英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【山歩き】八ヶ岳・・・八ヶ岳の花々
2012年08月25日 (土) | 編集 |
八ヶ岳に登ってきました。その4。

今回出会った花々♪

名前を調べてみましたが、間違っているものがあるということです(>_<)
もしお分かりの方、教えていただけると嬉しいです♪
よろしくお願いします<(_ _)>
追記:
 コメント欄でふうろさんに花の名前を教えていただきました♪
 マイヅルソウ  → イワトラノオ
 ミヤママンネングサ → オトギリソウ
 ふうろさん、ありがとうございますヽ(^o^)丿

八ヶ岳の花・ホタルブクロ 
[ホタルブクロ]

八ヶ岳の花・ミネウスユキソウ 
[ミネウスユキソウ]

八ヶ岳の花・ミヤマゼンコ 
[ミヤマゼンコ]

八ヶ岳の花・イワイチョウ 
[イワイチョウ]

八ヶ岳の花・カラマツソウ 
[カラマツソウ]

八ヶ岳の花・マイヅルソウ 
[イワトラノオ]

八ヶ岳の花・ミヤママンネングサ 
[オトギリソウ]

八ヶ岳の花・コゴメグサ 
[コゴメグサ]

八ヶ岳の花・イタドリ 
[イタドリ]

八ヶ岳の花・ノアザミ 
[ノアザミ]

八ヶ岳の花・サワギク 
[サワギク]


スポンサーサイト
【山歩き】八ヶ岳・・・赤岳・赤岳展望荘・地蔵尾根・かもしか
2012年08月24日 (金) | 編集 |
八ヶ岳に登ってきました。その3。

八ヶ岳・赤岳3

赤岳の頂上は360度の展望が開けている岩場になっています。

八ヶ岳・赤岳24

頂上はあまり広くないので、赤岳頂上小屋の前まで移動して
一休み。ひー、もうへとへと。。。

八ヶ岳・赤岳26

しかし遠くで雷が時々なっていたり、午後から雨の予報なので、
体力が少し回復したところで、赤岳展望荘方面へ下山を開始します。

八ヶ岳・赤岳25

赤岳展望荘の前。ラーメンを作ったりして休まれている人々。
おいしそうでした。

八ヶ岳・赤岳27

風が強い日は恐ろしそうな尾根道です。

八ヶ岳・赤岳28

最初に登る予定だった地蔵尾根。
こちらから登られる方が多そうですが、行者小屋を先に出発した
健脚のグループより私たちの方が先に頂上についたので、
時間はかかりそうです。
 
八ヶ岳・赤岳29

赤岳、横岳、地蔵尾根の分岐点、地蔵仏。
帰りの無事をお祈りします。

八ヶ岳・赤岳30

地蔵尾根も決して楽ではありませんね。。
登ってくる人が辛そう。。

八ヶ岳・赤岳31

行者小屋に着きました!
着いたとたんに激しい雨!ラッキーなタイミング!
小屋やテントに泊まられる人が結構多いです。

八ヶ岳・赤岳32

行者小屋から雨具を着込んでやや小ぶりになってくれた雨の中を出発。
行者小屋までくれば大丈夫、と思っていましたが、後半結構高低差があります!
こんなに大変だっけ?!

にこにこしながら私をこんな目にあわせてくれた(?!)
すたすた先に行ってしまう夫をぶつぶつ罵りながら!降りていくと、

八ヶ岳・赤岳33

森の神様がいらっしゃいました!

八ヶ岳・赤岳35

えええーーー、特別天然記念物 ニホンカモシカ?!
「好奇心が強く、人間を見に来ることもあると言う。」
by ウィキペディア
ということですが、3分ほど見つめ合っていたそうです。
夫、森に祝福されている?

八ヶ岳・赤岳34

やまのこ村でかき氷っ!
生き返るーー。
八ヶ岳・赤岳36 

この日の宿泊は原村にある「ペンションフェローズ」さんで。
漫画や絵本がなんと6000冊!

八ヶ岳・赤岳39
 


1.5泊(1夕食2朝食付き)で、実質2泊させていただき、
お弁当においしいおにぎり&おかずを作ってもらいました。

八ヶ岳・赤岳37

とても親切なオーナー夫婦に色々教えていただき、
赤岳までの登山、早かったですね、と言ってもらいましたが、
美濃戸口ではなく美濃戸まで車で行ったので、たぶんその分
2時間ほど早かったのではないかと思います。

八ヶ岳・赤岳38

ペンションから歩いていける「八ケ岳自然文化園」では、
星まつりをやっていたり、今回は「星空の映画祭」をやっていたのですが、
疲れすぎていて行けなかったのが残念!

今年は往復4時間位の山しか登っていなかったので、
今回ほんとに参りました!

<タイムチャート>

6:20 美濃戸・出発
 南沢

6:20-8:30 行者小屋・到着
 コーヒー休憩 30分
 文三郎尾根

9:00-10:05 文三郎尾根・分岐
 休憩 5分

10:10-10:50 赤岳・山頂
 おにぎり休憩 40分

11:30-12:00 赤岳天望荘
 地蔵尾根

12:00-13:00 行者小屋・到着
 夕立・コーヒー休憩 35分

13:05-15:50 美濃戸

 合計 9時間30分

【山歩き】八ヶ岳・・・文三郎尾根・赤岳
2012年08月23日 (木) | 編集 |
八ヶ岳に登ってきました。その2。

八ヶ岳・赤岳2

行者小屋から(間違って!)文三郎尾根経由で赤岳頂上を目指します。
ひたすら急登、階段がつらい!

八ヶ岳・赤岳13 八ヶ岳・赤岳14

後ろをふり返るとさきほどの行者小屋が見えます。

八ヶ岳・赤岳15

横岳、硫黄岳へのごつごつした稜線。

八ヶ岳・赤岳16

中岳、阿弥陀岳との分岐に来ました。

八ヶ岳・赤岳18

阿弥陀岳への尾根道。うーん、気持ちよさそう。

八ヶ岳・赤岳17

「頂上はあと少し ガンバレ」の看板!
ほんにあと少しですか?!

八ヶ岳・赤岳19

妙義山?!というような岩場。

八ヶ岳・赤岳20

もう必死です。

八ヶ岳・赤岳21

赤岳の頂上に着きました!!!

八ヶ岳・赤岳22

行者小屋や赤岳鉱泉がすごく近くに見えます。
距離より高低差(行者小屋から500M位)が厳しかった~。

八ヶ岳・赤岳23

つづく。


【山歩き】八ヶ岳・・・美濃戸・行者小屋
2012年08月22日 (水) | 編集 |
八ヶ岳・赤岳に登ってきました。

八ヶ岳・赤岳1

今回はちょっと本気で途中でリタイアをしようかと
思いました(-_-;)

まず美濃戸口から未舗装の林道を通って、
美濃戸のやまのこ村さんの駐車場まで行きます。

八ヶ岳・赤岳4

憧れの八ヶ岳!
軽装のトレイルランニングの方が走って行かれました。
すごい。。

八ヶ岳・赤岳5

南沢、北沢の分岐点を行者小屋を目指して南沢を選びます。

八ヶ岳・赤岳6

沢沿いの樹林帯を歩きます。
テントを担いだ単独行の若い女性の方が
さくさく歩いていらっしゃいました。かっこいい♪

八ヶ岳・赤岳7

沢を何度か渡ります。

八ヶ岳・赤岳8

河原が開けて八ヶ岳の山々が見渡せました!
えー、あんな遠くて高そうなところまでいくの・・・?!

八ヶ岳・赤岳9

河原からはわりに平たい歩きやすい道が続くのですが、
歩いても歩いても見えてこない行者小屋、やっと着きました!

八ヶ岳・赤岳11

ふぅう~、コーヒータイム。

八ヶ岳・赤岳10

キャンプ場もあって、一緒に歩いてきた女性の方がテントを張っていました。
八ヶ岳はこれまでの山に比べ、若い山ガールや男性のパーティが
多い印象です。
テントを担いで登るのってすごいです。

八ヶ岳・赤岳12

つづく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。