荘を持つぐらいになれば、
     そうなれば良いですが、なかなか たいへんだと思います。
     
     ギリシャの絵をかくときは、青と白だけで、なんとかなりそう
     ですか????
2013/09/01(日) 21:41:16 | URL | denko #-[ 編集]
denkoさんへ
denkoさん、コメントありがとうございます♪

この島は車やバイクがない島ということで、ロバが
利用されているそうで、観光用でも見ましたが、
ギリシャというと、道端でどてっと寝ている大型「犬」をいっぱい見ました!
街で保護して引き取り手がいないとまた街に放すとか!

「旅するジーンズ」シリーズ、多読界で評判いいですよね。
私も1冊積読しています^^;
DVD、結構ギリシャのシーンが長いんですね。

「旅芸人の記録」格調高そうな映画ですね♪
ギリシャで映画というと、ガイドの人の話にも出てきたのが、
実際にもギリシャの結婚式ってそんな感じらしいのですが、
”My Big Fat Greek Wedding””マイ・ビッグ・ファット・ウェディング”、
をちらっと見たことがあります。

あとメテオラの風景が007でどれかで使われた、というのと
映画版「マンマミーア」のロケがエーゲ海でなくメテオラ近くの
ギリシャの中部で行われた、と言ってました。

ギリシャの失業率って「15~24歳層の約65%が無職」
とかで、ほんと行く前はかなりびびってたんですけど、
(エジプト、シリア、トルコ、と東地中海を時計と反対周りで
デモが連鎖しているとか^^;)
アテネの都市部なのに結構空きビルを見たり、道で寝ている人を
少し見たりしましたが、街を歩いていて危険な感じはずっと昔に
行ったイタリアの方がしたように思いました。

まあほんとにメインの観光地にしかいかなかったので、
ほとんど観光客しか目にしてないんじゃないかと思いますが。

私達が行った価格帯のツアーだと、フィリピン人とロシア人が
結構多かった印象があります。
北ヨーロッパの人たちのバカンスは長いですし、
新興国の中流層もお金を落していくしで、メインの産業のひとつである観光産業は
安定してそうです。
ユーロ加入での揺り返しをなんとか乗り越えれば、この失業率の高さでも
あまりやばいことにはならないかも?

ギリシャで娘が生まれると親は貯蓄して結婚のときに持参金として家を
用意してあげる、という伝統があるそうで、持ち家率の高さはそれが
貢献しているとか。
日本は少子化で家が余っていく、はず?

そういえばギリシャの国旗は青と白ですね☆
2013/09/01(日) 23:55:09 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。