英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【スキー】志賀高原スキー場 その5
2013年04月30日 (火) | 編集 |
志賀高原スキー場に行ってきました♪ その5

向こうに見える一山、すべてスキー場~♪

201212志賀高原34

お子さんを後ろから紐で制御しながら
滑られているスキーヤーのご両親、素敵♪

201212志賀高原36 

走れメロス、はたまた、TOKIOの鉄腕DASHで対決の佳境シーンで
使われている曲が頭の中で鳴りだします。

201212志賀高原37 

ROBERT MILES(ロバート・マイルズ)のCHILDREN(チルドレン)
という曲なんですね。
Robert Miles - Children (Official Video) (HQTV)

201212志賀高原38 

翌日はあいにくの曇り空。
今日は昨日とは反対方面の端っこまでいくぞっ!
ファミリー、タンネの森、寺小屋、東館山、高天ヶ原、ブナ平、
西館山、ジャイアント、蓮池、丸池、と寄り道しながらサンバレーまでゴー☆

201212志賀高原39 

サンバレーの端、一人乗りリフトに乗って、目標達成~。

201212志賀高原40 

ジャイアントスキー場まで戻ってお昼♪

201212志賀高原43 

ピザ♪

201212志賀高原41 

おこじょのおこみん?
201212志賀高原42 

志賀高原スキー場、とっても広くて
素敵なスキー場でした~♪
おしまい。

【スキー】志賀高原スキー場 その4
2013年04月29日 (月) | 編集 |
志賀高原スキー場に行ってきました♪ その4

201212志賀高原27

志賀高原スキー場って、そもそもそのものずばりの
スキー場はなくて、これまであちこちリンク張ってみた
んですが、『志賀高原索道協会』のページが公式ページ
ですかね。ここのリンク集によるとスキー場は20箇所。
広いわぁ~。
 
201212志賀高原30 

下に雲海を眺めながら滑れるってすごい。
下界は曇り?

201212志賀高原29

焼額山スキー場まで戻って志賀高原プリンスホテルでお昼♪

201212志賀高原28 

スキーヤーとボーダーは半々ぐらい?
ボーダーは若者メインなので、全体としては年齢層は
幅広いです。

201212志賀高原33 

段々日が傾いてきました。

201212志賀高原31 

混んでいるのは嫌だけど、こんなに素晴らしいスキー場が
休日にも関わらず広々と楽しめるのはもったいないぐらいです。

201212志賀高原32 

夕方になってきたので、そろそろ宿の方向へ
戻ろうかな。

201212志賀高原35 

つづく。


関連記事
【スキー】志賀高原スキー場 その3
2013年04月28日 (日) | 編集 |
志賀高原スキー場に行ってきました♪その3

201212志賀高原20 

こちらは一番端に位置するスキー専用の
奥志賀高原スキー場。

201212志賀高原21 

奥志賀高原ホテルで一休み♪

201212志賀高原25 

中は暖炉を囲んでゆったりした雰囲気^^

201212志賀高原24 

ケーキセットをいただきました♪

201212志賀高原22 

窓からの眺めが絵画のようです。
お酒のボトルが気になるけど^^

201212志賀高原23 

エネルギーチャージもしたし、がんがん滑るぞー☆

201212志賀高原26 

つづく。


関連記事
【スキー】志賀高原スキー場 その2
2013年04月27日 (土) | 編集 |
志賀高原スキー場に行ってきました♪ その2
 
201212志賀高原10

焼額山スキー場
『長野冬季オリンピック、数々の国際レースが開催されたオリンピックコースをはじめ、
すばらしい景観と自然の地形をいかしたコースが魅力のゲレンデです。』

201212志賀高原11 

雪の積もった木の間を滑るのが楽しい♪

201212志賀高原12 

ところどころに雲海を眺められる絶景スポットあり☆

201212志賀高原13 

なんといっても晴天なのが素晴らしい^^

201212志賀高原14 

向こうの山にもスキー場。志賀高原スキー場、広いなあ。

201212志賀高原15 

絵葉書の中を滑っているみたい^^

201212志賀高原16 

これだけ広いと相当人が来ても、余裕があります。

201212志賀高原17 

スキーオンリーの奥志賀高原スキー場に来ました♪

201212志賀高原19 

つづく。


関連記事
【スキー】志賀高原スキー場 その1
2013年04月26日 (金) | 編集 |
ゴールデンウィーク始まりましたね!ひぃやっほ~(≧▽≦)/
ずいぶん時期外れですが、GWまでは滑れるスキー場も
あるので(志賀高原も5月6日まで春スキー可能!)、
ぎりぎりセーフとしてもらって、スキー旅行の記事を
アップしていきます♪
***************************************
志賀高原スキー場に行ってきました♪
(訪問日2012.12)

宿を出発すると、まだ太陽は山の向こうに隠れています。
リフトも動いていない静かなゲレンデ。

201212志賀高原01 

人が少しずつ集まってきました。

201212志賀高原02

太陽が昇ってきました!

201212志賀高原04

行くぞ!GO~。あの山を目指して。

201212志賀高原03

北欧の森ってこんな感じ?

201212志賀高原05

森の中を滑っていきます。

201212志賀高原06

広いところに出ました。太陽も山々を照らしています。

201212志賀高原07

道はどんどん続いているようです。

201212志賀高原08

WELCOME 山頂2000m
志賀高原焼額山に着きました♪

201212志賀高原09

つづく。


関連記事
【絵本】When I Was Young in the Mountains / Cynthia Rylant
2013年04月25日 (木) | 編集 |
When I Was Young in the Mountains (Reading Rainbow Books)When I Was Young in the Mountains (Reading Rainbow Books)
(1993/01/01)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:430

Mr. Putter and TabbyやCobble Street Cousinsなどを
書かれているCynthia Rylantさんの最初の作品♪

Cynthia Rylant says, “The inspiration for this book
came from memories of my childhood in Appalachia,
when I lived with my grandparents and other relatives
in a four-room house in Cool Ridge, West Virginia.
We children had to make do with each other and
what we found in the mountains and do you know,
I was never bored!”
This is her first book.


子供の頃のアパラチアでの経験がもとになっているとのことですが、
シンシアさんが1954年生まれなので、50年代から60年代のことなのですね。
ちょっと開拓時代のような雰囲気です。

English Café 175
でもこの地方を取り上げていました。
背景がわかります。

関連記事
Asahi Weekly, March 24, 2013
2013年04月24日 (水) | 編集 |
Asahi Weekly, March 24号を読了しました~♪

Asahi Weekly People's pope 

たとえ異教徒でも祝福をいただけそうなお姿☆

表紙の写真とは全然関係ないのですが、
“Oasis in the ‘jungle’ of Santiago: Chileans find
new spot to take a nap”
という記事の中で、


“Chileans work 2,068 hours a year, second only to
South Koreans, among the 34 developed countries that
make up the OECD.
The number far surpasses the 1,695 hours U.S. workers
average each year.”


チリの労働時間がとても長い、という話が書かれていたので、
OECDで検索してみると、

OECD.Stat
によると2011年の
Average annual hours actually worked per worker
Employment status : Total employment


1位:Mexico
2位:Korea
3位:Chile
12位:United States
18位:日本
37位:Switzerland

アクセスするたびに微妙に違うんですが^^;
日本はほぼ真ん中ぐらいなんですね。
先進国の中で労働時間の少ない国は、
基本的に豊かな国な印象があります。

ところで、Asahi Weeklyは髪を乾かしているときに
読むことが多いのですが、難しそうな記事はお風呂で
読むことも。^^
クリアファイルに挟んで2,3枚持ち込むといい感じ
で読めます。お勧め♪
あ、この方法ならもう少し難しめの新聞も読めるかも?!

クリアファイル01

関連記事
【絵本】They Were Strong and Good / Robert Lawson
2013年04月23日 (火) | 編集 |
They Were Strong and GoodThey Were Strong and Good
(1940/01/01)
Robert Lawson

商品詳細を見る
YL:2
語数:1626

1940年に出版された作者Robert Lawson(1892–1957)の
両親と祖父母の話。
それぞれが生きた時代がいきいきと描写されています。
父親が16歳で南軍で南北戦争を戦う様子がリアルです。

作者Robert Lawsonは今の時代からだと曾祖父位の感じでしょうか。

1968年(たぶん)以降のRevised editionで読みましたが、
このRevised editionの表記はOKなのでしょうか?
ウィキペディア参照
アメリカ人の英語の先生はNGワードだと言っていた言葉に
置き換わっているのですが。。。
先日の映画リンカーンでも多用されていましたが。。

1941年Caldecott Medal受賞

関連記事
【映画】リンカーン
2013年04月22日 (月) | 編集 |
リンカーン 映画

スティーブン・スピルバーグ監督が描くリンカーン大統領の
アメリカ合衆国憲法修正第13条(※1)を議会で可決させるまでの
4か月間の攻防を描いています。

アメリカの歴史や政治に興味がないとなかなかわかりにくい映画でした。
うーん、アメリカ人が明治維新のあれこれに興味を持ちにくいような感じ?
逆にアメリカの歴史に通じている方、政治に興味のあるかたは
面白く見れると思います。
アメリカで教育を受けたらこのあたりの話は詳しく習っていそう。

ロビイストってどんなことをする人たちかよくわかりました^^
きっと時代は変わってもやっていることは基本的には同じなんでしょうね。

説得するときはface to faceで。

トミー・リー・ジョーンズが重要な役で出ていました。
宇宙人になってしまったかと思っていたらびっくり。
ガンバレ!

リンカーンについてはwho wasシリーズで読んだぐらいしか知らないのですが、
一番印象に残っていたように子供がホワイトハウスを走り回っていました^^

※1 Thirteenth Amendment to the United States Constitution
公式に奴隷制を廃止し、奴隷制の禁止を継続すること、および制限のある例外(犯罪を犯した者)付きで、自発的ではない隷属を禁じたアメリカ合衆国憲法の修正条項の一つ
ウィキペディアより引用

ESL English Cafeでは#294で取り上げられていました。

itinerant 巡回する
oratorical 雄弁家の
abolitionist 廃止論者
abolitionist movement 奴隷解放運動
secede 脱退する
Reconstructionレコンストラクション、南北戦争後の南部の合衆国への再統合期



now! now! now! 今でしょ!

関連記事
Café 1894 ランチ「光の中の昼食」
2013年04月21日 (日) | 編集 |
に行った帰り、
Café 1894
に行ってきました~♪

クラーク・コレクション06

「1894(明治27)年の三菱一号館創建当時、銀行営業室として
利用された空間を復元したクラシックな趣のミュージアムカフェ。」
というだけあって、天井が高くて解放感があります!

クラーク・コレクション07

ふふふ、あちこちのブログで紹介されていて憧れていた
ランチ「光の中の昼食」
あー、ミーハー^^;

クラーク・コレクション08

あ、お花はエディブルフラワーだったんだ!

クラーク・コレクション14

オードブル3種も繊細でおいしい~♪

クラーク・コレクション13

ちょっと贅沢なので、お祝いを兼ねて、っということで♪

クラーク・コレクション10

こちらは東京駅前の旧東京中央郵便局局舎に造られた
商業施設「KITTE|キッテ」
面白そうなお店がいっぱいはいっていて
こんどゆっくり探検してみたいです♪

クラーク・コレクション09

こちらは東京駅八重洲側にある
「福島県八重洲観光交流館」
の前にいる赤べこ♪


関連記事