英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵本】The Zabajaba Jungle / William Steig
2017年02月14日 (火) | 編集 |
The Zabajaba JungleThe Zabajaba Jungle
(1991/07)
William Steig

商品詳細を見る
YL:2.5
語数(概算):700語

LeonardはZabajaba Jungleの深い森の中を
道を切り開きつつ進んでいました。
なぜここにいるかって?
それはLeonardにもわかりません。とにかく前進あるのみです。

Leonard is slashing at the vines and creepers with his sharp bolo.
He is fighting his way into the Zabajaba Jungle, where, it is said,
no human being has ever penetrated.
Why is he there? He himself doesn’t know.
He just has to push on.


唐突に始まる話ですがジャングルの中を進む様子が楽しいです。
ラストもあまりに唐突な気がしますが。
さすがにもうちょっと続きが読みたい(^_^;)

slash かき分けて進む
creeper つる植物
bolo 片刃の長い大型ナイフ
(long heavy knife with a single edge)
penetrate 突き進む


Laderach2017
今年のバレンタインチョコはレダラッハLäderachにしました♪


スポンサーサイト
【絵本】The Amazing Bone ・Yellow & Pink / William Steig
2012年09月02日 (日) | 編集 |
The Amazing BoneThe Amazing Bone
(2011/07/05)
William Steig

商品詳細を見る
YL:3.3 
語数:1652

It was a brilliant day,
and instead of going straight home from school,
Pearl dawdled.
She watched the grownups in town at their grownup work,
things she might someday be doing.


学校帰りに寄り道して街の人を眺めたり、花の咲き誇る美しい森で
まるで自分が花になったみたい、とうっとりするパール。
突然不思議なものと出会います。

Dawdle ブラブラ歩き回る
Grownup ->grown-up 大人
Pumpernickel ライ麦の黒パン
Cruller クルーラー:発酵させていない生地で作った、ねじった形のドーナツ
Gawk ボケーッと眺める
Gaffer 年寄り


コールデコット・オナー賞受賞作。

Yellow & PinkYellow & Pink
(2003/03)
William Steig

商品詳細を見る
YL:3 
語数:968

とてもとぼけたお話。

天気のいいある日、突然のどかな野原の
古新聞紙の上で目覚めた黄色君とピンク君。
一体全体なんでこんなところにいるのか、
自分たちが誰なのか考え始めます。

“I can’t help wondering,” he went on,
“how we got to be here.
It all seems new and strange.
Who are we?”


哲学的なお話。なのか??

【絵本】Caleb and Kate ケーレブとケイト / William Steig
2012年07月28日 (土) | 編集 |
Caleb and KateCaleb and Kate
(1986/05)
William Steig

商品詳細を見る
YL:2.7
語数:1,873語

いつも不思議な運命に巻き込まれるウィリアム・スタイグ
(William Steig)の主人公たち。

今回試練に会うのは人間です。
人間といえどもうかうかしてられません。
大人なので、子供は自分のことじゃないと見てられるのかな。
話は中年(?)夫婦のけんかの場面から始まります。

Caleb the carpenter and Kate the weaver loved each other,
but not every single minute.
Once in a while they’d differ about this or that
and wind up in such a fierce quarrel
you’d never believe they were husband and wife.

ウィリアム・スタイグの話を読んでいると得る教訓。
ゆめゆめ森や野原で眠ることなかれ。

Calebがある決心をしたところで突然話が進展するところが
さすがな感じです。

Odious いやらしい

【絵本】Gorky Rises / William Steig
2012年06月16日 (土) | 編集 |
Gorky RisesGorky Rises
(1986/09)
William Steig

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1,962 語

両親が出かけるとかえるのGorkyは早速台所のシンクの側の実験室で
魔法の調合を始めます。

怖いけどちょっとこんな経験してみたいですね。
STEIGの本なので、どんな展開が待っているのか、
どきどきしながら読むことになります。
このままで終わるはずないぞ、と(^_^;)

As he tilted the bottle, it made its appearance,
waited on the lip a moment, and let itself fall on Elephant Rock.
とか詩的な表現だなあ。


squirt  (液体の)噴出
witch hazel  マンサク
murky  濁った
attar  花の香水
glint  キラッと光る
pebble  (丸くなった)小石
glittery  光り輝く
prance 跳びはねる


【絵本】Amos & Boris ねずみとくじら / William Steig
2012年06月06日 (水) | 編集 |
Amos & BorisAmos & Boris
(2009/09)
William Steig

商品詳細を見る
YL:3.2 語数:1813

One night, in a phosphorescent sea,
he marveled at the sight of some whales spouting luminous water;
and later, lying on the deck of his boat gazing at the immerse,
starry sky, the tiny mouse Amos, a little speck of a living thing
in the vast living universe,
felt thoroughly akin to it all.


海の近くに住んでいたねずみのアモス。
海が大好きで、とうとう船を作り始めます。

予想外に壮大な話です。
のんびり読んでいたら突然の展開についていけなくて
英語を読み間違えたのかと、何度か同じ行を読み直しました(^_^;)

アモスとボリスの友情のお話。最後がホロリとします。

acorn どんぐり
wheat germ 小麦の萌芽
sextant 六分儀
iodine ヨウ素
akin to ~と同種の
phosphorescent リン光を発する
spout 噴出する
luminous 明るい


【絵本】Doctor De Soto 歯いしゃのチュー先生 /William Steig
2012年05月01日 (火) | 編集 |
Doctor De Soto (A Sunburst Book)Doctor De Soto (A Sunburst Book)
(1990/06)
William Steig

商品詳細を見る
YL:2.5
語数:1114 語

ネズミの歯医者Doctor De Sotoは腕が良く、
毎日患者が引きもきりません。
もぐらやシマリスのような自分と同じくらいの大きさの患者から
豚などの大きな患者、ロバなどの特大の患者までやってきます。

Doctor De Soto, the dentist, did very good work,
so he had no end of patients.
Those close to his own size – moles, chipmunks, et cetera –
sat in the regular dentist’s chair.
Large animals sat on the floor,
while Doctor De Soto stood on a ladder.

ねずみとして猫などの危険な動物は避けなくてはなりません。

Being a mouse, he refused to treat animals dangerous to mice,
and it said so on his sign. When the doorbell rang,
he and his wife would look out the window.
They wouldn’t admit even the most timid – looking cat.

“CATS & OTHER DANGEROUS ANIMALS NOT ACCEPTED FOR TREATMENT”

しかしある日激しい歯痛に苦しむきつねがやってきます。
Doctor De Sotoどうする!

Mole もぐら
Chipmunk シマリス

コールデコットオナー賞。
1983年 The Newbery Medal


【絵本】Spinky Sulks いやだいやだのスピンキー / William Steig
2012年04月30日 (月) | 編集 |
Spinky SulksSpinky Sulks
(2011/01/04)
William Steig

商品詳細を見る
YL:2.5
語数1,003 語

すっかりふくれてしまったSpinky。
お姉さんが謝りに来ても、お兄さんがなだめにきても、
お母さんが生まれる前から愛してるわ、と言っても、機嫌は直りません。

Spinky came charging out of the house and flung himself on the grass.
He couldn’t even see the dandelions he was staring at, he was so upset.
His stupid family!
They were supposed to love him, but the heck they did. Not even his mother.


いい家族だなあ。
私もおこりんぼうなので、一度へそをまげてしまって、
もう普通に戻りたいなあ、と思ってもなかなか落としどころが
見つからなくなってしまうことがあるので、なんか他人事じゃありません。

Maybe these people didn’t know how to behave,
but at least they were trying.
Was it their fault they couldn’t do better?
He wasn’t mad anymore, but he still had his pride.
After all his suffering, how could he just turn around
and act lovey-dovey? That wasn’t his way.
Spinky lay awake wondering how to give in and still keep his self-respect.

sulk 不機嫌になる
charge突進する
fling (身を)投げ出す
heck もうどうだっていいよ!hellの婉曲語。


【絵本】Solomon the Rusty Nail ・ Sylvester and the Magic Pebble / William Steig
2012年04月22日 (日) | 編集 |
以前たまたま手にとったZeke Pippin ジークの魔法のハーモニカ / William Steig
(→記事はこちら)が面白かったので、William Steigの本を読んでみました。

とぼけてる、侮れん、人をくったようなという形容詞が浮かぶお話の数々。

グリムや日本の昔話でも実はこういった怖い目に会う話って
結構あったかも、と思い出しました。
ほのぼのした世界のすぐ隣に地続きに当たり前に存在する恐ろしい世界。

Solomon the Rusty Nail (Michael Di Capua Books)Solomon the Rusty Nail (Michael Di Capua Books)
(1987/06)
William Steig

商品詳細を見る
YL:3.5 語数:1,643

How his poor parents must be suffering, he thought,
not knowing what had become of him.
How miserable they must be without their child.
Ambrose would often stare at him with disgust, but Solomon didn’t mind.
It made him feel less lonesome.
Once, Clorinda looked at him with such pity it made him feel like crying.
But she was only thinking what a pity it was for a perfectly good dinner
to be stuck in the wall.


ひぃ~ユーモアが高度すぎる。

ある日突然さびたくぎ(!)に変身できることに気付いたうさぎのソロモン。
家族や友達をだまして楽しんでいましたが、
だんだんそんなことも忘れて過ごしていたある日、
野原で蝶採集中につかまってしまいます。

それぞれ平和な世界のすぐ隣に猫とウサギという食うものと食われるものが
一緒に住んでいて、繰り広げられる悲喜劇。
アフリカのサバンナに住む草食動物と肉食動物の共存ってこんな感じ?(違います)。

Sylvester and the Magic Pebble (Aladdin Picture Books)Sylvester and the Magic Pebble (Aladdin Picture Books)
(1987/04/02)
William Steig

商品詳細を見る
YL:3.5 語数:1404

Sylvester Duncan lived with his mother and father at Acorn Road in Oatsdale.
One of his hobbies was collecting pebbles of unusual shape and color.
On a rainy Saturday during vacation he found a quite extraordinary one.
It was flaming red, shiny, and perfectly round, like a marble.
As he was studying this remarkable pebble, he began to shiver,
probably from excitement, and the rain felt cold on his back.
“I wish it would stop raining,” he said.


珍しい石を集めるのが趣味のロバのシルベスタ。
ある日河原で素晴らしく丸い大理石のような赤く輝く石を見つけます。

ひぃぃ~、恐ろしい話ですね!とりかえしのつかないことをしてしまう恐ろしさ、とか、
とてつもない幸運にひそむ同じだけ負の方向に向いているリスク、
とかが味わえる話です。
なんかこの状況どっかで読んだ様な気が。カフカ?

コールデコット賞受賞作。

【絵本】Zeke Pippin ジークの魔法のハーモニカ / William Steig
2012年03月28日 (水) | 編集 |
Zeke PippinZeke Pippin
(1997/05/22)
William Steig

商品詳細を見る
YL:3.7
語数:1260

翻訳版は
「ジークの魔法のハーモニカ」

Moseying down his street one morning,
Zeke Pippin found a harmonica.
He didn’t exactly find it.
It fell at his feet from a garbage wagon
that happened to be rumbling by.
That piece of garbage changed his whole life.

mosey  ぶらぶら歩く
rumble by ゴトゴト音を立てて通り過ぎる


ある日、車から落ちてきたハーモニカを拾ったZeke Pippin。
この出会いが彼の一生をすっかり変えてしまうことになるとはっ!

どんどん進んでいくストーリー。
後半思いがけない展開もあって目が離せませんっ。
とぼけているけど結構シビアな不思議な魅力のある話です。

隠れた(私が知らなかっただけか)名作なのでは?!
と思っていたら、
ウィリアム・スタイグ(William Steig)さんって、
映画『シュレック』の原作を書いた人なんですね。

そういえば「ゆうかんなアイリーン」
面白かった記憶があります(ちょっとうろ覚え(^_^;)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。