英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】The Emperor and the Kite / Ed Young
2016年11月30日 (水) | 編集 |
The Emperor and the KiteThe Emperor and the Kite
(1988/04/05)
Jane Yolen

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1329語

Once in ancient China there lived a princess who was
the fourth daughter of the emperor.
She was very tiny.
In fact she was so tiny her name was Djeow Seow,
which means “the smallest one.”
And, because she was so tiny, she was not thought very much of
--- when she was thought of at all.


昔中国に王様の4番目となる王女さまがいました。
王女さまはとっても小さい方でした。
ほんとに小さかったので、名前もDjeow Seow 小さい方、
といいました。
そのためあまり気にかけられていませんでしたが、
とても色々なことを考えている方でした。

影絵風のイラストが素敵です。
凧をつかって塔に閉じ込められた父王を救おうとする
中国の小さな、でも賢い王女さまのお話です。

コールデコット・オナー賞。

釜たけうどん
@釜たけうどん

関連記事
スポンサーサイト
【絵本】Tomie dePaola's Mother Goose / Tomie dePaola
2016年11月29日 (火) | 編集 |
Tomie dePaola's Mother GooseTomie dePaola's Mother Goose
(1985/10/02)
Tomie dePaola

商品詳細を見る
YL:4
語数:9000語

温かなイラストが素敵なStrega Nonaシリーズの
Tomie dePaolaさん版マザーグース。

選ばれているのもナンセンスだけどあまりブラックではない
詩ばかりなような気がします。
イラストがそう感じさせるのかも♪

扉の解説文には

Working primarily from the classic versions of Britain’s
Iona and Peter Opie, Mr. dePaola lovingly brings to life
not only the familiar faces of Little Bo Peep, Humpty Dumpty,
Simple Simon and Old King Cole, but a host of other favorites
for children to laugh with and treasure.


と書いてあったのですが、
Little Bo Peep, Humpty Dumpty, Simple Simon and Old King Cole
が有名なのですね。

【Simple Simon met a pieman】

Simple Simon met a pieman
Going to the fair;
Says Simple Simon to the pieman,
Let me taste your ware.

Says the pieman to Simple Simon,
Show me first your penny;
Says Simple Simon to the pieman,
Indeed I have not any.

Simple Simon went a-fishing,
For to catch a whale;
All the water he had got
Was in his mother’s pail.

He went to catch a dickey bird,
And thought he could not fail,
Because he’d got a little salt,
To put upon its tail.

Once Simon made a great snowball,
And brought it in to roast;
He laid it down before the fire,
And soon the ball was lost.

He went for water in a sieve,
But soon it all ran through;
And now poor Simple Simon
Bids you all adieu.

pieman :パイを作る人
ware  :《wares》商品
pail   :バケツ
dickey :〈幼児語〉小鳥
sieve  :ふるい
adieu  :さようなら


スパゲッティ
@ポポラマーマ

関連記事
【絵本】The Quarreling Book ・ lucille / Arnold Lobel
2016年11月28日 (月) | 編集 |
The Quarreling BookThe Quarreling Book
(1982/05/12)
Charlotte Zolotow

商品詳細を見る
YL:2
語数:630

It was a rainy gray morning,
and Mr. James forgot to kiss Mrs. James good-bye
when he left for the office.

どんよりした雨の朝、Jamesさんが奥さんに行ってきます、
のキスをするのを忘れたところから、
不機嫌の連鎖が始まってしまいます。
お父さん→お母さん→Jonathan→お姉ちゃん→友達→弟→犬!

But the dog didn’t mind the rain.
She thought Eddie was playing so she put her front paws down
and her hindquarters up and her tail began wagging.
She pounced on Eddie and they rolled over and over wrestling
together until the dog won and sat down on Eddie’s chest
and began licking his face.
This tickled and made him laugh,
and he was laughing so hard that when Marjorie came in
looking for a pencil for her arithmetic homework,
he gave her his best one with a new eraser.


うんうん。
私もわんにゃんのブログにいつも癒されています。
実際に飼ってらっしゃる方はどんなにか!

lucilleLucille
(1997/01/01)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:540

This is Lucille.
Lucille belongs to a farmer.
She pulls the farmer’s plow and works very hard
in the fields.


働きもののLucille.
でも汚れているから悲しいなあ、と
思っていたところ、
またまた奥さんがきれい好きを発揮して、
美しく変身させてくれますが。。。
服とか靴とかがんがん買ってもらっていいなあ。

サンドイッチ



関連記事
【GR】THE INTERPRETER (PGR3) / Charles Randolph
2016年11月27日 (日) | 編集 |
Penguin Readers: Level 3 THE INTERPRETER (Penguin Readers (Graded Readers))Penguin Readers: Level 3 THE INTERPRETER (Penguin Readers (Graded Readers))
Charles Randolph

Pearson Japan 2008-03-04
売り上げランキング : 81454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:3
語数: 13,747

Political intrigue and deception unfold inside the United Nations, where a U.S. Secret Service agent is assigned to investigate an interpreter who overhears an assassination plot.

IMDb

Intrigue 陰謀
Deception 詐欺、ぺてん

映画のリライトなのでしょうか。
登場人物も多くて、なかなか込み入った
話でした。

主人公二人
Nicole KidmanとSean Penn
を抑えておけばストーリーは
追えるのですが。

通訳のNicole Kidmanが
最初からやや不自然に疑われすぎているような
気もしましたが、映画だと美人すぎて?
自然に怪しい感じになるのかも?w

最後の一行、映画ではどうなっているのか
見たいなあ。

映画はあまり評判は良くなかったような
印象がありましたが、
主人公二人は芸達者だし、
結構面白そうです。

This is the first film ever to be shot inside the United Nations Headquarters - locations include the General Assembly and the Security Council, as well as regular corridors and hallways of the complex. The cast and crew filmed on weekends in order not to disrupt the regular work week of the Organization.

IMDb Trivia
国連本部で最初に撮影された映画、ということなので、
内部が見れるのもいいですね。
今はだいぶ変わっていそうですが。

監督はシドニー・ポラックSydney Pollack。

シドニー・ポラック氏、
監督としてはこの映画を最後に
かなり前に亡くなられていたんですね。
ご冥福をお祈りします。

You’re not in the United States now, you’re in the United Nations.

P6

国連って独立しているんですね。


The Interpreter
憧れのスタバのアップルパイ、やっと食べました~♪




関連記事
【GR】OUTSTANDING SHORT STORIES (PGR5) / Edgar Allen Poe 他
2016年11月26日 (土) | 編集 |
*OUTSTANDING SHORT STORIES         PGRN5 (Penguin Reading Lab, Level 4)*OUTSTANDING SHORT STORIES PGRN5 (Penguin Reading Lab, Level 4)
Edgar Allen Poe penguin

Pearson ESL 2000-02-15
売り上げランキング : 305010

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:5
語数:29,576

収録作品
・The Man Who Could Work Miracles/H.G.Wells
・The Model Millionaire/Oscar Wilde
・Lord Emsworth and the Girl Friend/P.G.Wodehouse
・The Doll's House/Katherine Mansfield
・X-ing a Paragraph/Edgar Allan Poe
・The Courtship of Susan Bell/Anthony Trollope
・Lord Mountdrago/ W.Somerset Maugham

久しぶりに本棚から出して読んでみました。
さすがGR。単語を制限していて難しい語彙が
出てこないので、すらすら読めます。
といいつつ、時々引っかかる文章があるのは、
文法が良く分かっていないからでしょう。

たぶん再読だと思うのですが、
内容をほとんど覚えていなかったので(記憶喪失?)
楽しめました。

The Man Who Could Work Miracles/H.G.Wells H.G.ウェルズ
まずはSF?からスタート。なかなか大胆なストーリー。
子どものころに読んだ芥川龍之介の「魔術」をちらっと思い出しました。
「魔術」、青空文庫で読めるようですが、
この短編とは全然違う話のようです。。。

The Model Millionaire/Oscar Wilde オスカー・ワイルド
オスカー・ワイルドが人情話?!って思いましたが、
「幸福な王子」とかも書いているんですもんね。

Lord Emsworth and the Girl Friend/P.G.Wodehouse P・G・ウッドハウス
ユーモア小説。面白かったです♪にやにやしながら読みました。
こちらはなんか読んだことあるような気がするのですが、
ウッドハウスってこんな感じだからかも。
朝ごはんから魚を食べたりするんですねー。

The Doll's House/Katherine Mansfield キャサリン・マンスフィールド
こちらも他のGRにも収録されていて読んだことがあると思いますが、
結末を忘れていました。
最後が泣かせます。上手いなあ。

X-ing a Paragraph/Edgar Allan Poe エドガー・アラン・ポー
うーん、おちゃらけ小説?エドガー・アラン・ポー、才気走ってます。

The Courtship of Susan Bell/Anthony Trollope アンソニー・トロロープ
アンソニー・トロロープ知らない方でした。
19世紀イギリスで活躍した、史上最も多作で偉大な作家の一人と言われる、
小説職人のような方なんですね。
オーソドックスなお話でしたが、どきどきして先が読めず、
最後のモームを先に読んじゃいました。

Lord Mountdrago/ W.Somerset Maugham サマセット・モーム
うーん、主人公、ちょっと冷たすぎるんじゃないかと思いますが、
読ませる話です。

When the war was over he went to Vienna and studied there, and afterwards to Zurich;

って、最初フロイト、次にユングに学んだってことでしょうか。

サマセット・モームの小説で、
英語で読んでみたいなあ、と思っている本があるのですが、
安く手に入らないんですよね。。

モームというと、
先日読んで面白かった「英文の読み方 (岩波新書)」
の著者、行方昭夫先生の本が本屋で平積みされていて、
ちょっと読んでみたくなりました。
続々同系統の本も出版されていってるみたいです。

東大名誉教授と名作・モームの『赤毛』を読む 英文精読術東大名誉教授と名作・モームの『赤毛』を読む 英文精読術
行方 昭夫

ディーエイチシー 2015-11-10
売り上げランキング : 23717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらは改訂版の本の表紙。
The Doll's Houseが可愛いです。


Penguin Readers: Level 5 OUTSTANDING SHORT STORIES (MP3 PACK) (Pearson English Graded Readers)Penguin Readers: Level 5 OUTSTANDING SHORT STORIES (MP3 PACK) (Pearson English Graded Readers)
Edgar Allan Poe

Pearson Japan 2011-03-03
売り上げランキング : 2575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Outstanding Short Stories

関連記事
【絵本】Professor Noah's Spaceship ・ The Circus / Brian Wildsmith
2016年11月25日 (金) | 編集 |
Professor Noah's SpaceshipProfessor Noah's Spaceship
(2008/08/30)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:1.8
語数:1050

ノアの方舟、近未来版。

Lion sighed. ‘My friends, we must do something.
Our very lives are in peril.
Does anyone have an idea what we should do?’


生活環境が脅かされていることに危機感をいだいた動物たちが
なにやら巨大なものを作っている人のところに相談に行きます。

‘During my flights over the forest,’ said Owl,
‘I have observed a huge and wondrous object being built.
Whoever is building this must be very clever.
He should be able to tell us what to do.
We must go there at once. Follow me.’


動物たちは新しい生活を手に入れることが出来るでしょうか。

Brian Wildsmithさんのイラストって、
ほんと一枚一枚が絵画ですよね。
ちょっと好みは分かれるかもしれませんが。

The CircusThe Circus
(1980/01)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:0.1
語数:9

ほとんどセリフのないサーカスの絵本。

ゴルフ場でケーキ


関連記事
【絵本】Dragon of an Ordinary Family / Margaret Mahy
2016年11月24日 (木) | 編集 |
Dragon of an Ordinary FamilyDragon of an Ordinary Family
(1991/05/02)
Margaret Mahy

商品詳細を見る
YL:1.7
語数:1660

There was this family called Belsaki…Mr Belsaki, Mrs Belsaki, and their little boy, Orland Belsaki. They were quite ordinary people, their house was a quite ordinary house in a quite ordinary street --- and no doubt they would have lived quite ordinary lives forever, if one morning Mrs Belsaki hadn’t called Mr Belsaki a FUDDY-DUDDY.

Belsaki家はきわめて平凡な町のきわめて平凡な家に住む、
きわめて平凡な一家で、そのまま平凡な生活を送ることは
疑いもないことでした。
もしある朝Belsaki夫人が夫のBelsaki氏を
FUDDY-DUDDYと呼びさえしなければ。

帰りにペットショップでペットを飼ってきてね、と
頼まれたBelsakiさん。
奥さんへの腹いせもあって50pで叩き売られていた
小さな竜を飼うことにしたのですが。。。

家族も竜もとってもとぼけてます。

ケイト・グリーナウェイ賞受賞。

俺のフレンチ

関連記事
【絵本】Anatole and the Cat / Eve Titus ・ Paul Galdone
2016年11月23日 (水) | 編集 |
Anatole and the CatAnatole and the Cat
(2010/01/12)
Eve Titus

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1940

Anatole is the happiest, most contented mouse
in all of Paris.
He is Vice-President in Charge of Cheese Tasting
at Duval’s cheese factory!
He works in secret at night --- the people at Duval
have no idea their mysterious taster is really a mouse.
So M’sieu Duval thinks nothing of bring his pet cat
to factory…
Anatole must act to protect his job ---
and his life! Bonne chance, Anatole!

パリのチーズ工場のチーズテイスティング部で
副社長として働くネズミのAnatoleの活躍。
初版から50年以上も読まれているってすごいですよね。

チーズ大好き♪
Chopped cucumber seedを加えたチーズって
あるんでしょうか?

こちらもColdecott Honor受賞


イタリアン
@トラットリア・イタリア

関連記事
【絵本】Anatole / Eve Titus ・ Paul Galdone
2016年11月22日 (火) | 編集 |
AnatoleAnatole
(2010/01/12)
Eve Titus

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1162

Anatole is a most honorable mouse.
He is shocked --- shocked! --- when he learns
that humans don’t like mice to sample their leftovers.
What’s a mouse to do? He must provide for his family,
but Anatole is determined to earn his supper.
Perhaps he could offer his services
at the Ducal Cheese Factory?


フランスのパリ近郊のパリそっくりのネズミの村に住むAnatole。
人間がネズミを嫌っていることを知ってショックを受け、
なんとか挽回の方法を見つけようとしますが。。。

フランスっぽい街並みがおしゃれですねぇ~。
チーズって結構色々な材料を混ぜて作られて
いるものなのでしょうか?
代表的なチーズが出てきます。

Coldecott Honor受賞

Best Children's Books Most People Haven't Heard of...で10位!
だったけど、現在25位!


イタリアン

イタリアン
@トラットリア・イタリア

関連記事
【絵本】Cockatoos / Quentin Blake
2016年11月21日 (月) | 編集 |
Cockatoos (Red Fox Picture Books)Cockatoos (Red Fox Picture Books)
(1994/02/27)
Quentin Blake

商品詳細を見る
YL:0.7
語数:350

Professor Dupont had ten cockatoos.
He was very proud of them.
Every morning he jumped out of bed.
He took a shower and he cleaned his teeth,
and he always did.
He got dressed and he tied his tie,
as he always did.
He adjusted his spectacles,
as he always did.
And he went downstairs.
He went into the conservatory.
There were all his cockatoos;
every single one.
Professor Dupont threw wide his arms.
He said: “Good morning,
my fine feathered friends!”


10羽のオウムを飼っているProfessor Dupontは
毎朝服装を整えて温室に挨拶に行きます。
“Good morning,
my fine feathered friends!”

毎朝毎朝同じ台詞を聞かされるのにうんざりしたオウムたちは
教授をからかうことに。
家じゅうを探しまくる教授と隠れるオウム(かわいい♪)。
素敵なお屋敷ですね。

conservatory 温室
have sport with からかう


銀座珈琲館

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。