英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Burt Dow, Deep-Water Man 沖釣り漁師のバート・ダウじいさん / Robert McCloskey
2017年01月17日 (火) | 編集 |
Burt Dow, Deep-Water Man (Picture Puffins)Burt Dow, Deep-Water Man (Picture Puffins)
(1989/03/01)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:4.2
語数:3209

Burt Dow is an old deep-water man, retired of course,
but retired or not he still keeps two boats.
One is a dory so old and so leaky that it can no longer be launched.
Burt has painted it red and placed it on the little patch of lawn
in front of his house, overlooking the bay.
He’s rigged it like one of the many ships he’s sailed to
all the corners of all the seven seas.
It’s filled plumb to the gun’ls with earth,
and every summer Burt plants it with geraniums and Indian peas.
The geraniums brighten up the deck,
and the Indian peas climb the rigging and sway this-a-way,
that-a-way, in a smoky sou’wester.



七つの海を航海したBurt Dowじいさん。
ペットのかもめをお供に今日も海へとくりだします。

いやあ、難しかったです。
海関係の知らない単語が続出~。
迫力のカラーイラストを見ていけばストーリーは追えるのですが。
お話も予想を裏切る不思議な展開。
Burt Dowおじいさん&giggling gullがいい感じです。

dory  ドーリー(船) 《北米東岸地方で用いられる小型の平底船》
leaky  漏れ穴のある,漏る,漏りやすい.
patch  一区画.
rig  〈船に〉索具を装備する; 艤装する
rigging  索具 《マストや帆を支えるロープやチェーン類一式》, 艤装
plumb  垂直に; きちんと、《米口語》 まったく,すっかり
sway  揺れる
sou'wester  丈長の防水コート、暴風雨帽
caulk  詰め物をする、〔穴・亀裂・隙間などを〕塞ぐ[コーキングする]
stern 《海事》船尾{せんび}◆【対】bow
giggle  くすくす笑う



スポンサーサイト
【絵本】Lentil ハーモニカのめいじんレンティル / Robert McCloskey
2017年01月16日 (月) | 編集 |
Lentil (Picture Puffins)Lentil (Picture Puffins)
(1978/04/27)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:845


"In the town of Alto, Ohio, there lived a boy named Lentil.
Lentil had a happy life except for one thing
– he wanted to sing, but he couldn’t!
It was most embarrassing,
because when he opened his mouth to try,
only strange sounds came out…
And he couldn’t even whistle because he couldn’t pucker his lips.
But he did want to make music,
so he saved up enough pennies to buy a harmonica. "


2ページに1行なので、ここまでで見開きのイラストが5枚。
蒸気機関車が走っている頃のアメリカ、オハイオの小さな町の様子が楽しめます。

pucker〈唇を〉すぼめる
lentil ヒラマメ,レンズマメ

ハーモニカを手に入れたLentil。
いつでもどこに行くときも吹きまくり♪

"So he played a lot, whenever and wherever he could. "

嬉しくて嬉しくてはまりまくる、っていうのが
なんでも上達するこつですね^^

【絵本】Make Way for Ducklings かもさんおとおり / Robert McCloskey
2013年10月22日 (火) | 編集 |
Make Way for Ducklings (Picture Puffins)Make Way for Ducklings (Picture Puffins)
(1999/02/01)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:1.6
語数:1089

かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)かもさんおとおり (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1965/05/01)
ロバート・マックロスキー

商品詳細を見る


かもの夫婦が子育てに最適の場所を探して、
ボストンにやってきます。

Mr. and Mrs. Mallard were looking for a place to live.
But every time Mr. Mallard saw what looked like a nice place,
Mrs. Mallard said it was no good.
There were sure to be foxed in the woods or turtles in the water,
and she was not going to raise a family
where there might be foxes or turtles.
So they flew on and on.

ボストンで素敵な場所が見つかるでしょうか。

The 20th Century Children's Book Treasury: <br />Celebrated Picture Books and Stories to Read Aloud (Treasured Gifts for the Holidays)The 20th Century Children's Book Treasury: Celebrated Picture Books and Stories to Read Aloud (Treasured Gifts for the Holidays)
(1998/09/14)
Janet Schulman

商品詳細を見る

The 20th Century Children's Book Treasuryの中に収録されていて
読んだことがあったのですが、
もちろん一冊の絵本になっている方がイラストが多くて
迫力があって楽しめます。

かるがもの行進を見たくなりました♪

アメリカのボストンパブリックガーデンには、
このかもの親子の銅像があるんですね!

Caldecott Medal賞受賞作。

【絵本】One Morning in Maine 海べのあさ / Robert McCloskey
2011年12月01日 (木) | 編集 |
One Morning in Maine (Picture Puffins)One Morning in Maine (Picture Puffins)
(1976/09/30)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:2.4
語数:2731
コルデコットオナー受賞

海べのあさ (大型絵本)海べのあさ (大型絵本)
(1978/07/07)
ロバート マックロスキー

商品詳細を見る

Mainの島シリーズ3部作の第2弾?

「Blueberries for Sal」
Blueberries for Sal (Picture Puffins)Blueberries for Sal (Picture Puffins)
(1976/09/30)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
でブルーベリーを摘んでいたSal(作者の長女?!)が
ちょっと大きくなって登場です。

朝起きて歯を磨き始めると、なんだか歯がぐらぐらしている!
朝ご飯を食べてお父さんと港に行けなくなっちゃう!

“Oh, dear!” thought Sal. “This cannot be true!”
Standing on the stool, she looked in the mirror
and wiggled her tooth again.
Sure enough, it was loose! You could even see it wiggle.

“Ma-a-a-ma!” she cried.
“One of my teeth is loose!
It will hurt and I’ll have to stay in bed!
I won’t be able to eat my breakfast
and go with Daddy to Buck’s Harbor!”
She came running down the stairs and into the kitchen.

Salちゃん、お姉さんになったねえ。しみじみ。
なんか「トイストーリー3」に出てきた女の子みたい?

今もまだそのまま面影が残る、という町並が登場します。
↓こちらのサイトにその写真も載っています♪
世界のときがゆきすぎる海辺

カレン・マキナニーの朝食のおいしいB&Bシリーズ
"Murder on the Rocks"
Murder on the Rocks (Gray Whale Inn Mysteries)Murder on the Rocks (Gray Whale Inn Mysteries)
(2006/05)
Karen MacInerney

商品詳細を見る

もメイン州の島を舞台にしていて、
テキサス出身の主人公が島の景色のあまりの素晴らしさに、貯金を
はたいて家を買ってB&Bを開業するところから話が始まるのですが、
ぜひ一度行ってみたい場所です♪

以前アップした記事はこちら↓
MURDER on the ROCKS-A Gray Whale Inn Mystery/注文の多い宿泊客

CLAM CHOWDERも食べたい♪

【絵本】Blueberries for Sal サリーのこけももつみ / Robert McCloskey
2011年11月17日 (木) | 編集 |
Blueberries for Sal (Picture Puffins)Blueberries for Sal (Picture Puffins)
(1976/09/30)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:2
語数:1011

サリーのこけももつみ (大型絵本)サリーのこけももつみ (大型絵本)
(1986/05/26)
ロバート・マックロスキー

商品詳細を見る


ある日、サリーとお母さんは、丘にブルーベリーを摘みにきました。

One day, Little Sal went with her mother to Blueberry Hill
to pick blueberries.
Little Sal brought along her small tin pail and her mother brought
her large tin pail to put berries in.
"We will take our berries home and can them," said her mother.
"Then we will have food for the winter."


摘んでは食べ、むしゃむしゃむしゃ。
kuplink, kuplank, kuplunk!
とバケツに入れては食べ、
むしゃむしゃむしゃ。

ちょうどそのころ、丘の反対側でも
ブルーベリー摘みにある親子が来ていました。。。

ブルーベリー摘みに行きた~い。

あと一歩ってところでいつも機会を逃していて、
行ったことがないのですが、
舌を真っ青にして食べまくりたいです♪

Caldecott Honor受賞作。

ブルーベリーヒルの舞台となった丘ブルーヒルも、
メイン州ペノブスコット湾 Penobscot Bay, Maine,に実在しているんですね!
http://www.geocities.jp/kakejiotto/bravo/0081.html
『One Morning in Maine』も借りてこなくっちゃ♪

【絵本】Time of Wonder すばらしいとき / Robert McCloskey
2011年10月16日 (日) | 編集 |
Time of Wonder (Picture Puffins)Time of Wonder (Picture Puffins)
(1989/06/15)
Robert McCloskey

商品詳細を見る
YL:4.3
語数:2,117

すばらしいとき (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)すばらしいとき (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)
(1978/07/10)
ロバート・マックロスキー

商品詳細を見る


メイン州のペノブスコット湾(penobscot bay)の小島で
夏を過ごす少女たちの日々。

表紙にもなっている二人でヨットを進める姿が
かっこいいです。

英語は難しめ。
子供より大人が子供時代を懐かしむ内容かも。

植物が芽吹くのを観察したり、泳いだり、ヨットでイルカと
併走したり。

嵐のシーンが迫力あります。

Out on the islands that poke their rocky shores above the waters of Penobscot Bay,
you can watch the time of the world go by, from minute to minute,
hour to hour, from day to day, season to season.


1958年度、コールデコット賞受賞作。

porpoise
ネズミイルカ。
小型のクジラ目ネズミイルカ科。
dolphinより短くて平らなくちばし、鋭い歯を持つ。
小型のdolphinが、porpoiseと言われることもある。

PenobscotBay

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。