英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグデータの覇者たち (講談社現代新書) / 海部 美知
2013年08月13日 (火) | 編集 |
ビッグデータの覇者たち (講談社現代新書)ビッグデータの覇者たち (講談社現代新書)
(2013/04/18)
海部 美知

商品詳細を見る


denkoさんのサイト『ファンキー多読』で紹介されていて
面白そうだったので読んでみました♪

ビッグデータを大まかに「人間の頭脳で扱える範囲を超えた
膨大な量のデータを、処理・分析して活用するしくみ」p12
と捉え、これを「ネタとして、世界や日本の産業の将来を
どう捉え、どう構築していくかを考える材料としての
「読み物」を目指し」p208、書かれている本です。

技術系の本ではなく、ビジネスとしてどう使っていくか、という
考察に焦点が当たっています。
とにかくわかりやすく書かれているので、読みやすく面白かったです。

実際にビッグデータが今まさに粛々と収集されているところで、
処理・分析して活用するしくみは端緒についたところ、といった風ですが、
それゆえにこれからよりよい世界を作り上げていくための可能性の
宝庫として、未来に希望を感じさせる分野であることは間違いないようです
(まあ使い方次第で)。 

ビッグデータの覇者たち

◆以下引用メモ

カードを使って「まずスニーカーを買い、その後車2台分のガソリンを入れると、確実にカードを止められる」ということで、これがデータ分析ではじき出された、典型的なカード泥棒の利用パターンらしいです。
P19

2007年の論文ではアマゾンは「一日数千万件のリクエストと300万件のチェックアウトを処理」を「Dynamo(ダイナモ)」で処理し、「このソフトウェアで管理されたサーバーの「容量」を貸し出す」「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」という名前のクラウド・コンピューティング・サービス」を提供している。
P109

ウェブ2.0時代以降、ソーシャル系サービスやモバイル・アプリなどのベンチャーがたくさん立ち上がったのは、AWSのおかげで初期投資の敷居が一気に低くなったことが大きな要因
P103

「天文学的」規模のデータを公開し、ビッグデータとクラウドの技術を使い、データを保存したり動かしたりし、最終的には世界中の科学者の頭脳で「大規模分散処理」をするという仕組みは、最近の科学研究では一般的な考え方です。
P125

解析にはCERNが管理している「ROOT(ルート)」というオープンソースのツールを使います。
P128

「2011年の東日本大震災の直後、ホンダはこの機能を活用して、通行実績情報マップを公開しました。(中略)インターナビを搭載した車が走行している実績を集め、通行可能な道路をほぼリアルタイムでわかるようにし、この貴重な情報を会員以外にも公開したのです」
P131

震災の3日後にはこのグーグル・マップ上での公開が実現したというスピード感
P132

ホンダは災害対策以外にも、フローティングカーデータを社会に役立てる方法を普段から模索しています。例えば、地元埼玉県の警察と協力して、自己が起こりやすい交差点で車が実際にどのような行動をしているかを分析し、それにもとづいて車線や標識などの改善方法を提案するといった活動を行っています。
P133

「クジラ(Narwhal)」対「シャチ(Orca)」の対決の行方
P144

ヨーロッパでは公共部門がGDP(国内総生産)の半分近くを占めている
P168

公共部門のビッグデータ活用法
① 情報アクセスの向上
行政データをユーザーである市民や団体、行政の他の部門などに活用しやすいような形にして提供する。税金申告などのフォームの記入欄のうち、すでにわかっている部分を印刷した状態で申請者に渡すなども含めており、これにより記入の効率化と御記入の削減ができる。
② 「見える化」の推進
例えば税務効率の地域ごとの比較や、政府に納入しているベンダーごとのサービス比較などたとえ金銭的なインセンティブがなくても、種々の指標の「見える化」により、作業の効率向上が期待できる。
③ セグメンテーションとパーソナライゼーション
公共部門においては、すべての市民に対して平等にサービスを提供すべき、という考え方が強いので、民間のように優先順位を付けて特定セグメントに集中的にリソースを投下したり、対象とする人ごとにパーソナライズしたサービスを提供したりするということがやりづらい。しかし、実際にはこれらによる効率化の効果は高いとみられている。
④ 意思決定支援
こちらも③同様のハードルはあるが、例えばクレジットカード不正利用の発見と同様の手法を用いて、税金の支払いや各種補助金の受け取りで「普通ではない」シグナルを見つけ、不正の可能性が高いケースを絞り込んでフラグを立て、それらだけを集中的に調査することで、効率化とサービス向上の効果が期待できる。
⑤ 民間へのデータ提供による新ビジネス創出
ヨーロッパやアメリカでも、政府が保有する各種データの電子化は進んできており、これらを公開して民間企業が利用できるようにすれば、新しいビジネスの創出が期待できる。
P169

「ニューヨーク・オープン・データ」のサイトを見ると、WiFiスポットの場所や地下鉄駅入り口付近などの地図系データ、行政問い合わせ電話番号への問い合わせ内容、市内地区ごとの電力消費量など、さまざまなデータが上位に並んでいます。
P175

手術より検診のほうがコスト安
(カイザーの例)
予約、薬の処方、子供の予防接種記録などすべてウェブでアクセスでき、特殊な専門医師への紹介が必要な場合は、初回の診察データがすべて電子的に送られ、迅速に処理されます。皮膚疾患の場合に、患部の写真をスマートフォンで撮影し、医師に送って初動アドバイスを受けるという、手軽な遠隔医療も始まりました。
P178

乳がんの定期検診の時期がくると、検診を勧められる自動メールが何度も送られてきて、それでも行かないと電話がしつこくかかり、「今日な午後なら空きがありますよ、何時がいいですか?」などと、強引に電話口で予約させられます。オバマ流選挙術の「ソーシャル最終兵器=電話」の話と同じですね。
P179

「ビッグデータを使ったアラート」は、遠隔医療でも活用が期待されています。同じくベンチャーのプロテウス社では、食べられる素材で作った微小チップを薬の錠剤に埋め込み、ユーザーが錠剤を服用したときだけチップが微弱電波を発するようにし、その信号をキャッチしてサーバーにアップするシステムを開発しています。
P182

個人情報を含むデータを誰かに差し出して、その対価になんらかのサービスを受けているわけなので、いくらまでならその対価が適切なのか、どこで線を引くのかという、バランスの問題となります。
P183

重度の実害
③ストーカーやネットいじめの被害に遭ったり、詐欺や盗難などの犯罪のターゲットになったりする。
④隠しておきたい事実、家族や健康上の問題などが表に出て、就職や結婚、保険加入やローン審査などの障害になる。
⑤政府や権力を持つ団体が個人の行動を監視し、プロファイリングで「危険人物」とみなされるなど、抑圧を受ける。
P186

2013年正月早々、アメリカ議会図書館で、ツイッター上の公開ツイートがアーカイブ化され、すべて閲覧できるようになりました。
P198

関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
     
   最近、ロシアに亡命した青年の暴露した、米政府の
   情報の取り方が、まさにビッグデータの収集のしかた
   のようで、スパイ好きとしては 大変興味があります。
   
   むかしむかし、データベースで有名な外資系に勤めて
   いる友人の給料の額を聞いて、目の前が。。。。。
   ぜったいに、ビッグデータでさらに儲かっているにちがいない!
   とても、気になります!

   「世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析 」
    最後の章がおもしろかったですよ~(前半 退屈)
    伊勢神宮とラーメン屋さんの話になります。
    まさに日本人とは何か!
2013/08/14(水) 22:28:27 | URL | denko #-[ 編集]
denkoさんへ
denkoさん、コメントありがとうございます♪

この本にもアメリカの市民は政府からの制限に強く反発する、という
ようなことが書いてあったと思うのですが、
そのわりにはメールが全部読まれているとか、かなりジョージ・オーウェルの
世界っぽいですよね。
ロシアでは国民の過半数が亡命支持とか。
オバマ大統領、"Yes We Scan"とか "I have a Drone"とか揶揄られてますよねー。

データベースで有名な外資系ってオ○○○ですかね?
一時下降気味っぽかった気がしますが、まさにこれからビッグデータで
めちゃ安泰そう~。

>「世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析 」
denkoさん、超能力者?!
図書館からやってきたのですが、あまりにヤンキーヤンキーしているので
ちょっと~と思っていたら(^▽^;)
とりあえず最終章読んでみます♪
2013/08/14(水) 23:15:31 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。