英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
D is for Deadbeat 欺しのD / Sue Grafton
2014年02月28日 (金) | 編集 |
D is for DeadbeatD is for Deadbeat
(2011/02/23)
Sue Grafton

商品詳細を見る
YL:8.5
語数:71297

欺しのD (ハヤカワ・ミステリ文庫)欺しのD (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1988/09)
スー・グラフトン

商品詳細を見る


オフィスを訪れた初老の男の依頼はなんとも奇妙なものだった。
ある少年を見つけ出し、2万5千ドルの小切手を渡してほしいというのだ。
うさん臭さを感じながらも、わたしは仕事を引き受けた。
しかしそれが間違いだった。
男が調査料として切った小切手は不渡りだったうえ、調査してみると、男は札つきの詐欺師であることが判明したのだ。
そして数日後男の溺死体が浜に上がった。
…秋をむかえたサンタ・テレサの街で、事件に深入りしていくわたしの目には、苦く悲しい風景が見えてきた。
女探偵キンジー・ミルホーン・シリーズ、待望の第4弾。

Book Description

He hesitated, almost shyly I thought. “It’s sort of like that Charles Dickens book, Great Expectations.

チャールズ・ディケンズ「大いなる遺産」のように匿名で
少年に小切手を渡してほしいという依頼を引き受けたキンジー。
車上荒らしに遭ったりしながらも一歩一歩真相に近づいていくのですが。。。

いつもラストに犯人との対決が待っているシリーズですが、
今回はこれまでとは別の意味で衝撃を受けました。。
えーーー、そんな!
しばらくこのシリーズはお休みすることになってしまうかも。。

Later, I found out his name was John Daggett, but that’s not how he introduced himself the day he walked into my office. Even at the time, I sensed that something was off, but I couldn’t figure out what it was. The job he hired me to do seemed simple enough, but then the bum tried to stiff me for my fee. When you’re self-employed, you can’t afford to let these thing slide. Word gets out and first thing you know, everybody thinks you can be had. I went after him for the money and the next thing I knew, I was caught up in events I still haven’t quite recovered from.
My name is Kinsey Millhone. I’m a private investigator, licensed by the state of California, operating a small office in Santa Teresa, which is where I’ve lived all my thirty-two years. I’m female, self-supporting, single now, having been married and divorced twice. I confess I’m sometimes testy, but for the most part I credit myself with an easygoing disposition, tempered (perhaps) by an exaggerated desire for independence.

stiff(人)を割に合わない目に遭わせる


関連記事
【絵本】Richard Scarry's Color Book ・ Little ABC ・ Early Words / Richard Scarry
2014年02月27日 (木) | 編集 |
Richard Scarry's Color Book (Jellybean Books(R))Richard Scarry's Color Book (Jellybean Books(R))
(1999/07/20)
Richard Scarry

商品詳細を見る
YL:0.3
語数:320

This is Mr. Paint Pig.
These are his colors.


Paint Pigさんが持っている色は
赤から黒まで11色。
どんどん塗っていきます^^

RED
Mr. Paint Pig paints an airplane red.
There’s Lowly Worm in an apple!
What color is the apple? Red!


Lowly Wormって
Lowly Worm is a fictional character created by Richard Scarry; he frequently appears in children's books by Scarry

ウィキペディア 

なんですね♪

ちなみにlowly employee は平社員^^;

Richard Scarry's Little ABC (Jellybean Books(R))Richard Scarry's Little ABC (Jellybean Books(R))
(1998/07/07)
Richard Scarry

商品詳細を見る
YL:0.3
語数:500

AからZまで短文で単語が紹介されていきます。

A a
All right! Has anyone seen the pilot of that airplane? He could cause an accident!

という文章のしたに
airplane, artwork, ants, artist の単語つきイラスト。
airplaneartistに突っ込んできてます。あぶない^^

I i
Willy, a little imp, drips ice cream on Uncle Irving’s impeccably ironed shirt.

が一番難しかったかな。
イラストのシャツがimpeccably(完璧に)に見えなかったので^^

glob [glɑ́b]しずく、塗料などの半固体状のネバネバした塊
plaid [plǽd] 格子縞の

Richard Scarry's Early WordsRichard Scarry's Early Words
(1976/03/12)
Richard Scarry

商品詳細を見る
YL:0.3
語数:280

My name is Frannie.
This is my room.


と、フラニーちゃんの一日を通して
身近な品々をイラストと単語で
紹介してくれます。

After school, Mommy and I buy groceries for dinner.

というページでは見開きいっぱいに野菜や果物が
描かれているのですが、
SQUASHとPUMPKINはちゃんとそれぞれ
描かれていました。
日本ではあんまりsquash型のかぼちゃってみないかな。

関連記事
【絵本】Bread and Jam for Frances / Russell Hoban
2014年02月26日 (水) | 編集 |
Bread and Jam for Frances (I Can Read Book 2)Bread and Jam for Frances (I Can Read Book 2)
(2008/09/09)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:1.6
語数:1,751

ジャムつきパンとフランシスジャムつきパンとフランシス
(2011/01/25)
ラッセル・ホーバン、リリアン・ホーバン 他

商品詳細を見る


She sang the song very softly: 
  I do not like the way you slide,
  I do not like your soft inside,
  I do not like you lots of ways,
  And I could do for many days
  Without eggs.


“What did you say, Frances?” asked Father.
“Nothing,” said Frances,
spreading jam on another slice of bread.
“Why do you keep eating bread and jam,” asked Father,
“when you have a lovely soft-boiled egg?”
“One of the reasons I like bread and jam,” said Frances,
“is that it does not slide off your spoon in a funny way.”

ジャムのせパンが大好きなフランシスちゃん。
食卓になにがあってもジャムつきパンばかり食べていたのですが。。。

お母さん天然?なかなかやりますねー。
フランシスちゃんたちのお弁当もおいしそうですが、
日本のお母さんたちが作っているお弁当は世界最強だと思います!
みなさんえらい!



関連記事
【絵本】Bedtime for Frances / Russell Hoban
2014年02月25日 (火) | 編集 |
Bedtime for Frances (Trophy Picture Books)Bedtime for Frances (Trophy Picture Books)
(1995/09/29)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:1350

おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1966/07/01)
ラッセル・ホーバン

商品詳細を見る


うふ、かわいい。
私が読んだのは緑と黒の二色刷りの本だったのですが、
そちらも雰囲気があります。

何度もおやみなさい、を言ってベッドに入ったフランシスちゃん。
でも眠れません。
歌を歌ったり、何度もお父さんとお母さんに報告に行ったり。
眠れないのはつらいですよね~(笑)

The big hand of the clock is at 12.
The little hand is at 7.
It is seven o’clock.
It is bedtime for Frances.
Mother said, “It is time for bed.”
Father said, “It is time for bed.”
Frances said, “I want a glass of milk.”
“All right,” said Father.
“All right,” said Mother.
“You may have a glass of milk”
Frances drank the milk.

spank  : 引っぱたく, 尻をたたく


関連記事
星を継ぐもの / ジェイムズ・P・ホーガン
2014年02月24日 (月) | 編集 |
星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


月面で発見された真紅の宇宙服をまとった死体。だが綿密な調査の結果、驚くべき事実が判明する。死体はどの月面基地の所属でもなければ、ましてやこの世界の住人でもなかった。彼は五万年前に死亡していたのだ!一方、木星の衛星ガニメデで、地球の物ではない宇宙船の残骸が発見される。関連は?J・P・ホーガンがこの一作をもって現代ハードSFの巨星となった傑作長編!

創元SF文庫の裏表紙の紹介文

ずっと読んでみたかったSFの古典!
ブログで紹介されていて読めそうな感じだったので、
やっと読みました~。
難しかった~。結構飛ばし読み^^;
でも面白かったー。最後も良かったですー。
なるほどー。

アマゾンでは『銀河英雄伝説』や『渚にて』などを抑えて
創元SF文庫 の ベストセラー1位!
今でも売れているんですね!
カスタマーレビューでは100名以上の方が星5!

SF映画が見たくなります!

関連記事
The Erymanthian Boar / Agatha Christie
2014年02月23日 (日) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『エルマントスのイノシシ』 - The Erymanthian Boar
ポアロはスイス山中のホテルへと向かうケーブルカーの中で、強引に車掌から手紙を渡される。それは旧友からである悪党の逮捕に協力して欲しいという。ホテルに着くとケーブルカーは大岩で破損し、孤立したホテルの中で、ポアロは泊り客に手紙の悪党がいることを悟る。
ウィキペディアより引用

孤立した雪の中、山中のホテルでの活劇!
珍しくちょっと残酷、スリリングなシーンもあって
派手な話でした。

途中に出てくる、
‘Up above the world so high, Like a tea tray in the sky.’
は、もともとは

Twinkle, twinkle, little star,
How I wonder what you are.
Up above the world so high,
Like a diamond in the sky.

の一節で、
Like a tea tray in the sky.
はAdventures in Wonderlandでのパロディなんですね。

"Twinkle, Twinkle, Little Bat", is a parody of "Twinkle Twinkle Little Star" recited by the Hatter during the mad tea-party, in Lewis Carroll's Alice's Adventures in Wonderland (1865). It reads:

Twinkle, twinkle, little bat!
How I wonder what you're at!
Up above the world you fly,
Like a tea tray in the sky.
Twinkle, twinkle—

ウィキペディアより引用

in the nick of time
間一髪で

関連記事
The Arcadian Deer / Agatha Christie
2014年02月21日 (金) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Labours of Hercules (Poirot)The Labours of Hercules (Poirot)
(2010/10/14)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:8
語数:73995
に収録。

『アルカディアの鹿』 - The Arcadian Deer
ポアロは立ち往生した雪の宿屋で出会った青年から一目惚れした女性を捜して欲しいと依頼を受ける。ポアロはわずかな手掛かりを元にヨーロッパ中を巡る。
ウィキペディアより引用

ヘラクレスの12の功績に例えているからか、
この一連の探求は慈善事業なのかしら?^^
ヨーロッパのあちこちに行ってますが、経費は
請求しないと思うな。

12件解決して引退、ってポアロ自身が言っているので、
一つ解決するごとに寂しさが。。

って長編は英語ではまだ全然読んでないんですけどね。
えっと長編はぁ、
33編!
結構ありますね^^

無印良品
@Café&Meal MUJI
関連記事
【絵本】Baby Sister for Frances / Russell Hoban
2014年02月20日 (木) | 編集 |
Baby Sister for FrancesBaby Sister for Frances
(2002/06/27)
Russell Hoban

商品詳細を見る
YL:1.6
語数:1364

フランシスのいえでフランシスのいえで
(1972/01)
ラッセル・ホーバン

商品詳細を見る


Frances’s new baby sister seems to have everyone’s attention. No one has time for Frances, until one day she decides to do something about it.
“Well,” said Frances, “things are not very good around here anymore. No clothes to wear. No raisins for the oatmeal. I think maybe I’ll run away.”
And she does, but not too far away. Just far enough so she can still hear her parents say how much she is missed.

妹が生まれてからみんなの注目が妹に集まり、誰もフランシスと過ごしてくれません。
好きな服も着られないし、オートミールにレーズンも入ってないし。
そこでフランシスは“いえで”をすることにします。

“いえで”、懐かしいかも・・・^^;
両親が心配してくれるって心の底で思っているから、家出って出来るんですよね。

今“いえで”?をしても、夫はほとんど気にもかけてくれないだろうなあ~。
友達が夫とけんかして高級ホテルに泊まった、って言っていたことがあるのですが、
私も高級ホテルに家出してみたい~。

あ、フランシスちゃんの“いえで”は素敵です♪

関連記事
【絵本】The Little House ちいさいおうち / Virginia Lee Burton
2014年02月19日 (水) | 編集 |
Little House 70th Anniversary Edition with CDLittle House 70th Anniversary Edition with CD
(2012/04/17)
Virginia Lee Burton

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1335

ちいさいおうち (岩波の子どもの本)ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
(1954/04/15)
バージニア・リー・バートン

商品詳細を見る


Once upon a time there was a Little House way out in the country.
She was a pretty Little House and she was strong and well built.
The man who built her so well said,
“This Little House shall never be sold for gold or silver and she will live to see our great-great-grandchildren’s great-great-grandchildren living in her.”


日本でも大人気の「ちいさいおうち」。
私が子供の頃にも家にありました♪

なんといっても最初の春夏秋冬の様子が素敵☆
裏庭でスキー、いいなあ~。
次のページで開発の第一歩が始まっちゃって
胸が痛いー。

永遠のベストセラーですね♪

関連記事
【絵本】The Hare and the Tortoise ・ Lion and the Rat / Brian Wildsmith
2014年02月18日 (火) | 編集 |
The Hare and the TortoiseThe Hare and the Tortoise
(2007/06/07)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:1
語数:380(概算)

BASED ON FABLE BY LA FONTAINE

「ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ:
17世紀フランスの詩人。
イソップ寓話を基にした寓話詩(Fables、1668年)で知られる。」
ウィキペディアより引用

A hare and a tortoise were having an argument.
The hare, who could run very fast,
thought he was much more clever than the tortoise,
who could only move slowly and had to carry his house
around on his back.


いわゆるイソップ童話の「ウサギとカメ」。
ウサギは相手しか見てなかったけど、
カメはゴール、目的地を見ていたのだ、というような話を
聞いたことがありますが、
まああれこれ色々突っ込みたくなる話ですよね☆

Lion and the RatLion and the Rat
(2007/10/01)
Brian Wildsmith

商品詳細を見る
YL:0.8
語数:191

A FABLE BY LA FONTAINE

One day, a rat walked, by accident,
between a lion’s paws.
But the lion allowed him to escape, unharmed.
The rat thanked the lion, and said:
‘One day I shall repay you for your kindness.’


こちらは「ライオンとネズミ」。
ちょっとググっただけで、こちらも色々深読みがされてそう~。

関連記事