英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
実践 日本人の英語 / マーク・ピーターセン
2013年10月06日 (日) | 編集 |
実践 日本人の英語 (岩波新書)実践 日本人の英語 (岩波新書)
(2013/04/20)
マーク・ピーターセン

商品詳細を見る

**関連記事**
日本人の英語 /マーク ピーターセン
続・日本人の英語 / マーク ピーターセン
続・日本人の英語 2/ マーク ピーターセン
********

たどたどしい英文から脱却するヒントが満載で、
とても勉強になる本です!
著者の何年もの日本人の英文を添削してきた経験に基づいて、
日本人英語特有の間違いがポイントを絞って、的確に指摘されていきます。

日本語に引きずられた英文を書いちゃうんですよね。
soとかthese daysとかcouldとか、まさに本書で指摘された
とおりの間違いをしていました!

ピーターセンさん独特のユーモアもあって、
苦笑から後半は笑いが止まらなくなりました^^;

日本人の英語」「続・日本人の英語」も素晴らしい本ですが、
難しくてまだまだ消化しきれていないのに比べると
この最新刊はもう少しわかりやすいように感じました。

引用が大変なので抑えたつもりですが、それでも付箋が膨大に^^;

勉強のためにメモを書いたのですが、未読の方はまずはぜひ
ピーターセンさんの素晴らしい最新刊を直接読まれることを
お勧めします(^o^)/

◆以下メモ付き引用
(元の本は、最初に問題が含まれている英文の提示、
しばらくしてから正しい英文の紹介、という流れになっているので、
以下のメモは、ネタバレしています)

→ 続きを読む
Time for Kids Ready, Set, Write!: A Writer's Handbook for School and Home
2012年03月07日 (水) | 編集 |
Time for Kids Ready, Set, Write!: A Writer's Handbook for School and Home (Time for Kids Writer's Handbook)Time for Kids Ready, Set, Write!: A Writer's Handbook for School and Home (Time for Kids Writer's Handbook)
(2006/05/23)
Editors of Time for Kids Magazine

商品詳細を見る
YL:3
語数:8560(概算:100*107p*0.8)

“Time for Kids” の編集者によって書かれた、
子供向けの文章の書き方についての本です。

カラフルで楽しい工夫があちこちにされつつ、
ライティングの基本はきちんと押さえてあります。

トピックごとに書いてみよう:Try This! に従って、
実際に自分で書きながら進めることが出来ました。

準備→草稿→レビュー→編集と校正→発表 
と段階を追って、具体的な文章を紹介しながら、
説明してくれます。

最後にHomework Helperとしてサンプルが11ついています。

ライティングについて基本をきちんと確認してみよう、
という方にお勧めの本です♪

↓この本を参考に英作文の書き方について
まとめてくださっているページがありました。
英作文の書き方 基礎の基礎

◆◆以下引用メモ◆◆

◆ライティング手順
Steps in the Writing Process
1.Prewriting -
 Choose a topic. Then plan and organize
 what you are going to write about.
2.Drafting -
 Write your ideas down in a rough draft, or first copy.
3.Revising -
 Get other readers’ responses through sharing and reflecting.
 Make changes to improve your draft.
4.Editing and Proofreading -
 Find and fix any mistakes.
5.Publishing –
 Write your final copy and shore it with others.
P6

◆ニュース原稿の基本
The 5 Ws and H of a News Story
WHO or WHAT is the story about?
WHAT happened?
WHERE did the event take place?
WHEN did the event take place?
HOW did the event happen?
WHY is this event important?
P38

◆説得力のある文章を書くために
Writing to Persuade
Start by choosing a topic you really care about.
State your opinion or tell readers what you want them to do.
Give reasons why you think that way.
Be sure to include facts and examples that support your reasons.
At the end, state what you want others to do and
summarize the reasons why.
文章の構成
Purpose
Reason
Example
Summary
P44

◆Word Poems
Stars
Specks of
Twinkling lights
Always there
Ready to brighten the
Sky each night.
P52

◆書き出しは印象的に
Is the Beginning Strong?
Write a Catchy Opening.
Begin with a question
 Have you ever wondered how snowflakes form?
Begin with a quotation
 “That’s just about the weirdest thing I’ve ever seen!” Rick cried.
Begin with a description
 Three tiny balls of fur nuzzled against my cat Franny.
P56

◆センテンスは順番通りになってますか?
Are the Sentences in Order?
Time Order Words
One way to organize your writing is by using time order clues.
Words such as first, next, then, and finally can help readers
understand how events take place.

◆パラグラフを書いてみましょう
Writing a Paragraph
Parts of a Paragraph
When you write a paragraph, include a topic sentence
that tells the topic and main idea.
Then add detail sentences that support the main idea.
End with a closing sentence that makes your paragraph sound
and feel complete.
Topic sentence
Supporting detail sentences
Closing sentence
P69

◆校正する場合に
Tips for Proofreaders
Before you proofread, set your writing aside for a couple of hours.
 You will be more likely to catch mistakes if you take a break
 and return to your writing later with a fresh mind.
Read aloud what you have written.
 This is a great way to “hear” whether your writing makes sense.
Share your writing. Have a partner, friend,
 or family member read your work.
 Ask them to comment on things they like and things you might do better.
P77

校正の際に記号ってあるんですね。
P76

◆校正の際のチェックリスト
Proofreader’s Checklist
I wrote complete sentences
I indented all paragraphs
I used capital letters correctly
I checked my writing for errors in punctuation
I checked my writing for misspelled words
I made a neat final copy of my writing
P78

◆サンプル集:Homework Helper
Personal Narrative
Persuasive Essay
Compare and Contrast Essay
Research Paper
How-To Article
News Story
Oral Report
Biography
Book Report
Business Letter
Poem
P85-


英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ /遠田 和子、岩渕 デボラ
2012年02月11日 (土) | 編集 |
英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ英語「なるほど!」ライティング―通じる英文への15ステップ
(2007/09/05)
遠田 和子、岩渕 デボラ 他

商品詳細を見る


「通じる英文」を書くことを目標に、
日本人とNative speaker of Englishの翻訳者の方お二人の共著で、
英語ライティングの基本から解説してくださっている本です。

ポイントは3つ
Clear「明解」であること
Concrete「具体的」であること
Confident「自信」を持つこと

センテンスの組み方から始まって、最後はメールを書くところまで、
段階を踏んでライティングの基本が書かれています。
各章の終わりにExercisesがあります。

エッセイの基本PREP手法についても章が割かれていますが、
ビジネス文書、メールなど、ビジネス系の文章を書くことに主眼が置かれていて、
仕事で英文を書くことが必要な方にはとても役に立つ情報が満載の本です。

読むだけならそれほど負荷のかからない本だとも思うので、
ライティングの最初の一冊としてもいいと思います。

私は、Exercisesだけでは練習量が少ないと感じたので、
提示されている例文を日本語を見て英語に直していったのですが、
いかに自分が文章を書けないか思い知らされました。
スペルは間違う、冠詞、定冠詞はぼろぼろ、
三単現のsなども落としまくってしまいました。

読みながら付箋を張りまくったのですが、購入した本なので、
再読時にでも、ぽつぽつ付箋箇所の引用を追記していきたいと
思います。

同じ作者の下記の本もおもしろそうです。
e リーディング英語学習法 : アマゾン、グーグルから電子デバイスまでe リーディング英語学習法 : アマゾン、グーグルから電子デバイスまで
(2011/03/24)
遠田和子、岩渕デボラ 他

商品詳細を見る



Google 英文ライティング: 英語がどんどん書けるようになる本
2011年08月06日 (土) | 編集 |
Google 英文ライティング: 英語がどんどん書けるようになる本Google 英文ライティング: 英語がどんどん書けるようになる本
(2009/12/09)
遠田和子

商品詳細を見る


「フレーズ検索」と「ワイルドカード検索」を使用した
Google検索で、英文を作成、推敲するテクニックと
明確な英文を書く方法について書かれた本です。

あまり英文を書いたことのない人向けに、
Googleを使ってライティングをするコツが、
具体的なシチュエーション、例文を利用して、
丁寧に説明されています。

実際に英文を書かなければいけない状況に
追い込まれた人に使える本だと思います。

Google 英文ライティング


以下参考になったところを引用します。
→ 続きを読む