英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yellow Iris / An Agatha Christie Short Story
2013年08月01日 (木) | 編集 |
Yellow Iris: An Agatha Christie Short StoryYellow Iris: An Agatha Christie Short Story
(2011/09/01)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:4600 4274(概算)

『黄色いアイリス』

ポアロの元にかかってきた「助けてください!黄色いアイリスのテーブルにいます」
という謎の電話に指定されたレストランに行くも、その女性は見当たらず。。。

‘M. Poirot – can you come at once – at once – I’m in danger – in great danger – I know it…’
Poirot said sharply:
‘Who are you? where are you speaking from?’
The voice came more faintly but with an even greater urgency.
‘At once …it’s life or death … the Jardin des Cygnes .. at once…table with yellow irises…’

potassium cyanide シアン化カリウム、青酸カリ


ポアロ以外の主要登場人物は6人ほど。
短いけど引き込まれる事件です。
TVで放送されていたのをわりと最近見たような気が。
ミステリーチャンネルかな?
映像にしても映えますね。

黄色いアイリス 
@マエストロ

関連記事

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

    ムッムムム!

    マエストロで、お茶ということは、近日 tabbyさんの
    クラシックコンサートレポートが読めるのですねっ!
2013/08/01(木) 23:18:59 | URL | denko #-[ 編集]
denkoさんへ
denkoさん、コメントありがとうございます♪

denkoさん、さすがお詳しいですね!
初めて新国立劇場に行きました~。
オペラ(の習作?)を見たのですが、素敵でした!
ほんの一言感想ですが、後日アップ予定です~♪
2013/08/02(金) 00:01:49 | URL | tabby #-[ 編集]
無料テキストがあったので、私もYellow Irisを読んでみました。わずか4000ワードなのに込み入った話ですね。英文そのものは非常に難しかったです。それにしても、女の勘が鋭すぎる!
2013/08/02(金) 22:45:47 | URL | 人生四年 #-[ 編集]
人生四年さんへ
人生四年さん、コメントありがとうございます♪
> 無料テキスト
おおーそんな素敵なものがっ!
人物メモを作って読まないと何が何だかわからなくなります(^_^;)
キンドルのおかげで基本的にわからない単語はかたっぱしから確認して読んでいるので、
なんとか読めていますが、読み終わるのに時間はすごくかかってしまっています。
40word/min位かも。。遅すぎ。。。
>それにしても、女の勘が鋭すぎる!
結構クリスティの小説って女の勘とか催眠術とかときどき推理なのか微妙なものも出てくるような。
実生活ではたまに直観が当たると面白いですけど♪
2013/08/02(金) 23:10:03 | URL | tabby #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。