英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】Letting Swift River Go ・ Roxaboxen / Barbara Cooney
2016年12月07日 (水) | 編集 |
Letting Swift River GoLetting Swift River Go
(1995/09/01)
Jane Yolen

商品詳細を見る

Letting Swift River Go

木々が揺れ、小川が流れ、
時には夜、裏庭の楓の木の元で、
遠くをゆく汽車の汽笛を聞きながら眠った、
蛍がとぶ豊かな土地が、
ボストンの人たちに水を供給するために、
ダムの底に沈むことになります。

The waters from the dammed rivers
moved in slowly and silently.
They rose like unfriendly neighbors
halfway up the sides of the hills,
covering Dana and Enfield,
Prescott and Greenwich,
all the little Swift River towns.
It took seven long years.


以前読んだアメリカが舞台のコージーミステリーでも
ダムに沈んだ街が一時的に水が引いて現れることから
事件が発覚する、というストーリーのものありましたが、
アメリカでも日本でもダムのために水没した街というのは
結構あるのですね。

RoxaboxenRoxaboxen
(2004/04/13)
Alice Mclerran

商品詳細を見る

ROXABOXEN
邦題「すてきな子どもたち」

砂と岩しかない広大な荒野での子供時代。
ROXABOXENと名づけた丘で、
石で街を作り、サボテンで飾り、
お店ごっこをし、時には木の棒でつくった馬を駆って
戦争ごっこをし、豊かな毎日を送ります。

銀座珈琲店

スポンサーサイト
【絵本】Chanticleer and the Fox / Barbara Cooney
2016年10月11日 (火) | 編集 |
Chanticleer and the FoxChanticleer and the Fox
(1900/01/01)
Geoffrey Chaucer

商品詳細を見る

YL:4.5
語数:1,391

THE CALDECOTT MEDAL受賞

This adaptation of the "Nun's Priest's Tale" from The Canterbury Tales

カンタベリー物語の一節。

Once upon a time a poor widow, getting on in years, lived in a small cottage beside a grove which stood in a little valley.
娘二人を村はずれに暮らす貧しい未亡人が飼っている雄鶏と
きつねのお話。

肝心の雄鶏ときつねのやりとりが難しくて、
よくわからなかったのですが、イソップみたいな
感じでしょうか?

二人の娘とお母さんの生活が素敵です♪

焼きプリン無印良品
焼きプリン@Cafe&Meal MUJI



【絵本】Louhi, Witch of North Farm ・ Ox-Cart Man / Barbara Cooney
2013年02月26日 (火) | 編集 |
Louhi, Witch of North FarmLouhi, Witch of North Farm
(1986/10/29)
Toni de Gerez

商品詳細を見る

LOUHI
WITCH OF NORTH FARM
Kalevale
A story from Finland's epic poem the Kalevala

フィンランドの口承詩。

『カレワラ』(『カレヴァラ』) (Kalevala) はフィンランドの民族叙事詩。19世紀に医師エリアス・リョンロート(Elias Lönnrot, 1802年4月9日 - 1884年3月19日)によって民間説話からまとめられた。フィンランド語の文学のうち最も重要なもののうちの一つで、フィンランドを最終的に1917年のロシア帝国からの独立に導くのに多大な刺激を与えたとされている。名称は「英雄の地」の意。
ウィキペディアより引用

今日は何をしようかな、と魔女LOUHI。
窓の外の雪を見て、スキーをすることにします。
Just enough crust for the skis to glide along smoothly.

BARBARA COONEYのイラストにほのぼのして読み進めていくと
突如激しい展開に驚かされます。

Louhi, Witch of North Farm, a tale taken from the
Kalevala, tells of the struggle of light and dark,
the need for order in the primeval world, what happens
when it is disturbed, and how Vainemoinen the Knower and
Seppo the Smith carry out their cosmic task of returning
the sun and moon to their planetary duties.


Ox-Cart Man (Picture Puffins)Ox-Cart Man (Picture Puffins)
(1983/10/27)
Donald Hall

商品詳細を見る

OX-CART MAN
BARBARA COONEY
THE CALDECOTT MEDAL

邦題「にぐるまひいて」

妻と娘と息子と4人で農地で暮らすOX-CART MAN
は10月、一年分の収穫物をカートに積み込んで、
街に売りにいきます。

冬の間は糸を紡いだりメープルを作ったり、
春には羊の毛を刈ったり、
農家の一年が素敵なイラストで楽しめます。

In October he backed his ox into his cart
and he and his family filled it up
with everything they made or grew all year long
that was left over.
10月、
今年、育てたもの、作ったものすべてを
荷馬車に積み込みます。

【クリスマス絵本】Christmas in the Barn / Margaret Wise Brown ・ Barbara Cooney
2012年12月25日 (火) | 編集 |
Christmas in the BarnChristmas in the Barn
(1952/01)
不明

商品詳細を見る
YL:0.5
語数:300

クリスマスの始まりの物語。
幼子と周りを囲む人たちや動物たちのまなざしが
温かいです。

Margaret Wise Brownさん作、Barbara Cooneyさんイラスト
なので、どちらのカテゴリに入れるか悩みますが^^
イラストが美しいのでBarbara Cooneyさんで。

言葉は詩のようで、おごそかな雰囲気が伝わります。

In A big warm barn
In an ancient field
The oxen lowed,
The donkey squealed,
The horses stomped,
The cattle sighed,
And quietly the daylight died
In the sunset of the west.
An a star rose
Brighter than all stars in the sky.

low :モーと鳴く
squeal :キーッという声を上げる
stomp :足を踏み鳴らす


Barbara Cooneyさんがイラストを描かれた
クリスマスの絵本としては
こちらの2冊も素晴らしいです。

以前書いた記事は→こちら
The Story of Holly and IvyThe Story of Holly and Ivy
(1987/11/01)
Rumer Godden

商品詳細を見る
YL:4
語数:7700

以前書いた記事は→こちら
The Year of the Perfect Christmas Tree: An Appalachian StoryThe Year of the Perfect Christmas Tree: An Appalachian Story
(1996/10/01)
Gloria Houston

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:2,468

クリスマスツリー201212_01 クリスマスツリー201212_02

今年のオアゾ&パシフィックセンチュリープレイスのクリスマスツリー☆
素敵なクリスマスでありましたように♪

【絵本】The Year of the Perfect Christmas Tree ・ Island Boy / Barbara Cooney
2011年09月07日 (水) | 編集 |
The Year of the Perfect Christmas Tree: An Appalachian StoryThe Year of the Perfect Christmas Tree: An Appalachian Story
(1996/10/01)
Gloria Houston

商品詳細を見る
YL:4.5
語数:2,468

Barbara Cooneyさんのイラストが素晴らしいクリスマスのお話。

ある春の日、アパラチア山脈の麓に暮らすRuthieは
今年村の教会に飾るクリスマスツリーを、お父さんと
一緒に探しに行きます。

1918年、海の向こうでは大きな戦争が行われています。
この年のクリスマスは決して忘れることないものになります。

最初のページのイラストはブリューゲルの絵を
もう少し明るくしたかのようです。
小さなRuthieの小さな足跡がかわいい


Island Boy (Picture Puffins)Island Boy (Picture Puffins)
(1991/06/01)
Barbara Cooney

商品詳細を見る
YL:3.8
語数:2202

まず、お父さんが無人の島にやってきて、
井戸を掘り、石と木を切って家を作り、
それから、妻と子供達と牛を連れてきて、
みんなで暮らしはじめます。

12人兄弟姉妹の末っ子の少年は島で暮らし、
やがて世界に出ていきます。

こちらもBarbara Cooneyさんのイラストが素敵な絵本です。

【絵本】The Story of Holly and Ivy / Barbara Cooney
2011年09月06日 (火) | 編集 |
The Story of Holly and IvyThe Story of Holly and Ivy
(1987/11/01)
Rumer Godden

商品詳細を見る
YL:4
語数:7700

泣。。。。

クリスマスの前日、身寄りがなく孤児院で暮らすIVYは、
きっとどこかで自分を待っているはずのおばあさんの
ところに行くことにします。

Sometimes in Ivy there was an empty feeling,
and the emptiness ached; it ached so much
that she had to say something quickly in case
she cried, and, "I don't care at all," said Ivy.


IVYがぐっと口を結んでいるところ、
街のクリスマスマーケットの様子、
そしてクリスマスの朝。

BARBARA COONEYの静かなイラストが美しいです。

表紙に書かれている
温かな光に包まれたおもちゃの飾り窓にそっと触れる
IVYの手に伝わる冷たさや、
足の裏の雪の感触まで伝わってきそうです。

In this new edition of a holiday classic,
ということなので、クリスマスの古典なのですね。

【絵本】Hattie and the Wild Waves / Barbara Cooney
2011年09月04日 (日) | 編集 |
Hattie and the Wild Waves: A Story From Brooklyn (Picture Puffins)Hattie and the Wild Waves: A Story From Brooklyn (Picture Puffins)
(1993/07/01)
Barbara Cooney

商品詳細を見る
YL:3.5
語数:2,559

BARBARA COONEYさんのお母さんの
人生をベースに書かれた絵本。

ドイツから移民し、ブルックリンで兄弟と
建築を営む主人公の父親のビジネスが
拡大するにしたがって、
ホテルにサマーハウスにヨット遊びと
どんどん裕福になっていく一家の様子が
素敵なイラストで綴られていきます。

He wanted nothing but the best for Mama.

すごいなあ~。

【絵本】Miss Rumphius ルピナスさん / Barbara Cooney
2011年06月30日 (木) | 編集 |
Miss Rumphius (Picture Puffins)Miss Rumphius (Picture Puffins)
(1985/11/06)
Barbara Cooney

商品詳細を見る
YL:3.3
語数:1248

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話ルピナスさん―小さなおばあさんのお話
(1987/10/15)
バーバラ クーニー

商品詳細を見る

“When I grow up, I too will go to faraway places,
and when I grow old, I too will live beside the sea.”

“You must do something to make the world more beautiful,”
said her grandfather.


大人になったら、
遠くの国に行くわ。
年をとったら、
海の側に住むわ。

3つ目に、
世界をもっと美しくするためになにかをしなくてはならないよ。

図書館で働き、南の国へ行き、高い山に登り、らくだに乗り。
自分の望み、お祖父さんとの約束、3つの願いは叶うでしょうか。

BARBARA COONEYのイラストが素敵です。

他の作品でコールデコット賞を受賞されていますが、
個人的にはこの本が一番好きです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。