英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hercule Poirot / The Complete Short Stories収録作品一覧と語数
2014年06月07日 (土) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:300000(概算)

◆目次と大体の語数

(注1)
語数は
1行の文字数(おおよそ10文字)×行数(32~33行位)×ページ数×0.7または0.8
というたいそうアバウトな計算方法によるので、
長め~とか短め~位の参考程度に。
分冊本を購入して読んだ場合はそちらを計算しています。

(注2)
無料でテキストがアップされているサイトで4作ほど確認したところ
0.8~1.8ほど語数のブレが生じているようです。
やや少なめの数字になっているものが多いかも。

(注3)
語数欄が空欄になっている40~51までは
39The Labours of Herculesの語数に含まれています。
個別には計算していません。

Hercule Poirot: the Complete Short Stories01
Hercule Poirot: the Complete Short Stories02

◆作品解説サイト

(読書日記)アガサ・クリスティー攻略作戦

新稀少堂日記

Mystery Collection Agatha Christie(55)…アガサ・クリスティ

名探偵ポアロがスキ。

◆これだけは見たいTVドラマシリーズ

◆ベネディクト・カンバーバッチ
アガサ・クリスティー ミス・マープル4 「殺人は容易だ」(2008)
アガサ・クリスティーのミス・マープルDVD-BOX4
アガサ・クリスティーのミス・マープルDVD-BOX4アガサ・クリスティーのミス・マープルDVD-BOX4
(2012/10/02)
ジュリア・マッケンジー

商品詳細を見る


◆マイケル・ファスベンダー
名探偵ポワロ 葬儀を終えて(2005)
名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2
名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 2
(2008/02/22)
デビッド・スーシェ、エリオット・グールド 他

商品詳細を見る


◆関連本

名探偵ポワロの華麗なる生涯名探偵ポワロの華麗なる生涯
(1998/05)
アン ハート

商品詳細を見る


これまで読んだ短編に関連する箇所を読んでみたので、
一部引用します。

自分も探偵になりたいという夢をまだ捨てきれずにいるヘイスティングズは、
p33

ポワロの数ある功業のうち、二十六の短編と、八篇の長編がヘイスティングズによって物語られている。
p165

もとより、ポワロの外人くささをなによりもよくあらわしているのは、カレのフランス鉛と、フランス語の間投詞だろう――“サクレ・ミル・トネール(ちくしょう)!”、“ノン・ダン・ノン・ダン・ノン(えいくそ、えいくそ、えいくそ)!”。されには、彼の英語の語句のズレた使用法。実例は枚挙にいとまがない――“混乱させる”のかわりに、「これ以上あなたを錯乱させるのはやめます」。“少々頭がおかしい”のかわりに、「どうやらお話のようすだと、レディー・アストウェルは奇想にとりつかれておいでらしい」。“眠っている犬を起こす(藪蛇になる)”と、”ガラスの家に住むものは、やたらに石を投げるな(人を呪わば穴ふたつ)“など、さまざまな諺や慣用句をごっちゃにして、「たくさんの犬が眠っているなかで、その一匹を踏んづけて、天にむかって矢を放つ。すると、そのうちの一本が落ちてきて、温室(グラスハウス)をこわすというわけです!」。
p132

わたしの流儀は、人に恐れられないこと。恐れられるどころか、むしと軽い嘲笑を招くように仕向けたいのですよ
p133

ジャップはポワロの事件のうち、二十一の事件に登場し、さらに、スコットランド・ヤードの一員としての機能を生かし、舞台裏でポワロに協力したことも何度かあった。
P226

ポアロものを読んでいると、英語の勉強としては
もう英語が古すぎて使えない表現が満載なんじゃないだろうか、
という不安(笑)が常に付きまとうわけですが、
ポワロの戦略として(コロンボみたい?)わざと変な英語を
ときどき使っていたとは!
えー、そんなとこまで楽しめないーー( ;∀;)

関連記事

コメント
この記事へのコメント
「スタイルズ荘」で、

'"To speak or not to speak," as your so great Shakespeare says, "that is the question".'
I did not trouble to correct the quotation.

と、冷たいヘイスティングスがいました。(笑)
2014/06/07(土) 23:17:45 | URL | たかぽん #-[ 編集]
たかぽんさんへ
たかぽんさん、コメントありがとうございます♪
私も「スタイルズ荘」を読んで面白かったのですが、
“You see,” he said sadly, “you have no instincts.”
ってヘイスティングスが結構ポアロにいじめられていた印象があります^^
ヘイスティングス、好きです。
2014/06/09(月) 00:20:37 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。