英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語多読 1700万語
2016年12月30日 (金) | 編集 |

多読を始めてから、毎年100万語以上は
読んでいたのですが、
一昨年は英検の2次試験、
昨年は通訳案内士の勉強を
していたこともあって、
直近の100万語には2年以上も
かかってしまいました。

読んだ冊数は202冊。

この数からわかるように、
絵本がメインで、
ちゃんとした本はほとんど読んでないのですが、

印象に残っているものをあげると、

・Who was シリーズ23冊
・「英語で読む村上春樹」や「The New Yorker」のサイトで読んだ村上春樹の短編
・不思議の国のアリス&鏡の国のアリス
・周期表が作られるまでの人々の奮闘「The Mystery of the Periodic Table」

といったあたりでしょうか。

おすすめ本として以下の3冊をあげておきます。


Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage (Vintage International)
Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage (Vintage International)Haruki Murakami Philip Gabriel

Vintage 2015-05-05
売り上げランキング : 1320


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

YL:6
語数:84,000


Alice's Adventures in Wonderland HTML Edition (English Edition)Alice's Adventures in Wonderland HTML Edition (English Edition)
Lewis Carroll

2012-05-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

YL:6.5
語数:25,000


The Mystery of the Periodic Table (Living History Library)The Mystery of the Periodic Table (Living History Library)
Benjamin, Ph.D. Wiker Jeanne Bendick Ted Schluenderfritz

Bethlehem Books 2003-05
売り上げランキング : 78544

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

YL:6
語数:28,452


うーん、見事にレベル6までの本しか読めてませんね。
スピーキングやライティングを意識し始めると、
簡単なことも正しく書いたり話したり出来ない事実を
突きつけられるので、
どうしても読むほうも簡単なものになってしまい。。。
(言い訳)

最近、「楽なことしかしていないとそのレベルで上達が止まる」
という書き込みを読んで、
まさにその通りだなあと打ちひしがれる私。。。

私より後に多読を始められてもう何千万語も読まれていたり、
最近本格的に勉強を始められて、私なんか遥かに及ばないレベルに
上達されていたり、
努力されている方は確実にしっかりとした実力を身につけられていて
ほんとすごいです。

私もせめて来年はもう少しちゃんと本が読めるといいなあ。

クラーナハ展2016
『クラーナハ展―500年後の誘惑』
独特の怪しい魅力をまとった美女達に会えます。

国立西洋美術館で、
2017年1月15日(日)まで開催中。


スポンサーサイト
英語多読 1400万語通過しました~
2013年07月12日 (金) | 編集 |
英語多読 1400万語通過しました~ヽ(^o^)丿

ほぼ同じ位の年数、または、ほぼ同じ位の語数を
読んでいらっしゃる方たちは、ばりばり大人向けPBを
読んだり聴いたりされているのに、
私は絵本~とか児童書~(それも簡単なもの)が
メインで、とほほ感がぬぐえないのですが、
(じゃあ読めよ^^;)
それにしても最近読みやすい本を読んでいるなあ、と
いうことで、これまで100万語ごとに読んだ本の冊数を
カウントしてみました~。

1400万語通過 冊数推移表

ほらほら、最近冊数が増えている~。
(ちなみに1400万語通過時の合計は1482冊。)

絵本のいいところは、
・ただ(図書館で借りる場合)
・絵が記憶を強化する
・結構あなどれない内容のものも多い
・言葉が洗練されている
などなど枚挙にいとまがありませんが、

英語の学習としてみた場合、
簡単な本を沢山読むといい、といってもたぶん子供は
同じ本を繰り返し繰り返し覚えるまで読み込むことが
多いと思うので、
私のように一度読んだらはい次の本、というのは、
言葉が染み込むまでにはなっていないような気もするんですよね。
1冊5分位で読めちゃうものも多いので、それほど英語に浸る時間が
長いわけでもないし。

1000万語以上読んでもこの程度かあ~、というのは
私自身忸怩たる思いがあるし、
大学生のとき「くまのプーさん」が読めなくてショックだった
ぐらいなので、もともとレベルが低い、というのもあると思いますが、
(でも「くまのプーさん」は結構難しい本という評価も)
うーん、まあ簡単な洋書を読むのは趣味なので、
あんまり周りを気にせず(といっても気になっちゃうんだけど)
楽しー好きーおもしろーい、という自分の気持ちを第一に、
あくまで「趣味」として楽しんでいく、ってことですかね。

うーん、もうちょっとなんかハマれるシリーズとかがあると
いいんだけどな。
主人公がつらい目にあう話が苦手なので、そうなると多くの
小説が対象から外れることに。。。
抱腹絶倒ものとか読みたいけど、笑いってかなりの英語力を必要と
されることが多いしー。
ノンフィクション系が読めるように少し勉強するかあ。
ん?なんかさっきの宣言?と矛盾してますけど^^;

2011年に読んだ洋書PB
2012年01月05日 (木) | 編集 |
2011年に読んだ洋書PBは合計20冊。
こうしてリストアップ(順不同)して改めて見てみると、
お薦めの本を選んで読んでいるだけあって、
どの本も面白かったです!

◆村上春樹
Kafka on the shore
Kafka on the ShoreKafka on the Shore
(2005/10)
Haruki Murakami

商品詳細を見る


◆カズオ・イシグロ
a pale view of hills
A Pale View of Hills (Faber Firsts)A Pale View of Hills (Faber Firsts)
(2009/05/07)
Kazuo Ishiguro

商品詳細を見る

when we were orphans
When We Were OrphansWhen We Were Orphans
(2005/03/03)
Kazuo Ishiguro

商品詳細を見る


◆コージーミステリー
Ginger bread cookie murder
Gingerbread Cookie MurderGingerbread Cookie Murder
(2011/09/27)
Joanne Fluke、Laura Levine 他

商品詳細を見る

mistletoe murder
Mistletoe Murder (Lucy Stone Mystery)Mistletoe Murder (Lucy Stone Mystery)
(1998/12)
Leslie Meier

商品詳細を見る

on what grounds
On What Grounds (Coffee House Mystery)On What Grounds (Coffee House Mystery)
(2003/09/02)
Cleo Coyle

商品詳細を見る



◆ノンフィクション・エッセイ
a little history of the world
A Little History of the WorldA Little History of the World
(2008/10/07)
E. H. Gombrich

商品詳細を見る

cheeseburgers
チーズバーガーズ―Cheeseburgers 【講談社英語文庫】チーズバーガーズ―Cheeseburgers 【講談社英語文庫】
(1997/04/01)
ボブ・グリーン、Bob Greene 他

商品詳細を見る


◆小説
the time traveler's wife
The Time Traveler's WifeThe Time Traveler's Wife
(2010/03)
Audrey Niffenegger

商品詳細を見る

enchanted, inc
Enchanted, Inc.: A NovelEnchanted, Inc.: A Novel
(2005/05/31)
Shanna Swendson

商品詳細を見る

early autumn
Early AutumnEarly Autumn
(1992/04/05)
Robert B. Parker

商品詳細を見る


◆古典?
daddy-long-legs
Daddy-Long-Legs (Puffin Classics)Daddy-Long-Legs (Puffin Classics)
(1995/07/01)
Jean Webster

商品詳細を見る

the seacret garden
The Secret Garden 100th AnniversaryThe Secret Garden 100th Anniversary
(1998/03/06)
Frances Hodgson Burnett

商品詳細を見る

grimms' fairy tales
Grimm's Fairy Tales (Puffin Classics)Grimm's Fairy Tales (Puffin Classics)
(2011/03/17)
Grimm Brothers

商品詳細を見る


◆ロイス・ローリー:Lois Lowry
gathering blue
Gathering Blue (Readers Circle)Gathering Blue (Readers Circle)
(2002/09/10)
Lois Lowry

商品詳細を見る

messenger
MessengerMessenger
(2006/01/24)
Lois Lowry

商品詳細を見る


◆アレックス シアラー:Alex Shearer
the great blue yonder
The Great Blue YonderThe Great Blue Yonder
(2002/04/12)
Alex Shearer

商品詳細を見る


◆ミッチ・アルボム:Mitch Albom
the five people you meet in heaven
The Five People You Meet in Heaven [ラフカット]The Five People You Meet in Heaven [ラフカット]
(2006/03/01)
Mitch Albom

商品詳細を見る

for one more day
For One More DayFor One More Day
(2007/02/24)
Mitch Albom

商品詳細を見る

tuesdays with morrie
Tuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest LessonTuesdays With Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson
(1998/12/29)
Mitch Albom

商品詳細を見る


YL6前後のものが多いので、
どの本も読みやすいと思います。

児童書はPBに入れていいのかどうか
迷ったんですが、まあ、見た目PBっぽいものは
入れてみました(^_^;)

今年はちょっと勉強に注力したいので、
20冊も読めるかな。

アレックス シアラー:Alex Shearer
が面白かったので、さらって読みたいんですけど、
図書館にないんですよね。
ブックオフに出てこないかなあ。
キンドルを復活させるか。

昔TOEIC900点台後半の知り合いに秘訣を聞いたところ、
シドニー・シェルダンを読みまくった、
といっていたのですが、
今家にちゃくちゃくとアマゾンから届いているんですよね(^_^;)
もうすぐ全巻揃いそう・・・。

結構時事問題+何ページかごとにお約束シーンが挟まれる、という
話なので、それを楽しみに読んでみようかどうしようか。

まあ、今年もあまり無理せずに絵本や児童書など簡単な本をメインに
いつの日かPBがさくさく読めるようになる日を夢見て、
楽しく継続させていきたいと思います♪
Happy Reading♪

英語多読 1200万語通過しました~
2011年12月28日 (水) | 編集 |
『When We Were Orphans わたしたちが孤児だったころ』で
英語多読 1200万語通過しました。\(^o^)/

When We Were OrphansWhen We Were Orphans
(2005/03/03)
Kazuo Ishiguro

商品詳細を見る


この本、半分しか英語で読んでいないので、
ちょっとずるっぽいんですけど、まあまあ。

ちょうどprincessmiaさんからコメント欄で
以下の質問をいただきましたので、考えてみました。

> 多読を続けるうちに何か変化を感じるようになりましたか?
> それはいつ頃のことでしょうか?

SSSの掲示板に500万語達成した時に報告したものが
あるので、まずそちらを引用してみます~。

**********引用始まり**********
約3年ほどゆっくり多読を楽しんでいるのですが、
最近夫婦でペーパーバックがなんとなく
読めるようになってきました。
その経緯が夫婦でまったく違っていて面白いので、
ちょっと報告します。

私としてはまだ130万語ほどしか読んでいない
+1年のブランクがあったのに、突然読めるように
なった夫パターンが驚きです。
私は500万語近辺でやっと読めるようになったのにぃ~。

◆夫の場合

2005.4-6  110万語 GR / Who wasシリーズなど
2005.7   TOEIC 以前受けた時と点数が10点も変わらずショック!
2006.11   Ron RoyさんのA to Z + Capital Mysteriesコンプリート
2007    多読のおかげで日本語の本を3倍のスピードで読めるように!
       (平均100冊/年 -> 320冊/年)
2008.1   Great Salesman in the world が日本語では1万円ほどするのが
       英語では700円!
       この本を読むために多読再々開/ OG MANDINOの著作 / GR6

100万語→1年休む→20万語→1年休む→ペーパーバック

◆妻の場合

2005.1-3  100万語 ほぼGRのみ
2006.1   350万語 GR/who was/DELTORA/A to Z/Jacquline Wilson
2007.1   450万語 Never let me go/Encyclepedia Brown
2008.1   550万語 Judy Moody/Joanna Fluke

1年多読にのめりこむ(350万語)→100万語/年のペース*2年→ペーパーバック

最後に私(妻)が最近読んだ本でお勧め本etcを
紹介します。

◆心を揺さぶられた本
Walk Two Moons / Sharon Creech著
・最近読んだなかでダントツでお勧めです。
 途中までは普通に楽しんでいたのですが、
 ラストあたりになって衝撃を受けました。

Never Let Me Go /Kazuo Ishiguro 著
・まず日本語で読んだのですが、英語の方が
 ゆっくり読むので(?)心に迫りました。
 泣きます!

◆お勧め本
Tokyo Wonderland/ Kay Hetherly 著
・気楽に読める女性が書いたエッセイ、という
 のが好きなので、それが英語で楽しめるなんて
 2度おいしいです。

Takes and Mistakes/ Kate Elwood 著
・同様に女性が書いたエッセイ。
 電車で読んで笑いが止まりませんでした。

Blind Willow, Sleeping Woman/Haruki Murakami著
・村上春樹さんの短編集。

**********引用終わり**********

◆現在の夫
580万語あたり。
300万語ぐらいからPBをメインに読み始めて
440万語過ぎたあたりからはほぼPBオンリー
だそうです。
サリンジャーとか読んでましたが、難しい~、といって
今はシドニィ・シェルダンにハマって
読みまくっています。

もともと本を読むのが好きな人で、
日本語の読書を年間100冊以上は読んでましたが、
英語の多読を初めて、日本語の本が早く読めるようになったらしく、
今は日本語の本500冊以上英語の本20冊以上、といったペースで
読んでいるそうです。
仕事が忙しい人なのに感嘆します。
(おかげでいつ見ても夫は本を読んでいる気がします。
時には私の話も聞いて!ぷー。)

毎年年末に近付くとこのままではいかん、という気になるようで、
冬の何か月間だけ洋書読みになるみたいです。
わかりやすい・・・?

◆現在の妻
> 多読を続けるうちに何か変化を感じるようになりましたか?
> それはいつ頃のことでしょうか?

うーんうーん、これまでの経緯を細かく分析してみないと
よくわかりませんが、
(えっ、それがこの記事の目的だったんじゃあ?!(^_^;))

ぱっと思い浮かぶものとしては、
TOEICの長文問題が怖くなくなったことですかね。
多読前後でTOEICの点数そのものはあんまり変わっていないのですが、
多読前は長文が全然読めない、という印象がありました。
ものすごく当たり前の感想ですね(汗)
いつ頃、というのも、
TOEICはずっと受けていなかったので、800万語超えたあたりから、
ということになってしまいます。

多読は趣味として、付かず離れず続けてきたのですが、

・9割程度理解できるものを
・少なくとも毎年100万語

というのをどこかでちらっと読んだことがあって、
図らずもこれを継続してきたので、ある程度の英語力は
キープすることができているのでは、と思いますが、
自分が英語が出来るとはいつまでたっても言えないなぁ~、
というのが正直なところです。

約1年ほど前から英語の力をつける必要が生じて、
ひさしぶりに受けたTOEICが800点を下回っていたし。。。
(公式本4冊1周はやったのに!)

・3000万語
・PB50冊
を達成すると一皮むける、というのを聞いたことがあるので、
次の中期目標にしたいと思っています。
勉強もしつつ。。

なかなか手が出ないのですが、英語力UPには
たぶん多聴がすごくいいと思うので、
どこかのタイミングでやり始めないとなあ、
とも思っているのですが。

最初の質問をもう一度考えてみると、
英語の文章(記事系)を読む必要がある場合、

・800万語前後で、3倍の集中力+3倍の時間
・1200万語前後で、2倍の集中力+2.5倍の時間

が必要な気がする、って感じでしょうか。

多読を始める前にNHK語学講座で結構真面目に
勉強したので(TOEIC875、準一級取得)、
語数と影響は個人差が激しいとは
思いますが、よかったら参考にしてください。

私はもともと英語が苦手で、大学時代は全然できませんでした。
(「クマのプーさん」が難しくて全然読めずショックを
受けた記憶があります)
大学生のときにすでに英仏100万語達成されているprincessmiaさんの
未来は明るいです!

どんな方法でも、とにかくはまれされすればOKということなので、
お互い楽しい読書が継続できたらいいですよね♪

1000万語通過しました\(^o^)/
2011年02月04日 (金) | 編集 |
2004/12/5
に多読を初めて
2011/02/04
6年2カ月、830冊かけて、
ついに英語多読1000万語達成しました~\(≧▽≦)/

多読手帳

わーい。ぱちぱちぱちぱち~(≧▽≦)

いやあ、長かった~!
最初の1年で300万語通過して以来、ほぼ毎年100万語のペース。

ときには何カ月も読まないこともありつつ、よく継続出来ました(自画自賛(*^_^*))
それほど本の虫、というわけでもない私が継続出来たのは、

・本も読めるし英語の勉強にもなるし一石二鳥~♪というお得感
・物語の力
・少しづつ難しめの本が読めるようになっていく面白さ
・特に最初は薄めの本が多いので、一冊読むごとに味わえる達成感
・GRや英語の本を購入するのがストレス解消
・洋書が読めるという喜び

といったところでしょうか。

1000万語通過本はkindleで初めて読了した
Joanne Fluke, Laura Levine, Leslie Meier による中編集
Gingerbread Cookie Murder (Lucy Stone)

kindle

1000万語通過本を何にしようかなあ、と楽しく悩んでいたのですが、
去年のクリスマスプレゼントにkindleをもらったこともあって、
kindle本になってしまいました(*^_^*)

いやあ、読みやすいですkindle。
kindleでダウンロードしてきた本の中で、一番読みやすかった本が
通過本になりました。

それにしても、英語多読を始める前、
何年かNHKのラジオ語学講座を聞きこんで、
かなり英語に慣れた状態から多読を始めたのですが、
1000万語通過時のレベルは、なんとかコージーミステリーが楽しめるかなぁ、
という程度なことを思うと、洋書が読めるようになるのはなかなか難しいですね。

毎年100万語というゆっくりしたペースでは、とりあえず自分が持っている
英語力キープ、という感じなのかもしれません。

多読の先輩方のブログなどを読ませていただいていると、
多聴も取り入れることによって、飛躍的に英語力がアップした、という報告も
見られるので、いつかは多聴も始めなくっちゃなあ、と思いつつ、
kindleも手に入ったことだし、

・楽しむ♪
・好きなものを好きなように読む♪
・マイペースマイペース♪

という基本に忠実に、細く長く続けていけたらなぁと思います\(^o^)/

Gingerbread Cookie Murder (Lucy Stone)Gingerbread Cookie Murder (Lucy Stone)
(2010/09/28)
Joanne Fluke、Leslie Meier 他

商品詳細を見る


英語多読 900万語通過
2010年10月19日 (火) | 編集 |
DON'TS FOR WIVES で英語多読 900万語通過しました。\(^o^)/

Don'ts for WivesDon'ts for Wives
(2008/04)
Blanche Ebbutt

商品詳細を見る

DON'TS FOR WIVESは、1913年発売だけあって、
ちょっと古い言葉を使っているのか、
わかりずらい言葉も多くて、
訳していくにあたって辞書ひきまくりです。

まだまだ語彙が足りないなあ。

そろそろ1000万語も視野に入ってきたのに、
ばりばりPBが読めるようになっていないのが、
悲しい。。。

ずっと読もうかなぁと思ってなかなかとりかかれなかった
Chicken Soup for the Soul
を3冊前に読んだのだけど、
この本がわからないところもかなりありながらも、
まあまあ読める、っていうぐらいの実力。

Chicken Soup for the Soul: 101 Stories to Open the Heart and Rekindle the SpiritChicken Soup for the Soul: 101 Stories to Open the Heart and Rekindle the Spirit
(2001/07)
Jack CanfieldMark Victor Hansen

商品詳細を見る


100万語を知る前にもネット上の英語の悩み相談が好きで、
結構読んでいたことを思うと、
毎年100万語を読むペースでは、
現状維持なのかなぁ。

3年位前の時点で、
英語の文章の場合は日本語の3倍の集中力と3倍の時間がかかる、
と感じたのだけど、
まだ2倍にまでなってない気がするし。

でも単純に、
英語で読むのが面白い
から、続けているんだしね。

お祝いに美味しいケーキでも食べに行こうっと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。