英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC結果(186回:2013/12)
2013年12月26日 (木) | 編集 |
186回TOEICの結果が出ました。

T 945 (L475 R470)

L 460->475(+15点)
R 440->470(+30点)

フォームは34(メジャーフォーム)。

TOEIC 20131208_186回_3

今回TOEICに特化した勉強としては
TOEICの公式サイトで提供されているポッドキャストをアプリにした携帯無料アプリ
EnglishUpgrader

を2nd stageまで再聴、

キンドルで購入し直した
『文法特急』
1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急
(2012/08/01)
花田 徹也

商品詳細を見る

『文法特急2』
新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編
(2013/10/03)
花田徹也

商品詳細を見る


と、温存してた
『全力特急』
新TOEIC TEST 全力特急 絶対ハイスコア新TOEIC TEST 全力特急 絶対ハイスコア
(2013/03/07)
濱崎潤之輔、キム・デギュン 他

商品詳細を見る
を途中まで、

という状況でひさしぶりに受験したので、
ひとまず900点をクリアできてよかったです。

これまでずっとreading の方がlisteningより悪かったので、
ほとんど同じ点数になってきたのは嬉しいですが、
listeningがちゃんと聞き取れていないのはやっぱり悲しい・・・。

TOEICに関しては目標だった900点をクリアしてからは
とにかく受け続けて900点台をキープすること、というスタンスで、
特に今年は多読などの方に時間を費やしていたのですが、
990点を取得されたり900点台後半を安定して取得されたりしている方の
様子を見ると、来年は少し考え直そうかなぁという気もしてきました。

来年はTOEIC受験を再開して3年目にもなるし、
あまり周りの声に影響されず、もう少しちゃんと勉強しようかな。

◆2010年10月以降のTOEIC点数推移
TOEIC 20131208_186回_2

*****************************

今年はこの記事で終わりにしようかな、と思っています。
2013年の印象に残った洋書や映画などの紹介は来年の宿題に(^▽^;)

1年間お世話になりました(^o^)/
温かいコメントをくださったり拍手やランキングをクリックしてくださったり、
いつもとっても励みになっています(≧▽≦)
ありがとうございます!

来年も皆様にとってよい年となりますように♪
どうぞよいお年を\(^O^)/

関連記事
スポンサーサイト
Star over Bethlehem ベツレヘムの星 / Agatha Christie
2013年12月25日 (水) | 編集 |
Star over Bethlehem: Poems and Holiday StoriesStar over Bethlehem: Poems and Holiday Stories
(2011/10/25)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:11748(概算10words*33lines*44.5pages*0.8)

ベツレヘムの星 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ベツレヘムの星 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/11/11)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る


Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る

Detectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories

Postscript
The Christmas Stories

として6編の短編が収録されていたものを
読みました。

最初のEditor’s note
The Christmas stories collected in the book Star Over Bethlehem and other stories (slightly misleading title, as it contained poems as well as stories) represent Agatha Christies’s only venture into writing for children.
と書かれていますが、子供向けというより大人向け?

キリスト教の知識がないとわかりづらい話が多いですが、
読了後に日本語版の感想が書かれているブログなどを読んで
知識を深めることが出来ました。
結構クリスチャンの方が読まれて背景などを説明してくださっていて、
この一冊で一番クリスマスに触れたような気がします。

聖人のことなどほんとに知らないことばかりですが
(おまけに最近のネタ元は「聖☆おにいさん」とかだし^^;)
読んだり調べたりしていると、
キリスト教徒の方以外は完全に他の国の宗教的イベントなのに
ここまで盛り上がっている日本の様子はなかなか興味深いです。

◆Star Over Bethlehem 
ベツレヘムの星
(語数:1716:10*33*6.5*0.8)
聖母マリアのもとに天使が現れ。。
クリスティらしいラストのひねりが素晴らしい。

The Naughty donkey 
いたずらロバ
(語数:792:10*33*3*0.8)
途中までイソップっぽくてこれが唯一子供向けかも。

The Water Bus 
水上バス
(語数:2640:10*33*10*0.8)
忘れられない名作「春にして君を離れ」のクリスマスバージョン?

In the Cool of the Evening 
夕べの涼しいころ
(語数:1584:10*33*6*0.8)
SF?とちょっとびっくり。
クリスティって古典ってイメージなんですけど、
冷戦下の不安な状況が反映されている、とか
結構最近の人なんですよね。実は。

Promotion in the Highest 

いと高き昇進
(語数:2772:10*33*10.5*0.8)
キリスト教の聖人たちのお話なので、一番よくわかりませんでした。
しかも昇進だし?!
ユーモアものなのかしら。

The Island 


(語数:2244:10*33*8.5*0.8)
キリストが亡くなった後の聖母マリアのお話。
なるほど~。

東京駅周辺クリスマスツリー7@KITTE
東京駅周辺クリスマスツリー8@KITTE

Merry Christmas♪ メリー クリスマス♪


関連記事
The Adventure of the Christmas Pudding / An Agatha Christie Short Story
2013年12月24日 (火) | 編集 |
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


The Adventure of the Christmas Pudding: An Agatha Christie Short StoryThe Adventure of the Christmas Pudding: An Agatha Christie Short Story
(2013/10/10)
Agatha Christie

商品詳細を見る
YL:7
語数:12000(概算)

クリスマスプディングの冒険』 The Adventure of the Christmas Pudding
ある東洋の国の将来王となるはずの人物がロンドンで遊んだ女に由緒あるルビーを持ち逃げされた。現代的な暖房設備があることを念入りに確認したポアロはその女性が潜むという屋敷のクリスマスパーティに参加する。
ウィキペディアより引用

Christmas Adventure を長めに書き直したもの。
面白さはそのまま、読み応えが増しています。

子供達がいい感じで活躍します♪
また、マナーハウスでの伝統的イギリスの
クリスマスの風景がこちらではより詳細に楽しめます。

‘In my country, Christmas, it is for the children. The New Year, that is what we celebrate.’
ベルギーではそうなの?!

‘Ah,” said Mr Jesmond, ‘but Christmas in England is a great institution and I assure you at Kings Lacey you would see it at its best. It’s a wonderful old house, you know. Why, one wing of it dates from the fourteenth century.’

“They have oil-fired central heating at Kings Lacey?’ asked Poirot. For the first time he seemed to waver.
14世紀に建てられたお屋敷で寒いクリスマス休暇を過ごすなんて絶対いやっ、と
思っていたポアロですが、オイルセントラルヒーティングがあると聞いて、初めて心が揺れます^^
waver 心が揺らぐ

‘All the same old things, the Christmas tree and the stockings hung up and the oyster soup and the turkey – two turkeys, one boiled and one roast – and the plum pudding with the ring and the bachelor’s button and all the rest of it in it. We can’t have sixpences nowadays because they’re not pure silver any more. But all the old desserts, the Elvas plums and Carlsbad plums and almonds and raisins, and crystallized fruit and ginger. Dear me, I sound like a catalogue from Fortnum and Mason!’

up to something 何かをたくらんで、

‘You are in error, Mademoiselle Sarah, in what you say there. You have gained experience. All experience is valuable. Ahead of you I prophesy there lies happiness.’

A real posh slap-up vanity box
すごくお洒落でスマートな化粧道具入れ


東京駅周辺クリスマスツリー6@パシフィックセンチュリープレイス丸の内
東京駅周辺クリスマスツリー7@パシフィックセンチュリープレイス丸の内

関連記事
Christmas Adventure / Agatha Christie
2013年12月23日 (月) | 編集 |
Detectives and Young Adventurers: The Complete Short StoriesDetectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る


Detectives and Young Adventurers: The Complete Short Stories
にHercule Poirot : Belgian Detective
ポアロものが4編収録されています。

Chapter 1 – The Submarine Plans
Chapter 2 – Christmas Adventure
Chapter 3 – The Mystery of the Baghdad Chest
Chapter 4 – The Second Gong


ポワロの短編は
Hercule Poirot: The Complete Short StoriesHercule Poirot: The Complete Short Stories
(2011/07/05)
Agatha Christie

商品詳細を見る

Hercule Poirot: The Complete Short Stories
に収録されていますが、
のちに書き直しされた4編のオリジナルバージョンは
全短編集ではなく、
Detectives and Young Adventurers
に収録したのだそうです。

Editor’s noteより引用
More than 50 Poirot short stories were written over the next 20 years, and are now collected together in the book Hercule Poirot; The Complete Short Stories. However, four published stories were omitted from that volume, because each of them had been expanded by Agatha
Christies, and it was felt inappropriate to include similar versions of the same story in one book. Here, therefore, are those Poirot rarities, the four original stories before they were rewritten.

Chapter 2 – Christmas Adventure
YL:7
語数:4200(概算:10*33*16*0.8)


とあるマナーハウスでクリスマスを過ごすことになったポワロ。
6人の若者たちもいっしょで楽しいクリスマスになりそうです。
そこにポワロにあてて
「プラムプディングを食べてはならない‘Don’t eat any plum-pudding.’
という警告の紙が届き。。。

クリスマスプディングの伝統に関連して
短い話のなかに思いがけない出来事が絡み合い、楽しめます♪

クリスマスプディング
「プディングを蒸し上げる前、願い事をしながら生地に指輪やコイン、指貫などの小物を混ぜ込む儀式が行われる場合もある。この儀式は十二夜でケーキの中に護符を入れる習慣に由来しており、切り分けられたときに当たった小物を見て将来の運勢を占う。」
ウィキペディアより引用

東京駅周辺クリスマスツリー8@OOTEMORI
東京駅周辺クリスマスツリー6@OOTEMORI

関連記事
【クリスマス絵本】Merry Christmas, Strega Nona / Tomie dePaola
2013年12月22日 (日) | 編集 |
Merry Christmas, Strega NonaMerry Christmas, Strega Nona
(1991/09)
Tomie dePaola

商品詳細を見る
YL:2.1
語数:1220

クリスマスの準備に余念のないStrega NonaとBig Anthony。
なんで魔法を使わないんですか?と不満げなアンソニーに
クリスマスはそれ自体が魔法だから、と答えるStrega Nona 。

“Can’t you magic do all that?” asked Big Anthony.
“No, no magic at Christmastime,” said Strega Nona.
“Christmas has a magic of its own.”

クリスマスの御馳走は

クリスマスイブまで毎日変える水に浸したタラを使ったシチュー
(I have to soak the codfish – the baccala –
and change the water every day until Christmas Eve.)
codfish(タラ) stew,
roasted peppers(ピーマン、パプリカ),
cookies, and
fried pastry(ペストリー)

飾りは
lemon blossoms and
periwinkles(蔓日々草)

クリスマスらしいとてもいい話でした!

クリスマスツリー2013日本橋三越
@日本橋三越新館入口前

関連記事
【クリスマス絵本】Nine Days to Christmas: A Story of Mexico / Marie Hall Ets
2013年12月21日 (土) | 編集 |
Nine Days to Christmas: A Story of Mexico (Picture Puffins)Nine Days to Christmas: A Story of Mexico (Picture Puffins)
(1991/11/01)
Marie Hall Ets、Aurora Labastida 他

商品詳細を見る
YL:3.6
語数:2784

Christmas was coming. Ceci knew, for all the children
were talking about it.
Then one day she heard her mother and aunts making plans
for the posadas --- the special Christmas parties.
Each night for nine nights before Christmas there would be
a posada, and each night at a different house.


幼稚園に通う女の子Ceciが、クリスマスの9日前から行われるメキシコの
クリスマスのお祭り、ポサダ(Posada)に初めて参加することになります。
初めてピニャータも買ってもらいます。

楽しそうなお祭りですね♪

ポサダ(Posada)やピニャータ(pin'ata)
については、こちらのサイトに紹介されていました。
メキシコのクリスマス

コールデコット賞受賞作。

クリスマスツリー2013木場
@木場
深川ギャザリア クリスマスイルミネーション 2013 「クリスタルファンタジー」

関連記事
【クリスマス絵本】BABAR AND FATHER CHRISTMAS / Jean De Brunhoff
2013年12月20日 (金) | 編集 |
BABAR AND FATHER CHRISTMASBABAR AND FATHER CHRISTMAS
(1989/10/07)
Jean De Brunhoff

商品詳細を見る
YL:2
語数:2,650

Jean De Brunhoff による『ぞうのババール』シリーズの一冊。
図書館で借りたこの大型本は筆記体!
大型本は絵も大迫力♪

ぞうの国にサンタクロースが来てくれるように手紙を出したのに、
返事がこなくてがっかりしている子供たちを見て、
王様ババールはサンタクロースにぞうの国に来てくれるように
頼みに行くことにします。
無事サンタクロースを見つけてお願いできるでしょうか。

サンタクロースの乗り物flying machine(白鳥?に引っ張ってもらいます)
とか、山の中のお家(工場?)とかユニーク♪

サンタクロースの謎もいくつか解けます^^

One day Zephir calls to his friends Arthur, Pom,
Flora and Alexander:
“Listen, listen to this wonderful tale which I’ve just heard!
It seems that in Man’s country, every year,
on the night before Christmas,
a very kind old gentleman with a large white beard,
wearing a red suit with a pointed hood, flies over the countryside.
He carries with him great quantities of toys and gives
them to the little children.
They call him Father Christmas.
It is difficult to catch a glimpse of him for he comes down
the chimney while one sleeps.
Next morning the children know he has been there
because they find toys in their shoes.
Why shouldn’t we write to him and ask him to come here too
and see us in the Elephants’ country?”


東京駅周辺クリスマスツリー5@GRANTOKYO SOUTH TOWER
東京駅周辺クリスマスツリー5@GRANTOKYO SOUTH TOWER

関連記事
【クリスマス絵本】The Christmas Stockings / Errol Le Cain
2013年12月19日 (木) | 編集 |
The Christmas StockingsThe Christmas Stockings
(2002/05/23)
Mathew Price

商品詳細を見る
YL:0.7
語数:170

クリスマスにプレゼントを届けに来てくれたサンタさんの
お話。

かわいい絵にかわいい正統なサンタのお話。

各ページに次へと続く開く扉もついていて、
お子さんと一緒に読むのが楽しそうな絵本です。

あ、お父さんがちゃんとお皿を洗っているよ^^

It’s Christmas Eve.
Santa Claus has come to fill two little stockings with toys.
But there’s no chimney.
How will he get down?
Can you help him?


東京駅周辺クリスマスツリー4@丸の内ブリックスクエア
東京駅周辺クリスマスツリー4@丸の内ブリックスクエア
Winnie the Pooh~くまのプーさんの100エーカーの森~

関連記事
【クリスマス絵本】The Golden Christmas Tree / Jan Wahl
2013年12月18日 (水) | 編集 |
The Golden Christmas Tree (Big Little Golden Book)The Golden Christmas Tree (Big Little Golden Book)
(2010/09/14)
Jan Wahl

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:301

All was hushed in the forest for the animals’ Christmas.
The elephant brought a great fir tree from far away.


森の動物たちが集まって、クリスマスのお祝いをします。
まずはクリスマスツリーの準備に取り掛かります。

カーディナルって、こんな鳥だったんですね。

わりと写実的なイラストで、動物達の様子が楽しめます。

hush :静かになる
fir :モミ
badger :(名詞)アナグマ、(動詞)せがむ
cardinal : とさかを持つくちばしの分厚い北米のフィンチで、
       雄は真赤な羽を持つ
      (crested thick-billed North American finch
       having bright red plumage in the male)


東京駅周辺クリスマスツリー3@丸ビル
東京駅周辺クリスマスツリー3@丸ビル
Happiness Ribbon~ディズニーキャラクターが勢揃い~

関連記事
【クリスマス絵本】Silver Christmas Tree / PAT HUTCHINS
2013年12月17日 (火) | 編集 |
SILVER CHRISTMAS TREESILVER CHRISTMAS TREE
(1992/05/29)
PAT HUTCHINS

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:871

Squirrel was busy decorating his tree for Christmas.
He hung garlands of holly and ivy around the branches,
bunched of bright red berries between the branches,
and pine cones on the tips of the branches.
And although it looked nice,
it didn’t look quite nice enough.
So he hung strings of polished nuts on the tree,
tied bunches of mistletoe around the tree,
and stuck dried heads of wheat into the pine cones
on the tips of the branches.
And although the tree looked nicer,
it still didn’t look nice enough.

garland 花飾り、花冠
mistletoe [mísltòu] ヤドリギ


クリスマスのために木を飾っていくリス君。
頑張っているのになんかいまいちだなあ、と思っていると
ある魔法でツリーが素晴らしく変身するのですが。。。

みんなからのプレゼントと美しいクリスマスツリー☆

東京駅周辺クリスマスツリー2@新丸ビル
東京駅周辺クリスマスツリー2@新丸ビル
Disney Princess~ロマンティックプリンセスストーリー~

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。