英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Harlequin Tea Set / Agatha Christie
2016年07月23日 (土) | 編集 |
Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Harlequin Tea Set: An Agatha Christie Short StoryThe Harlequin Tea Set: An Agatha Christie Short Story
(2011/09/01)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:8100(概算)

『クィン氏のティー・セット』

友人の家に車で向かう途中、またしても車の故障で修理を待たなければならなくなった
サタースウェイト氏。「ハーリクィン・カフェ」という店を見かけ、ついにクィン氏と
再会を果たす。

文庫解説図書館【名作紹介】 で、
「希望と癒しに満ち、シリーズを締めくくるに相応しい未来を予感させる救済の物語です。」
と書かれているように、素晴らしい話でした!

前書きに
It was the last of Agatha Christie’s short stories to be published, 48 years after ‘The Affair at the Victory Ball’ first appeared in The Sketch in 1923.
と書かれているように、クリスティ最後の短編!

出版されていた短編集の最後の作品Harlequin’s Lane が1927年
The Harlequin Tea Setが1971年
ということなので、44年後!

‘It’s a long time since I’ve seen you,’ said Mr Satterthwaite.
「なんてひさしぶりなんでしょう」

He had always expected to see Mr Quin again, once a year at least. Possibly twice a year. But no. That had not happened.
少なくとも一年に一回、出来たら二回は会いたいのに。

‘I am so pleased to see you again,’ said Mr Satterthwaite.
ギャツビーの再会シーンを思い出します。^^


以前連載されていた、
【読書日記】アガサ・クリスティー攻略作戦【隔週更新】 では、
「たとえば本書収録の「クイン氏のティーセット」はクリスティーの絶筆であると、わたしは川出正樹氏に教えられた。そうと知って読めば、同作の味わいは深まる。老境にあったクリスティーがこういう作品を書いた、というのは、感慨深いものであるからだ。」
と書かれていました。
そうですよね。
特にこの作品は老年に至っての寂しさがとてもよく伝わってきますし。

こちらのサイトはその後本としてまとまっています。
アガサ・クリスティー完全攻略
アガサ・クリスティー完全攻略霜月 蒼

講談社 2014-05-14
売り上げランキング : 302862


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちなみに以前、上記サイトでは『謎のクィン氏』は
クリスティー作品10傑の6位!に選ばれていました。

‘Mr Quin,’ said Mr Satterthwaite. ‘I knew somehow it was going to be you.’
Mr Quin smiled.
‘You always know so many things,’ he said.
やっぱり褒めて育てよ、ですね。^^

I have just been an old bachelor.’
‘You have been more than that,’ said Mr Quin. ‘You have been a man who made friends, who had many friends and who has served his friends well.’
‘Well, if I can think that. Perhaps you are being too kind.’
‘Not at all. You are very good company besides. The stories you can tell, the things you’ve seen, the places you have visited. The curious things that have happened in your life.
このシリーズが好きなのはサタースウェイト氏が好きだからなあ、と
思います。
感情移入しやすいなあ。
まあポアロに褒められまくるヘイスティングズみたいなもんですからね。

Here he was, thought Mr Satterthwaite, here he was back in his boyhood.
子供時代に帰れる場所、っていいですね。

Harley Barley, stands on guard,
Harley Barley takes things hard.
Guards the ricks
and guards the hay,
Keeps the trespassers away.

Harley Quin シリーズもこれでおしまい。
どの作品も、そして二人の関係がというかサタースウェイト氏が
少しづつ成長していくシリーズ全体が、とっても面白かったです♪

ベスト3を選ぶとすれば、
海から来た男、クィン氏のティーセット、クィン氏登場
でしょうか♪

クィン氏、サタースウェイト氏、楽しい時間をありがとう!!
関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。