英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebook’s Royal Wedding プリシラ・チャンさんってどんな人?
2012年05月31日 (木) | 編集 |
Facebook’s Royal Wedding
マーク・ザッカーバーグ氏がfacebookのIPO翌日プリシラ・チャンさんと結婚された、
というニュースを見て、映画『ソーシャル・ネットワーク:The Social Network』が
面白かったこともあって、どんな人なの?と、ググってヒットした記事を
ついつい読んでしまいました(ミーハー(^_^;))。

記事はこちら↓
Facebook’s Royal Wedding
The New York Times紙のFashion&Style

Recently graduated from the medical school at the University of California,
San Francisco, she plans to become a pediatrician.
最近医学校を卒業して(結婚式は卒業を祝うものだと出席者は聞かされていたそうですね)
小児科医になる予定だとか。

In 2003, she was named valedictorian at Quincy High School,
where she had played tennis and won a science and technology challenge,
and gave a graduation speech inspired by the Dr. Seuss book
“Oh, the Places You’ll Go.”
見た感じはほんと普通のアジア女性ですが(ザッカーバーグ氏もそうですけど)、
高校の卒業生総代をつとめたということで聡明そう~。
ドクター・スースの絵本にインスパイアされたスピーチって面白いなぁ。

One day, Mr. Zuckerberg’s sister Randi was shopping with her future
sister-in-law when Ms. Chan stopped to admire a pair of shoes that cost $600.
Ms. Zuckerberg said, “You should get them, you have the money.”
Ms. Chan, instead, put the shoes back. “It’s not my money,” she replied.
「自分のお金じゃないから」と手に取った$600の靴を棚に戻した、っていうエピソードも
いいですね。

おめでとうございます♪


関連記事
スポンサーサイト
【和書】日本全国津々うりゃうりゃ / 宮田珠己
2012年05月30日 (水) | 編集 |
日本全国津々うりゃうりゃ日本全国津々うりゃうりゃ
(2012/03/23)
宮田 珠己

商品詳細を見る

大好き宮田珠己さんの新刊。
ウプププッ (*^m^)o==3

日本全国を津々うりゃうりゃ巡ります。
うりゃうりゃ。

妙義山で岩登りしたり、竹芝桟橋から23時発の大型客船で伊豆諸島に行ったり、
富士急ハイランドでジェットコースター
(「高飛車」「ええじゃないか」「FUJIYAMA」「ドドンパ」)
に乗ったりしたくなります。
あ、でも昔富士急に行ったときびびってFUJIYAMAに乗らなかったような
気がする(^_^;)

東京の回はパチンコとピンボールについてなのですが、
村上春樹の小説みたいですね(うそ)。

言葉をずらすことによっておかしみがもたらされることも
多いので、たとえば英語の本で笑うのってすごく難しそうです。

ひぃ~くだらない~プー!(*≧m≦)=3と思いつつ、にやにや。

気楽な旅もの笑えるエッセイが読みたい方に♪



関連記事
【絵本】Sukh's White Horse スーホの白い馬 / 赤羽末吉
2012年05月29日 (火) | 編集 |
スーホの白い馬-Sukh's White Horse (CDと絵本)スーホの白い馬-Sukh's White Horse (CDと絵本)
(1999/06)
大塚 勇三、サラ・アン ニシエ 他

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1600

泣きます。。

A Mongolian Folk Taleなんですね。

To the North of China, in Mongolia,
extends a broad, grassy plain.
The people who live there have kept sheep, cattle
and horses for many ages.
Here in Mongolia, they have a musical instrument called
the ‘morin khuur’ or the horsehead rebec.
It is so called because the upper part of it is shaped
like a horse’s head.
Now how did this musical instrument come to be invented?
There is a story about it that goes like this:

お話も心に響きますが、赤羽末吉さんの絵がなんともいえず
素晴らしいです。

foal 子馬
rapture 歓喜
in spite of oneself われ知らず, 思わず.
shrill 甲高い
stave 食い止める
dais 壇上
flourish 振る
retainer 家臣
screech 金切り声
taut ピンと張った
grit grit one's teeth (決意を固めて)ぎゅっと歯をかみしめる.
chagrin 悔しさ
hide 獣皮.
sinew 腱、筋
morin khuur 馬頭琴
intently 熱心に
toil 労苦


関連記事
お薦め eラーニング10 : TED100選(前半)
2012年05月28日 (月) | 編集 |
TEDのプレゼンにはまっています。
これまでも時々見ていたのですが、
Eテレ『スーパープレゼンテーション』で再認識後、
NAVER(検索サイト)やOops! Study(教育サイト)で
お薦めをわかりやすくまとめて紹介してくださっているおかげで、
次々に面白いTEDを見ることが出来ています。

①TEDトーク55選
NAVERのサイトなどにわかりやすくまとまっているので、
直接そちらをみていただくといいのですが、自分メモも兼ねてとりあえず55選。
一覧とリンク先を張り付けておきます。
重複しているものはインデントしています。

◆Eテレ『スーパープレゼンテーション』
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/

デブ・ロイ「はじめて言えたとき」
Deb Roy: The birth of a word
ジャミル・アブワルダ「『悪の枢軸』中東コメディーツアー」
Jamil Abu-Wardeh: The Axis of Evil Middle East Comedy Tour
ジェシー・アリントン「古着生活」
Jessi Arrington: Wearing nothing new
ミック・エベリング「体の不自由なアーティストに自由を与える発明」
Mick Ebeling: The invention that unlocked a locked-in artist
トム・ウージェック「しっかりした塔を建て、しっかりしたチームを築く」
Tom Wujec: Build a tower, build a team
ジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」
Jill Bolte Taylor's stroke of insight
デレク・シヴァーズ「ムーブメントの起こし方」
Derek Sivers: How to start a movement
チャーリー・トッド「いっしょに笑うということ」
Charlie Todd: The shared experience of absurdity
パティ・メースとプラナフ・ミストリー「"第六感"開発中」
Pattie Maes and Pranav Mistry demo SixthSense
スカイラー・ティビッツ「物がひとりでに作られる未来」
Skylar Tibbits: Can we make things that make themselves?
ハンス・ロスリング「増え続ける世界人口」
Hans Rosling on global population growth
マット・カッツ「30日間チャレンジ」
Matt Cutts: Try something new for 30 days

◆【すごいプレゼン】TEDを初めて見る人におすすめの10本
http://matome.naver.jp/odai/2130899017379563201

サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」
ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」 涙
ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」
サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか
セバスチャン・スラン「Googleの自動運転車で目指していること」
エリザベス・ギルバート "創造性をはぐくむには"
ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」
ダン・アリエリー:我々は本当に自分で決めているのか?
バリー・シュワルツ氏が語る、選択のパラドックスについて
エリック・ウィテカー「2000の歌声でつくるバーチャル合唱団」 涙

◆スタンディングオベーションが鳴り止まない心を揺さぶる7つのプレゼン
http://matome.naver.jp/odai/2132360044107635301

ジェイミーオリバー TED prize wish: 子供たちに食の教育を
  ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作
イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」
ブレネー・ブラウン:「弱さ」という力
ジョン・ハンターの世界平和ゲーム
ポール・ニックリン 「氷に閉ざされた不思議の国の話」 涙
  ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」

◆これだけは観ておきたい!あなたの価値観を変えるTED動画ジャンル別まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133612295988989701

セス・ゴーディン:我々がリードする部族
  イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」
  デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」
  サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか
アンソニー・アタラ 「臓器を印刷する試み」
プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー
  サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」
  エリザベス・ギルバート 創造性をはぐくむには
  ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」
  ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」
  ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」
  エリック・ウィテカー「2000の歌声でつくるバーチャル合唱団」
キース・バリーのブレインマジック

◆天才すぎて衝撃を受けるかもしれないTEDのプレゼン10選
http://oops-study.com/2011/456/

アーサー・ベンジャミンが行う「数学手品」
アドーラ・スヴィタク「大人は子供から何を学べるか」
  プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー
メアリー・ローチ「あなたの知らないオーガズムに関する10の事実」
  アンソニー・アタラ 「臓器を印刷する試み」
ケヴィン・スラヴィン 「アルゴリズムが形作る世界」
ウッディ・ノリスの驚嘆の発明の数々
  キース・バリーのブレインマジック
ダニエル・タメット:異なる認識の仕方
マルコム・グラッドウェル、パスタソースと幸せについて

◆ビジネスの極意が学べる天才的TEDのプレゼン10選
http://oops-study.com/2012/780/

ロリー・サザーランド:広告マンの人生の教訓
ショーン・エイカー 「幸福と成功の意外な関係」
  トム・ウージェック:塔を建て、チームを作る
  サイモン・シネック:優れたリーダーはどうやって行動を促すか
  ダニエル・ピンク「やる気に関する驚きの科学」
  セス・ゴーディン:我々がリードする部族
マット・リドリー: アイディアがセックスするとき
  マルコム・グラッドウェル、パスタソースと幸せについて
  イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」
リチャード・ジョン:成功とは終わりのない旅である

◆100人の東大生が選ぶ、大学生が絶対に見ておくべきTED動画10選
http://matome.naver.jp/odai/2133663649341333101

  ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」
  プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー
マズ・ジョブラニ「イラン系アメリカ人の噂聞いてる?」
  サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」
  イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」
  ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」
マイケル・サンデル:失われた民主的議論の技術
  アドーラ・スヴィタク 「大人は子供から何を学べるか」
  チャーリー・トッド:バカバカしさの共有体験
マイケル・プリチャードが汚水を飲料水に変える

◆マイナーだけど「面白い」TEDプレゼン10選
http://oops-study.com/2012/780/

タン・レイ 「脳波を読むヘッドセット」
  マイケル・プリチャードが汚水を飲料水に変える
  ジョン・ハンターの世界平和ゲーム
  ブレネー・ブラウン:「弱さ」という力
  マイケル・サンデル:失われた民主的議論の技術
デイモン・ホロヴィッツ「刑務所の哲学」
  チャーリー・トッド:バカバカしさの共有体験
マルコム・グラッドウェル 「ノルデン爆撃照準器の奇妙な話」涙
アパルナ・ラオ 「ハイテク・アート(ユーモアを込めて)」
ハンス・ロスリングと魔法の洗濯機

◆最強のTEDランキングBEST100 10~1位
http://oops-study.com/2012/1092/

  マイケル・プリチャードが汚水を飲料水に変える
クレイ・シャーキー 「ソーシャルメディアはいかに歴史を作りうるか」
  エリザベス・ギルバート “創造性をはぐくむには”
  ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」
  ジェイミーオリバー TED prize wish: 子供たちに食の教育を
  パティ・マースによる 「第六感」デバイス のデモ
デービット・メリル:考えるブロック玩具「シフタブル」
  プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー
ブレイス・アグエラ・ヤルカスによる新世代地図の実演
  ダニエル・ピンク 「やる気に関する驚きの科学」

◆たった3分で世界の見え方を変える!Derek Siversの極上のTEDプレゼン3つ
http://oops-study.com/2011/412/

  デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」
デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」
デレク・シヴァーズ 「変? それとも違うだけ?」

②15セレクション
どれも面白くてベスト10とか選べないのですが、
同じテーマなのに違う視点なのが面白かったり(選択について)、
やっぱり音楽の力って偉大だ(音楽)と思ったり、
東洋人女性が珍しくて素敵だったり、
という適当な理由で(^_^;)セレクトしてみました。
しかも「ゲームで築くより良い世界」は上の55選に入ってないのですが、
一番最近見て面白かったので。

◆選択について
マルコム・グラッドウェル、パスタソースと幸せについて
ダン・アリエリー:我々は本当に自分で決めているのか?
バリー・シュワルツ氏が語る、選択のパラドックスについて
◆音楽
エリック・ウィテカー「2000の歌声でつくるバーチャル合唱団」
イタイ・タルガム 「偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」
ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」
◆笑い
マズ・ジョブラニ「イラン系アメリカ人の噂聞いてる?」
チャーリー・トッド:バカバカしさの共有体験
◆感動
ジル・ボルティ・テイラー「脳卒中を語る」
◆楽しい
ジェシー・アリントン「古着生活」
◆技術
アンソニー・アタラ 「臓器を印刷する試み」
タン・レイ 「脳波を読むヘッドセット」
◆なるほど~
ハンス・ロスリング「増え続ける世界人口」
ジェーン・マゴニガル 「ゲームで築くより良い世界」
◆やってみようかな
ショーン・エイカー 「幸福と成功の意外な関係」

③お気に入り?
お気に入りの講師は?と聞かれると
デレク・シヴァーズ氏
マルコム・グラッドウェル氏
あたりでしょうか。
理由はなんとなく人間的に好きなタイプ?(^_^;)

④今後
一旦見る本数を減らす予定ですが、
最強のTEDランキングBEST100
http://oops-study.com/2012/1026/

の続きを20~11位から順々に見て行こうかなあと
思っています。
目標は今年中に100トーク(あと45)。

おっ、これ今年の目標に入れようかな。

関連記事
TOEIC受けてきました(170回:2012/5)
2012年05月27日 (日) | 編集 |
TOEIC受けてきました。

受験された皆様、お疲れ様でしたヽ(^o^)丿

フォームは11でした。

2か月ぶりだったからか、なんか緊張しましたー。
今回インストラクションはもとに戻りましたよね?

難易度はリスニング、リーディングともに前回と同じ位(普通?)、
という印象でした。
といっても、昨年後半のリーディング難化傾向から一転、今年は
リスニングが早くなって難化しているような感じがします。

part5,6はやや易しめだった気も。
って私はいつも文法が悪いので、あっているのかどうかは
わからないんですが、
文章自体はシンプルなものが多かったような気がします。

part7も去年のようなめちゃめちゃ読む量が多い、ということは
なかったので、時間は15分位余りました。

でも、リスニングでは、
part2で意味の取れない会話があったり(女性女性というのがありませんでした?)、
part3やpart4で一問にすごくこだわってしまって、
次の3セットの先読みに失敗したり、
話についていけなかったり、

リーディングは、
基本的な文法でミスをしているような気が・・・。
簡単な問題を間違えると沢山点数が引かれるらしいので(ほんと?)
痛いですねー(* ̄- ̄)むー

自分メモも兼ねて前回の試験以降英語に関して特筆すべきこととしては、
1.ミュージカルにはまって何度も見たりインタビューを聞いたり読んだり訳した
2.TEDにはまってひたすら見まくった
3.さすがに直前は焦って、900点特急4周、千本ノック2周、文法特急1周
って感じでしょうか。

ミュージカルとTEDがどう点数に反映されるのか。。。
結果は3週間後ですね。

ところで、試験会場で席について名前とか記入していると、隣の方が
結構激しめの風邪で、ひぃ~、と思っていたのですが、最後の10分の休憩時間
以降はぴたっと症状が止まって、ちょっとびっくり(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
一瞬で症状を止める風邪薬ってあるんですかね?
意思の力?

関連記事
【和書】うほほいシネクラブ 街場の映画論 / 内田樹
2012年05月25日 (金) | 編集 |
うほほいシネクラブ (文春新書)うほほいシネクラブ (文春新書)
(2011/10/19)
内田 樹

商品詳細を見る


内田センセイが新聞やブログなどに連載した映画評187本。
小津安二郎からB級ホラーまでバラエティに富んでいます。

かなりネタバレしているものも多いので、見たことある映画だけ
ぱらぱら読んでいたのですが、面白くて結局全部読んでしまいました。
おかげで見たことないのにラストを知ってしまったものもあるので、
より多く映画を見ている方のほうが楽しめる気がします。

むかーし見て面白かった記憶があって、
あれはなんていう映画だったんだろう、と長年気にかかっていたのが、
本書で取り上げられている『バルカン超特急』
だったんじゃないかあ、とわかったのが収穫☆
でもこの本では最初からはっきりネタバレしているので、
映画を見てない方は見てから読んだ方がいいです。
有名な(?)映画だからネタバレありなのかなあ。

結構付箋貼りました。
そちらは引用メモで。

◆引用メモ
→ 続きを読む
関連記事
速読速聴・英単語 Advanced 1000
2012年05月24日 (木) | 編集 |
速読速聴・英単語 Advanced 1000 ver.3速読速聴・英単語 Advanced 1000 ver.3
(2008/04)
松本 茂、Robert L. Gaynor 他

商品詳細を見る
速読速聴・英単語 Advanced 1000
YL:6.5
語数(概算):22680(=10*12*(391-13)/2)

本書では、重要語が繰り返し登場する43本の英字新聞記事+ネイティブ・スピーカーのオリジナル英文を読み、聴くことを通して、語彙力のみならず、読む力、聴く力、そして時事知識を同時に伸ばすことができます。英字新聞・雑誌やインターネットの英語、英語放送を読み聴くための難度の高いボキャブラリー1000語を、コンピュータによる出現頻度データ分析に基づき、厳選しました。
(「BOOK」データベースより)


内容的にはやや古いものも入ってますが、
The Economistからの出典が多いので、
「The Economistを読めるようになるための単語の勉強~♪」
という気持ちも持ちつつ読みました。

他の出典は
「The Washington Post」
「National Geographic」
など。

以前読んだ「速読速聴・英単語 Business 1200」
よりは興味深い内容のものが多かったからか、
こちらの方が若干簡単な気もしました。
(記事はこちら

それにしても別の単語帳に掲載されている
「こんな単語使われているの?」
という単語が出てくる出てくる。
「ほんとに記事では使われているんだー」と
認識を新たに(^_^;)

童話の中の継母像、を分析している
6. EVIL STEPMOTHERS The uses and abuses of Cinderella

アメリカ大統領予備選挙の問題
11. Problems With American Presidential Primaries
のコラム「米国大統領選挙の流れ(p125)」などが
興味深かったです。

ほんとは「速読速聴・英単語 Opinion 1400」を読む予定だったのですが、
本、CDともに行方不明(なぜ?!)になってしまい、
先にこちらを読んでみました。

とりあえず一周読めて良かった♪

折角なので、CDも頑張って聞かなくっちゃー。
(えっこれから?)

◆目次◆
→ 続きを読む
関連記事
東山魁夷記念館に行ってきました
2012年05月23日 (水) | 編集 |
東山魁夷記念館(サイトはこちら)に行ってきました。

東山魁夷美術館6

記念館へは、JR下総中山駅または京成中山駅から
中山法華経寺の参道をのんびり歩いていけます。

東山魁夷美術館3 東山魁夷美術館2

案内図に従って行くと出現する美しいドイツ風の建物の中に、
東山魁夷氏の生涯について学べる1F展示コーナー、
主にリトグラフ等の作品が鑑賞できる2F展示室、
ショップやカフェレストランがあります。

東山魁夷記念館9 東山魁夷記念館8

展示作品の解説[ギャラリートーク]が、開館日の毎日2回(11時/14時)
に行われているのですが、2時を過ぎて入館したので、あきらめて1Fから
見始めたのですが、
もし受付の方に「今ちょうどやっていますよ」と声をかけていただけたら
間に合ったのが残念!(>_<)!
休日の午後、14時からの解説を聞かれていたのは、
14、5人ぐらい?の混雑具合でした。

東山魁夷美術館8

6月3日(日)までは倒影と呼ばれる
「合わせ鏡のように水面に映る風景が重なりあう上下対称の構図」
の作品が見れます。

美しい~。

東山魁夷美術館4

お庭の見えるカフェで一休み♪

東山魁夷美術館7 東山魁夷美術館5

のんびりした休日を過ごせました♪
ヤムヤム

関連記事
東京ゲートブリッジを歩いてみました
2012年05月22日 (火) | 編集 |
若洲海浜公園の海釣り施設の背後、東京湾を見渡す新しい橋
「東京ゲートブリッジ」に行ってきました。

東京ゲートブリッジ1

「羽田空港に近接しているため高さに制限がある」
「航路を跨ぐため安全な船舶航行のための桁下高さが必要」
といった理由から「トラス構造」をしています。
その姿から恐竜橋というニックネームもつけられているようです。

まず若洲海浜公園から「若洲昇降タワー」でエレベーターまたは
階段で8Fの橋連絡口まで登ります。

東京ゲートブリッジ2

9Fの展望テラスからの眺めはこんな感じ。

東京ゲートブリッジ3

シンプルな構造ですね。
休日の午後でしたが、お天気が良かったこともあってか、
家族連れなどでにぎわっていました。

東京ゲートブリッジ4 

昔風の船の東京湾クルーズ船や羽田に向かう飛行機がまじかに
見えます。

東京ゲートブリッジ5 東京ゲートブリッジ10

もちろん湾岸ラインを一望できます。

東京ゲートブリッジ14

25分ほど歩くと反対側の中防昇降施設に着きますが、
そちらからは降りられないので、また若洲海浜公園に戻ってきます。

東京ゲートブリッジ8

結構風が強かったですが、お散歩にはいい季節ですね♪

東京ゲートブリッジ9

ヤムヤム

関連記事
【映画】テルマエ・ロマエ
2012年05月21日 (月) | 編集 |
テルマエ・ロマエ

阿部寛が古代ローマ帝国ハドリアヌス帝時代の浴場設計技師ルシウスとなり、
現代日本「平たい顔族」から風呂文化について学んでいくお風呂コメディ映画。
原作漫画のネタが存分に使われ、笑えました♪

休日ということもあって映画館は満員!
日本映画でコメディって望まれているかも~。

西洋人の中に阿部寛始め日本人の役者が混じっていても、
あんまり違和感がないのがすごい。さすが濃い顔の方々(^^ゞ
北村一輝ってやっぱり美形ですね。
NHKのイタリア語講座では苦戦している感じでしたが(^_^;)
阿部寛はラテン語を猛勉強して覚えたそうで、
かなり話すシーンがあって、さすがでした。
入浴シーンも存分に見れます(*^_^*)

上戸彩ちゃんがいまいち、という映画評も見ましたが、
結構かわいかったです。

タイムトラベルのシーンでオペラが歌われるのですが、
これがなかなか迫力があって、オペラが聞きたくなりました。
いえもちろん(?)ギャグとして使われているので、ファンの方には
怒られるのかも(^^ゞ

漫画を読んだことのない人の方がネタを知らない分笑えるかもしれません。

ロケ地は、
河津温泉郷、大滝温泉「天城荘」や
那須温泉郷・北温泉など。

お気楽楽しい笑える映画が好きな方に♪

◆追記◆
金環日食、雲の合間から見ることができました☆
周りの人との不思議な一体感が良かったです♪

◆以下引用メモ
ハドリアヌス帝時代の浴場について
→ 続きを読む
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。