英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Augean Stables / Agatha Christie
2014年03月01日 (土) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『アウゲイアス王の大牛舎』 - The Augean Stables
国民のシンボル的存在であった前首相は、実は悪辣な人物であった。しかし、ある雑誌にその事実を嗅ぎ付けられ、娘婿にあたる現首相はポアロに解決を依頼する。
ウィキペディアより引用

今回は政治工作。
ポアロに任せればどんな難問も解決!

いつにもまして、テーマになっている
ヘーラクレースの12の功業のひとつ、The Augean Stablesが
作品中で言及されることが多かった気がします。

一応子供向けのギリシャ神話D'Aulaires Book of Greek Myths
(感想はこちら
を読んだときに出てきたと思うのですが、
今回一話一話確認しつつ読んでいるので
(ってウィキペディアをですが^^:)
少し覚えてきました♪

Poirot looked at her with attention. He saw a tall woman, still handsome, with character and intelligence in her face.
Mrs Ferrier was a popular figure. As the wife of the Prime Minister she naturally came in for a good share of the limelight. As the daughter of her father, her popularity was even greater. Dagmar Ferrier represented the popular ideal of English womanhood.
She was a devoted wife, a fond mother, she shared her husband’s love of country life. She interested herself in just those aspects of public life which were generally felt to be proper spheres of womanly activity.
ポワロはしげしげと彼女をながめた。背がすらりと高く、若くはないが、きりっとした容姿を保ち、顔には知性と気品とがあふれている。フェリア夫人は、人びとの人気の的だった。現首相の妻として、ごく自然に脚光を浴びる立場にあったが、あの父親の娘であることが、彼女の人気をいっそう高めていた。まことにダグマー・フェリアこそは、幅広いイギリス女性の理想の体現であった。
彼女は貞淑な妻であり、愛情ぶかい母親であり、田園生活を愛する点でも、夫に勝るとも劣らなかった。公人としての生活の面では、一般に女性にふさわしいと考えられている分野にかぎって、その活動に参加した。
(日本語訳は『名探偵ポワロの華麗なる生涯』より引用)

in spate 氾濫して
sport スポーツマン的な人、気象の良い人
tarred with the same brush (人と)同類とみなされる

disposition 気質
kindleにインストールされている「プログレッシブ英和中辞典」によると
 character 個人の特定の「性格」を意味する語としてはもっとも一般的
 disposition 改まった語で、特定の型の性格の意
 temperament 個人の性格の感情的な側面をさす
 nature 個人の性格を生まれつきのものとしていう
 personality 個人の性格を他人との人間関係の側面でとらえる場合に用いる

関連記事

コメント
この記事へのコメント
ポアロシリーズ読んでみたいです。アガサクリスティーはAnd there were nonを持ってますが、何回か読んで置いてあります。また読んでみよう。
2014/03/02(日) 04:31:41 | URL | オレンジ #-[ 編集]
オレンジさんへ
オレンジさん、コメントありがとうございます♪
And there were nonを何回か読まれているって素敵ですね♪
昔日本語で読んだことがありますが、原作にチャレンジしてみようかな。
ちょっと怖いかな^^
2014/03/02(日) 20:35:47 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。