英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

At the ‘Bells and Motley’ / Agatha Christie
2016年05月11日 (水) | 編集 |
Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


At the ‘Bells and Motley’: An Agatha Christie Short StoryAt the ‘Bells and Motley’: An Agatha Christie Short Story
(2013/05/02)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:4700(概算)

『謎のクィン氏 3.鈴と道化服亭』

車が故障したため、田舎町で45分間ほど
過ごさなければいけなくなったサタースウェイト氏。
そこで偶然出会ったクィン氏とその地で起こった
謎の失踪事件について推理します。

大金持ちの美女と結婚したばかりの夫が新婚旅行から
戻った次の日、謎の失踪を遂げるという事件。

なるほど~の真相!

「こうして話しているだけで真相に辿り着くのでしょうか?」
というサタースウェイト氏にクィン氏が述べます。

‘You have seen much of life,’ said Mr Quin gravely. ‘More than most people.’
‘Life has passed me by,’ said Mr Satterthwaite bitterly.
‘But in so doing has sharpened your vision. Where others are blind you can see.’
‘It is true,’ said Mr Satterthwaite. ‘I am a great observer.’


観察者として一歩退いて過ごしてきた人たちへの
エールを送ってくれるシリーズのような気がしてきました。

関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。