英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
The Market Basing Mystery / An Agatha Christie Short Story
2013年10月25日 (金) | 編集 |
The Market Basing Mystery: An Agatha Christie Short StoryThe Market Basing Mystery: An Agatha Christie Short Story
(2013/05/02)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:2700(概算)

『マーケット・ベイジングの怪事件』 The Market Basing Mystery
お手伝いの女性と2人暮らしの独身男が自殺した。しかし、自殺にしては怪しい点が多すぎる。最近住み込み始めたパーカー夫妻も怪しい。自殺に見せかけた他殺の可能性も指摘される中、偶然居合わせたポアロが捜査を始める。
ウィキペディアより引用

ポアロ、ヘイスティングス、ジャップ警部が三人で
仲良く田舎で休暇を過ごしていると。。
という設定が(・∀・)イイ!!
TVシリーズの3人が素敵でそのイメージで読めるのが
ポアロものが好きな一番の理由かも~♪

We sat down to breakfast on Sunday morning in the parlour of the village inn, with the sun shining, and tendrils of honeysuckle thrusting themselves in at the window, we were all in the best of spirits. The bacon and eggs were excellent, the coffee not so good, but passable and boiling hot.
‘This is the life,’ said Japp. ‘When I retire, I shall have a little place in the country. Far from crime, like this!’
日曜の朝、わたしたち三人は、投宿した村の旅籠の談話室で朝食をとった。日ざしがさんさんと降りそそぎ、窓べには、忍冬が勢いよくつるをのばしていた。三人とも、上々の気分だった。ベーコンエッグはすばらしい味だったし、コーヒーは、さほどうまくはないものの、いちおう飲めて、しかも舌を焼くほど熱い。「これこそ人生ってもんですよ」と、ジャップが溜め息まじりに言った。「わたしはね、いずれ退職したら、田舎にささやかな家を持つのが夢なんです。その家にひきこもって、ちょうどこんなふうに、犯罪なんかとは無縁の余生を送る!」
(日本語訳は「名探偵ポワロの華麗なる生涯」より引用)

stoop かがむこと
stoop down 前かがみになる、身をかがめる
chap〈英〉人、男、やつ
dismiss 退ける
Japp asked her a few more questions and then dismissed her.
obscure はっきりとしない


名探偵ポワロの華麗なる生涯名探偵ポワロの華麗なる生涯
(1998/05)
アン ハート

商品詳細を見る


名探偵ポワロの華麗なる生涯
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック