英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【児童書】Encyclopedia Brown and the Case of the Jumping Frogs
2016年09月29日 (木) | 編集 |
Encyclopedia Brown and the Case of the Jumping FrogsEncyclopedia Brown and the Case of the Jumping Frogs
(2011/04/20)
Donald J. Sobol

商品詳細を見る
YL:4.5 Lexile指数600L-695L
語数:9,293

ついつい読んでしまうEncyclopedia Brownシリーズ。
会話の中で、掛け言葉によるダジャレ?が結構多用されているような気がします。
一話が短いので無駄なく考えられているのかも。

この本は問題編の最後に
(Turn to this page for the solution to The Case of the Rhyming Robber.)
というように解答編へのリンクがついていたので、便利でした。
(前回読んだ本はページ数を入れて移動していた)

イラストがあんまり好みじゃなかったけど^^;

収録されているのは

The Case of the Rhyming Robber
The Case of the Miracle Pill
The Case of the Black Horse
The Case of Nemo’s Tuba
The Case of the Ring in the Reef
The Case of the Lawn Mower Races
The Case of the Jumping Frogs
The Case of the Toy Locomotive
The Case of the Air Guitar
The Case of the Backwards Runner


あいかわらず、超簡単なもの、英語がよくわからず解けなかったもの、
気付かなかったもの、などなどバラエティにとんでいますが、今回出てきた
英語の暗号クイズは解けませんでした!
全体的に謎が難しかった気がしまーす。

関連記事

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。