英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kidnapped Prime Minister / An Agatha Christie Short Story
2013年09月30日 (月) | 編集 |
The Kidnapped Prime Minister: An Agatha Christie Short StoryThe Kidnapped Prime Minister: An Agatha Christie Short Story
(2012/04/12)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:5200(概算)

『首相誘拐事件』 (The Kidnapped Prime Minister )
英首相が外遊中のフランスで誘拐された。首相は先日暗殺未遂事件も起こっており、緊張した中での出来事だった。下院議長はポアロの下を訪れ、事件の解決を依頼する。
ウィキペディアより引用

なんか知っている話だなあ、と思ったら、
アガサ・クリスティ短編集
アガサ・クリスティ短編集―Agatha Christie’s best stories 【講談社英語文庫】アガサ・クリスティ短編集―Agatha Christie’s best stories 【講談社英語文庫】
(1997/04/01)
アガサ・クリスティ、Agatha Christie 他

商品詳細を見る

既読でした(^▽^;)

短編集に選ばれているだけあって、
動きがあって読み応えがあるかも。
TVドラマ版ではカーチェイスがなかなかとか。
フランス上陸時にとったポワロの行動が独特ですね☆

And for five long hours the little man sat motionless, blinking his eyelids like a cat, his green eyes flicking and becoming steadily greener and greener. The Scotland Yard man was obviously contemptuous, Major Norman was bored and impatient, and I myself found the time pass with wearisome slowness.
そのあと延々五時間ものあいだ、この小男はときおり猫のようにまぶたをぴくりとさせるだけで、じっとすわったまま動かなかった。緑色の目はきらきら輝き、すこしずつ、すこしずつ緑の濃さを増していった。スコットランド・ヤードの刑事は、軽蔑の色をありありと見せているし、ノーマン少佐は退屈して、いかにもじれったげ、そしてわたしにしても、時間のたつのがうんざりするほどのろくさく感じられた。p271
(日本語訳は『名探偵ポワロの華麗なる生涯』より引用)
名探偵ポワロの華麗なる生涯名探偵ポワロの華麗なる生涯
(1998/05)
アン ハート

商品詳細を見る

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。