英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【絵本】A Three Hat Day / Arnold Lobel
2017年03月29日 (水) | 編集 |
A Three Hat Day (Reading Rainbow Book)A Three Hat Day (Reading Rainbow Book)
(1987/06/30)
Laura Geringer

商品詳細を見る
YL:3.5
語数:760

帽子が大好きなPottleさん。
運命の人に出会えるでしょうか。

帽子の種類が学べます☆

R.R. Pottle the Third loved hats.
He loved fur hats
and firemen’s helmets
and felt hats with feathers
tucked in the bands.
He loved top hats
and tiny hats.
He loved silk hats
and straw hats
and sailor hats.
He loved berets
and bonnets
and bathing caps
and bowlers.



【絵本】Prince Bertram the Bad / Arnold Lobel
2017年01月25日 (水) | 編集 |
Prince Bertram the BadPrince Bertram the Bad
(1988/06)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:830

こちらはわがままな王子君が意地悪し放題好き勝手に
暮らしていたところ、ある日間違って魔女に石を当ててしまい。。。

王子様が生まれたときからわがままいっぱいだと大変です。
魔女の助けもいるってものです。

Once upon a time a prince was born.
“Longlive Prince Bertram!” shouted all the people
in the kingdom.
His mother and father, the king and queen,
were very happy and proud.
But Prince Bertram was not a good baby.
In his crib in the royal nursery he cried all the time.
When his mother took him to the park,
Prince Bertram was not friendly to the other babies.
Even before he was old enough to walk,
he had torn up all of the roses in the royal garden.


【絵本】I'll Fix Anthony / Arnold Lobel
2017年01月24日 (火) | 編集 |
I'll Fix AnthonyI'll Fix Anthony
(1999/10)
Judith Viorst

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:840

fixって色々な意味があるんですね。
この本では、
fix:~に仕返しをする、灸を据える、~を懲らしめる、懲りさせる
という意味で使われています。

いつもお兄ちゃんにやられっぱなしの主人公が6歳になったら
どうやって仕返しするか空想して楽しむお話。
兄弟ってそうですよね~(笑)

Mother says deep down in his heart Anthony loves me.
Anthony says deep down in his heart he thinks I stink.
Mother says deep deep down in his heart,
where he doesn’t even know it, Anthony loves me.
Anthony says deep deep down in his heart he still thinks I stink.
When I’m six I’ll fix Anthony.




【絵本】A ZOO FOR MR MUSTER ・ HOLIDAY FOR MR MUSTER / Arnold Lobel
2017年01月23日 (月) | 編集 |
zoo for mister musterZOO FOR MR MUSTER LB
(1962/01/21)
Lobel

商品詳細を見る
YL:1.5
語数:580

動物が大好きで動物たちも大好きな
MISTER MUSTERのお話。

Arnold Lobelの初めての絵本ということですが、
ほのぼの~とした話でした~。

Every sunny day Mister Muster put on his vest
and coat and hat and walked happily along the street
to his favorite place … the park zoo.



a_holiday_for_mister_musterHOLIDAY FOR MR MUSTER LB
(1963/01/21)
Lobel

商品詳細を見る
YL:1.6
語数:550

動物たちが大好きで、無事zookeeperになったMister Musterさん。
ところが動物園の動物たちが風邪をひいてしまいました。

There were sneezes and sore throats at the zoo.
All the animals had very bad head colds.


運動と新鮮な海風が必要、と言うお医者さんのアドバイスに従って、
みんなで海に遊びに行くことにします。



【絵本】The Quarreling Book ・ lucille / Arnold Lobel
2016年11月28日 (月) | 編集 |
The Quarreling BookThe Quarreling Book
(1982/05/12)
Charlotte Zolotow

商品詳細を見る
YL:2
語数:630

It was a rainy gray morning,
and Mr. James forgot to kiss Mrs. James good-bye
when he left for the office.

どんよりした雨の朝、Jamesさんが奥さんに行ってきます、
のキスをするのを忘れたところから、
不機嫌の連鎖が始まってしまいます。
お父さん→お母さん→Jonathan→お姉ちゃん→友達→弟→犬!

But the dog didn’t mind the rain.
She thought Eddie was playing so she put her front paws down
and her hindquarters up and her tail began wagging.
She pounced on Eddie and they rolled over and over wrestling
together until the dog won and sat down on Eddie’s chest
and began licking his face.
This tickled and made him laugh,
and he was laughing so hard that when Marjorie came in
looking for a pencil for her arithmetic homework,
he gave her his best one with a new eraser.


うんうん。
私もわんにゃんのブログにいつも癒されています。
実際に飼ってらっしゃる方はどんなにか!

lucilleLucille
(1997/01/01)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:540

This is Lucille.
Lucille belongs to a farmer.
She pulls the farmer’s plow and works very hard
in the fields.


働きもののLucille.
でも汚れているから悲しいなあ、と
思っていたところ、
またまた奥さんがきれい好きを発揮して、
美しく変身させてくれますが。。。
服とか靴とかがんがん買ってもらっていいなあ。

サンドイッチ



【絵本】On the Day Peter Stuyvesant Sailed into Town ・ Hildilid's Night / Arnold Lobel
2016年10月21日 (金) | 編集 |
on the day peter stuyvesantOn the Day Peter Stuyvesant Sailed into Town
(1987/07)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:940

ピーター・ストイフェサント
「1647年からオランダのニューネーデルラント植民地総督を務め、
1664年にイングランドに暫定的に植民地を明け渡したので、
最後の総督になった。
ニューアムステルダム後のニューヨーク市の初期発展に残した功績が
評価されている。」
ウィキペディアより引用

英語版はこちら。
Peter Stuyvesant

Peter Stuyvesant came to America in the spring of 1647.
He had been appointed Director-General for the Dutch colony
of New Netherland.
Most of the population in the colony was centered in New Amsterdam,
a village located at the tip of Manhattan Island.
The first families settled on the island in 1624.
They were sent there by the Dutch West India Company
to set up a fur-trading post for European markets.


不衛生だった村を怒りん坊のPeter総督が公布を出しまくって、
清潔で発展した町にしていくお話。
実際こんな感じだったのかなぁ、と想像しながら読むと
楽しいです。


Hildilid's Night (Picture Lions S.)Hildilid's Night (Picture Lions S.)
(1975/07/14)
Cheli Duran Ryan

商品詳細を見る
YL:3.5
語数:440

夜が嫌いなHildiliさん、なんとか追い出そうと
戦いを挑みますが。。。
嫌いなものと戦うのは難しいですね(笑)

High in the hills near Hexham there lived an old woman
named Hildilid.
She hated bats and owls and moles and voles(ハタネズミ) and moths
and stars and shadows and sleep, and even the moonlight,
all because she hated the night.


コールデコット・オナー賞。

【絵本】Small Pig ・ The Book of Pigericks / Arnold Lobel
2014年02月14日 (金) | 編集 |
Small Pig (I Can Read Book 2)Small Pig (I Can Read Book 2)
(1988/08/05)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:1.4
語数:800

泥に埋もれるのが大好きな豚くん。
ある日農場の奥さんが家中、庭中の大掃除を始めて。。。
泥に埋もれるのって気持ちよさそうです(笑)

The small pig lives in a pigpen on a farm.
The small pig likes to eat, and he likes to run
around the barnyard, and he likes to sleep.
But most of all the small pig likes to sit down
and sink down in good, soft mud.


The Book of Pigericks: Pig LimericksThe Book of Pigericks: Pig Limericks
(1983/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:3.3
語数:1200

こちらはいろんな擬人化された豚の寓話集。

それぞれ韻を踏んだ5行の詩のような形式になっています。

There was a shy pig by a wall.
Who was frightened when guests came to call.
At the sound of their chatter
His shape became flatter,
Until he was not there at all.

【絵本】Someday ・ THE TURNAROUND WIND / Arnold Lobel
2013年11月28日 (木) | 編集 |
someday1Someday
(1989/10)
Charlotte Zolotow

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:290

かわいい女の子の、
いつかこんなことがあったらいいなぁ~、という
願いが語られていきます。

ほんとにこんなことがあったらいいよね♪

SOMEDAY I’m going to go to school
and everyone will say,
“How beautiful you look today.
I wish I had hair like yours!”

SOMEDAY I’m going to come home and
my brother will introduce me to his friends
and say, “This is my sister.”
Instead of “Here’s the family creep.”

SOMEDAY I’m going to dancing class
and Miss Bird will say,
“Ellen is doing it just right. Everybody watch her.”


turnaround windTURNAROUND WIND LB
(1988/08/04)
Lobel

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:1130

ある気持ちよく晴れた夏の午後、
たくさんの人が野原に散歩にきました。
そこに突然激しい風が吹いて。。。
ごちゃごちゃに!

最初なんでこんなイラストなの?と思っていたら、
さかさま絵本でした!
絵はかなり怖いです(^_^;)

One afternoon in summer, the sky was clear and blue.
The countryside was filled with happy beings.
In every grassy meadow and on every dusty road,
they were walking and talking and taking the air.



【絵本】The Arnold Lobel Book of Mother Goose / Arnold Lobel
2013年01月20日 (日) | 編集 |
The Arnold Lobel Book of Mother Goose: A Treasury of More Than 300 Classic Nursery Rhymes (Treasured Gifts for the Holidays)The Arnold Lobel Book of Mother Goose: A Treasury of More Than 300 Classic Nursery Rhymes (Treasured Gifts for the Holidays)
(2003/02/11)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:12000(概算)

マザーグース306編がArnold Lobelのイラストで
描かれています。

言葉遊び、ナンセンスな詩が多いので、
イラストの力が重要!
マザーグースってなかなか読みこなせませんが、
Arnold Lobelのイラストのおかげでなんとか
この本は読めました。
でもわからない単語も満載っ。
韻は踏んでますねぇ~。

Incey wincey spider climbed the water spout,
Down came the rain and washed poor spider out.
Out came the sun and dried up all the rain;
Incey wincey spider climbed the spout again
p117
English Café 359でも
取り上げられていました~。
English Caféでは"The Itsy Bitsy Spider"

Peter Piper picked a peck of pickled peppers;
A peck of pickled peppers Peter Piper picked;
If Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
Where’s the peck of pickled peppers Peter Piper picked?
p129
学生の時に暗記した早口言葉~。

Monday’s child is fair of face,
Tuesday’s child is full of grace,
Wednesday’s child is full of woe,
Thursday’s child has far to go,
Friday’s child is loving and giving,
Saturday’s child works hard for his living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is bonny and blithe, and good and gay.
p134
私は木曜日生まれなので、「旅に出る」ですが、
曜日に結構差が。。。

Hey diddle, diddle,
The can and fiddle,
The cow jumped over the moon;
The little dog laughed
To see such sport,
And the dish ran away with the spoon.
p173
306編の最後を飾る詩。
ナンセンスさを象徴するような。

Who killed Cock Robin?は載ってましたが、
Ten little Indian boysは見かけなかったような。。。
さすがにブラックすぎですかね。


【絵本】The Rose in My Garden ・ Owl at Home / Arnold Lobel
2012年11月27日 (火) | 編集 |
The Rose in My GardenThe Rose in My Garden
(1993/03/26)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:2.3
語数:819

This is the rose in my garden.
This is the bee
That sleeps on the rose in my garden.

というようにどんどんお花が追加で紹介されていき。。。

花が好きな方に特にお勧めです♪
こうやって文章を追加していけるんですねー。
最後の展開にもどきどきしました。

peony  牡丹
zinnia  百日草
hollyhock  タチアオイ
shudder  身震いする
startle  びっくりさせる
scatter  散乱する
rattle  ガタガタ揺れる
mangle  ずたずたにする
tangle  もつれさせる


Owl at Home (An I Can Read Book 2)Owl at Home (An I Can Read Book 2)
(1982/09/29)
Arnold Lobel

商品詳細を見る
YL:1.4
語数:1491

再読してみました。

冬のお客さんの話
不思議なこぶの話
涙のお茶の話
2階と1階の話
月と散歩する話

ひさしぶりに読んだのですが、
不思議なこぶの話とか強迫性障害に対処する
ヒントのような話だなあ、とか感じました。
おもしろーい。

お家が居心地よさそうで、憧れです

bump:こぶ、はこの絵本で覚えました。