英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイコク人ニッポン体験記 Jon's Chopsticks (ラダーシリーズ Level 3) / レベッカ・ミルナー
2017年04月15日 (土) | 編集 |
ガイコク人ニッポン体験記 Jon's Chopsticks (ラダーシリーズ Level 3)ガイコク人ニッポン体験記 Jon's Chopsticks (ラダーシリーズ Level 3)
レベッカ・ミルナー

IBCパブリッシング 2012-01-26
売り上げランキング : 176589

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:3
語数:12,458

日本に滞在している欧米人に日本で経験したあれこれを語ってもらったエッセイ集。

ステレオタイプというかかなり極端な感じもしましたが、結構面白かったです。

According to Ashley, Japanese people always ask her the same questions. These question are "Where are you from? How long have you been in Japan? Why did you come here? And, when are you going back to your country?"
This last question she finds a little rude. "Are people trying to tell me to go home?" she wonders.

p12
なるほど。

The more you understand about the culture, the more rules you start to notice,"

p13
確かに。

an American would get mad at the waiter for not understanding. Only a Japanese person would get mad at himself instead,

p29
ウェイターが理解してくれないときにアメリカ人はウェイターに腹を立てるが日本人は自分に腹を立てる、と。

"At first, I started leaving it just when I went to the bathroom. But now I put my computer bag on the table --- to claim a seat --- and leave it there while I go to the counter to order."

p41
そしてどんどん実験?がエスカレートしw

This time he "casually" dropped three 10,000 yen notes.

p45

Sarah thought about the "finder's keepers" rule in America. This unofficial rule means this: if something small (like a pack of cigarettes) is lost, whoever finds it can keep it.

p44
ほほぉー。

What is the hardest thing for Sophia about living in Japan --- even now that she has a good career and good friends? She would say the attitude of "There's nothing that can be done."

p55
There's nothing that can be done.=仕方がない

If she accidentally made eye contact with a guy, he would soon get the wrong idea and come over. But in these Japanese clubs, she felt very free.

p59
まじか。それは大変かも。若くて美人に限る?

"Western guys who are less attractive to Western women are more attractive to Japanese women, and Japanese women who are less attractive to Japanese men are more attractive to Western men."

p63
ほほぉー。

In West, men aren't supposed to sit on the train; the seats are for women and old people.

p66
ほんと?!

In America, talking is everything. Families sit around the dinner table talking. Friends sit at the bar talking. Parties require mingling and talking to new people. Work requires networking and presenting ideas.

p67
アメリカ人はおしゃべりだ、って印象がありますが、ほんとにそうなんですねー。
もちろんそうじゃない人もいて、自分だけじゃなかったんだ、とびっくりするという。

In America, the first date always requires lots of conversation. Americans think it is important for couples to have similar opinions and ideas.

p69
同じ意見と考えを持っていることが大事なのか。。?

"It is great when the people and the places match. But sometimes they don't. When that happens, people should travel to find the place that suits them. That's what I did, and I'm so much happier."

p72
日本にきて幸せになって人がいるって嬉しいですよね。

"For example, in Japan, it is okay to pick your nose in public, but not blow your nose. In America it is the opposite; you can blow your nose in public, but you can't pick.

p87
ふむふむ。ドイツでもそうでしたね。

Once, I must have held the door open for about twenty women.

p89
それは気の毒にw
最後の章は丸々次の人のためにドアを開けておいてくれない日本人の話でした。
最近は日本でも押さえておいてくれる人も増えましたよね。
私もちゃん開けておくようにしよう。


スポンサーサイト
Bites of Britain,Tastes of Japan / ドミニク チータム
2017年01月07日 (土) | 編集 |
Bites of Britain,Tastes of Japan―Essays and Echoes from the Other End of the WorldBites of Britain,Tastes of Japan―Essays and Echoes from the Other End of the World
ドミニク チータム Dominic Cheetham

日本放送出版協会 2007-02
売り上げランキング : 323521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:4
語数:9500

イギリス人ドミニク・チータムさんによる
日本とイギリスについてのエッセイ。

語注はありませんが、左ページに英文、
右ページに日本語の文章が書かれているので、
わからなかった文章はすぐ確認できます。

他の人のエッセイで
いやいや日本とイギリスはかなり違うよ、
と書かれていたように思うのですが、
ここでは、
‘two very different, but somehow very similar, island cultures.’
と書かれていますね。

イギリスについての話がやや多め。
コリン・ジョイスさんのエッセイより
ずっと易しい英語で書かれているので、
さらっと楽しめます。

NHK出版のエッセイシリーズ。
もっと出版してほしいなぁ。

I have noticed a tendency for American speakers on the television to prefer far more formal-sounding word choices than I would expect in Britain. People say ‘return’ instead of ‘go back’, people say ‘seek’ instead of ‘look for’, people use ‘facilitate’ instead of ‘help’, and so on.

P22
「句動詞で話そう」という本を買おうかどうしようかずっと迷っているんですが、アメリカでは逆の傾向が?!この本の初版はちょうど⒑年前なので、今はどうなのか知りたい!ABCニュースはNHK Worldと違い、凝った単語の使い方をしているなあ、と感じるのですが。

We talked to the guard again before we left, and we found that the whole affair was run by volunteers. From the ladies who made those delicious bacon baps, to the engineers, the drivers, and the people who just open and close the gates when the trains cross a road --- everyone was an unpaid volunteer.

P48
著者が’the local steam train’に乗りに行ったエピソードなのですが、関わっているスタッフ全員が無給のボランティアなんてすごいですね。

Kensington Gardens as the place which J.M. Barrie chose as the home for his immortal Peter Pan.

P62
ふむふむ。そんな公園が実在しているのですね。行ってみたい。

The crucial question is ‘who is the translator translating for?’. With Alice you see this very clearly --- there are translations of Alice aimed at all different age groups, from the very young to the sophisticated adult, and whenever a translator starts to translate, they will have in their mind an image of the kind of person they are translating for.

P70
確かに~。そして確かにアリスって違いが顕著にでそう。

It is almost crueler to nearly have the food you crave than not to have it at all.

P80
こういうせりふって言いたいけど難しい。。ゆっくり言えばいいのかな。書くとしても悩みそう。

He spends a lot of his time reading children’s books and hopes that this is an indication of his intellectual interests rather than his intellectual limits.

P110
そうそう(笑)。チータムさんに言ってもらうと嬉しいw


Bites of Britain Tastes of Japan

英国紳士が見たニッポン A State of Mind /クリストファー・ベルトン
2016年12月29日 (木) | 編集 |
英国紳士が見たニッポン A State of Mind (ラダーシリーズ Level 3)英国紳士が見たニッポン A State of Mind (ラダーシリーズ Level 3)
クリストファー・ベルトン

IBCパブリッシング 2013-12-20
売り上げランキング : 310382

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
YL:3
語数:10440

最初は普通にふむふむ、と
読んでいたのですが、
途中の失敗談あたりから
面白くて、電車の中でにやにやして
怪しい人になってしまいましたww

クリストファー・ベルトン さん、朝日ウィークリーで
小説を連載されていたり、

「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本
クリストファー ベルトン Christopher Belton

コスモピア 2003-12
売り上げランキング : 2164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


CD付 日本人のための教養ある英会話CD付 日本人のための教養ある英会話
クリストファー・ベルトン

ディーエイチシー 2012-06-08
売り上げランキング : 12613

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

などのシリーズを出版されている方ですね。

60冊も出版されているそうなので、
目にされたことがある方も多そうです。

日本に対する愛を感じる
本でした。

ラダーシリーズ Level 3は
使用語彙1600語
TOEIC500〜600点
英検準2級
程度の難易度ということなので
とにかく読みやすいです。

日本に関する男性エッセイは
イギリスの方が多いですね。
コリン・ジョイスさん、
ブライアン・W. ポールさん、
ステュウット・ヴァーナム・アットキンさん、
マイケル・ブースさん、
ドミニク・チータムさん
などなど。
NHKが英国人が好きなのかなw

I had never met my wife's parents, and she had not seen them for six years.

p4
昔は留学も今以上に大変そうです。

Instead of buying study books, I got my wife to write down a list of the sentences that I thought I would need in order to get around town. Apart from that, I just relied on my eyes and ears.

p11
なんか理想的な言葉の身につけかたですね。

My wife explained that English was a self-centered language, in which everything happened with the speaker at the center of the action. Japanese was more situation-oriented, she said. For example, when lost, an English speaker would asked, 'Where am I?' whereas a Japanese speaker would say, 'Where is this?'

p12
うーん、なるほど。すごく説得力のあるたとえです。

In Britain we are given the impression that being responsible means coming to an immediate decision and putting that decision into immediate action. Whether the decision arrived at is the correct decision or not is usually secondary. The most important thing is to take action.

p22
正しいかどうかよりまずは行動することが責任をとること、なんですねー。

'Being Japanese is not something that you can explain,' she said. 'It's a feeling. A state of mind.'

p23
この本のタイトルもなっているA state of mind.
それぞれが育ってきた文化、が考え方や行動を規定している
って大きな影響力ですよねー。

I have been cleaning up our beagle's doggy-do on a crowded street only to have my wife walk away with the dog, leaving me at the center of attention as curious passerby wondered if this guy without a dog was starting a collection.

p26
この章の電車での失敗談が面白くて、
人に話したくなりますww

Within about six months, I got to a stage where I could read and understand nearly all of the Toyo Kanji, plus quite a few other kanji.

p37
すごい!

The people who ranked themselves with a higher level of happiness all had a larger number of small happinesses included in their daily routine.

p48
うんうん。小さな幸せを感じられる人が幸せな人だ!

British people used pubs in the same way as Japanese people used coffee shops.

p51
居酒屋でなくてカフェなんですね。

We still share a wonderful relationship, and we never fight. I think the key to our success is that we both respect each other's space and treat each other as equals.

p58
決してけんかしたことない、って昔知り合いにもいましたが、
すごいですよね!

If I was asked to describe Japan using just a single word, I think I would chose the word "respect." Respect for nature; respect for other people; respect for the neighborhood; respect for other cultures; respect for other religions; respect for other races.

p75
ひー、まじですか?面映ゆい。

In English we have a useful phrase that is used when a person has difficulty putting his or her feelings into words. That phrase is, "Just because." It is similar to the Japanese phrase "nantonaku," on the surface, but it has a deeper meaning that tells the listener that the speaker has a strong opinion on something but cannot explain why.

p78
なんとなくJust because。
確かに説明はするのが難しいけど
無意識レベルでそう感じている、ってことかー。


スターバックス


洋書エッセイ一覧
2016年05月20日 (金) | 編集 |
◆洋書エッセイ一覧

●Bob Greene ボブ・グリーン
Cheeseburgers チーズバーガーズ /Bob Greene

●Brian W. Powle ブライアン・W. ポール
Brian Powle's Amazing World News / Brian W.Powle
My Humorous Japan / ブライアン W. ポール
My Humorous Japan〈Part2〉 / ブライアン・W. ポール
My Humorous Japan〈Part3〉 / ブライアン・W. ポール

●Christopher Belton クリストファー・ベルトン
英国紳士が見たニッポン A State of Mind

●Colin Joyce コリン・ジョイス
LONDON CALLING―Thoughts on England,the English and Englishness / コリン・ジョイス
How to Japan―A Tokyo Correspondent’s Take / コリン ジョイス
Let’s England 「イギリス社会」入門 / コリン・ジョイス
An Englishman in N.Y.: Bites on the Big Apple / コリン・ジョイス

●Dominic Cheetham ドミニク チータム
Bites of Britain,Tastes of Japan―Essays and Echoes from the Other End of the World

●Jeffrey Clark ジェフリー・クラーク
BACK IN THE U.S.A. / ジェフリー クラーク

●Kate Elwood ケイト・エルウッド
One Mother, Two Mother Tongues / Kate Elwood

●Larry Knipfing ラリー・ニフィング
Larry's Americana / Larry Knipfing

●Stuart Varnam-Atkin  ステュウット・ヴァーナム・アットキン
Trad Japan, Mod Nippon / Stuart Varnam-Atkin
Trad Japan (トラッドジャパン) 8月号

●井上 一馬編
英語で読む アメリカン・コラム / 井上 一馬

●柴田元幸編
ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち

●その他
ガイコク人ニッポン体験記 Jon's Chopsticks

ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち
2016年05月17日 (火) | 編集 |
ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち
ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たちポール・オースター 村上春樹 カズオ・イシグロ リチャード・パワーズ レベッカ・ブラウン スチュアート・ダイベック シリ・ハストヴェット アート・スピーゲルマン T・R・ピアソン 柴田 元幸

アルク 2004-03-26
売り上げランキング : 269971


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


翻訳家柴田元幸さんが現代作家9人にインタビューしたもの。
それぞれの方との対話(村上さん以外)がCDに収められています。
英語、日本語が左右見開きで掲載されているので、
分かりやすいです。

2004年出版なので
例えばカズオ・イシグロの場合は
「わたしたちが孤児だったころ」までについて
言及されています。

掲載されている作家
Siri Hustvedt シリ・ハストヴェット
Art Spiegelman アート・スピーゲルマン
T. R. Pearson T・R・ピアソン
Stuart Dybek スチュアート・ダイベック
Richard Powers リチャード・パワーズ
Rebecca Brown レベッカ・ブラウン
Kazuo Ishiguro カズオ・イシグロ
Paul Auster ポール・オースター
村上春樹


カズオ・イシグロ、いい人ですねー。
誠実で親切。
それに比べて村上春樹が、
ややこしそうな人だなー(笑)、
って印象を受けちゃうのは、
日本人のインタビュアーだから?

実は、作品を読んでいないと
あまり興味を感じないので、
カズオ・イシグロと村上春樹の箇所しか
ちゃんと読んでいません。。

ポール・オースターは英語があまり難しくない、
という評判なので、
読んでみたいと思って積読しているのですが。

ポール・オースターが編集した、
「True Tales of American Life」
True Tales of American Life
True Tales of American LifePaul Auster

Faber & Faber 2002-10-07
売り上げランキング : 33399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


は一部読んで、とても印象に残った話があったので、
いつかきちんと読んでみたいです。

◆カズオ・イシグロへのインタビューの引用

「The Remains of the Day 日の名残り」について

He has a sense of loyalty and his attitude is very much that I will do my job the best I can and it is up to my master, my employer to use my contribution in the way that he thinks is best. What I’m suggesting is that’s the position most of us are in, which means I suppose, that whether our lives and our energies are wasted or not ultimately depends on this other person upstairs.
P204

Very late he realizes that actually, the moral character of his own life is intricately linked with that of the person he offered his service to.
P206

「When We Were Orphans わたしたちが孤児だったころ」について

But I thought it would be more interesting, although I realize that this would confuse readers more, I thought it would be more interesting, instead of having a madman going through a recognizably sane, normal world, I thought, well, why not have the entire world described in the novel be a world that actually bent and behaved according to his strange logic. So, in other words, everybody else around him adopts the crazy notions he has. And indeed even physically the world starts to move and change to accommodate his fears and his hopes. I mean, almost like, say, an expressionist painting where the sizes of characters are deliberately distorted to express the power relationship between the two, where, you know, colors are deliberately heightened. I wanted a world that would be the world that existed inside the man’s head rather than to show a mad person walking through a normal world.
P214

(「わたしたちが孤児だったころ」って特に後半なにが現実?って
感じで混乱してくるのですが、こういうことだったんですねー。)

◆村上春樹へのインタビューの引用

そういう意味で言えば、第二次大戦当時の戦争責任が、今の日本人にあるかと言われれば、僕はあると思う。というのは、僕らはその記憶を受け継いでいるから。だから「私は戦争後に生まれたから戦争に責任はありません」みたいに、簡単には言えないんです。僕らはそこに集合的記憶というチャンネルを通してつながって、それなりの責任を引き受けざるを得ないと思う。
P276

そして結果的に、他者と何かを共有するというのは、何かを交換しあうことであり、それは多かれ少なかれ治癒行為につながります。というか、もっと正確に言えば、自己治癒の可能性みたいなものを、スペースとして示唆することになります。
P283

Brian Powle's Amazing World News / Brian W.Powle
2014年09月21日 (日) | 編集 |
Brian Powle's Amazing World NewsBrian Powle's Amazing World News
(2014/04/16)
Brian W.Powle

商品詳細を見る
YL:5
語数:24000(概算)

My Humorous Japan、My Humorous Worldシリーズが人気の
ブライアン・W. ポールさんの最新エッセイ集。

題名のとおりAmazing World News が21編。
対象となっている国もヨーロッパ、アフリカ、アジア、南米と
世界各国が網羅されています。

これまでと同様ポールさんによるユニークなイラスト付きですが、
笑える、というより、同じ時代を生きているのに知らなかった
ニュースがたくさんあって、読み応えがありました。

難しい言い回しなどについては最後に解説がついているので
参考にできます。

On a more personal note, many people find that just one small incident, which may seem completely unimportant at the time, can completely change the course of their lives.
p15

But he was in for a very big disappointment.
p19
was in for : be in for … は、口語で「~を経験することになる」「~という結果になる」。文中のwas in for a very big disappointmentは、「大いに失望することになった」という意味。
p135

An Olympic athlete, 18-year-old Ayouba Ali Sihome should have been really happy.
p64

Dentists and doctors may give free dental and medical treatment in exchange for having their cars serviced, getting things fixed around the house, etc. Warehouses have been turned into secret jazz clubs, hair salons and flamenco halls. It’s all part of Spain’s ‘Black Economy.’
p78

“Yes, Ming, but that’s exactly the kind of girl that men want and always have. Why, before I met your father, I pretended to be so shy, agreeing to everything he wanted. Butter wouldn’t melt in my mouth. But now, after marriage, it is I who control HIM. Can’t you be like that?”
p91
Butter wouldn’t melt in my mouth : 「私は虫も殺さぬような顔をしていた」「猫をかぶっていた」。「静かに取り澄ましていて冷静な態度を崩さないので、口の中でバターが溶けるほどの熱もない」という意味から来ている。
p149

And sure enough, the roof and side panels of the elegant car were melting into strange shapes!
p109
One of the newest buildings in London のWalkie-Talkie Buildingのconcave shape of this 37-story glass building focuses powerful sunbeamsの影響で。

It’s a case of “the grass is greener on the other side.”
p121

Her name was Eiko Ishioka. She was asked by this cosmetics company to design a striking set of advertisements for their skin creams.
p122
石岡瑛子さんは最初はこんな活躍もされていたんですね。


柿の葉寿司
柿の葉寿司@新幹線にて


LONDON CALLING―Thoughts on England,the English and Englishness / コリン・ジョイス
2014年08月25日 (月) | 編集 |
LONDON CALLING―Thoughts on England,the English and EnglishnessLONDON CALLING―Thoughts on England,the English and Englishness
(2014/06/12)
コリン・ジョイス

商品詳細を見る
YL:7
語数:12000(概算)

NHK「ラジオ英会話」に連載されているコリン・ジョイスさんの
最新エッセイ集。

これまでの本とは違い前半は英語、後半は日本語訳となっているおり、
英語でわからない表現をすぐ日本語で確認できることもあって
とても読みやすいです。

英語自体も前作よりやや易しいような気もします。

イギリスにもどったジョイスさんによる、イギリス人とは、故郷のエセックスの紹介、
イギリス流住宅購入術、パブでの振る舞いかた、ロンドンスラングなどなど
イギリス好きに楽しい内容になっています。

唯一残念なのはNHK「ラジオ英会話」に掲載されたものから15編抜粋されていて、
全部が載っているわけではないこと。
是非全部のエッセイを読みたいです!

次に出るのは2年後?
待ちきれないですね。

In the years I lived in Japan I couldn’t help but notice how much more polite the Japanese were than the English. And in the US I found people open and friendly in a way that I never found the English to be.
p14

However, once the English can see a clear reason to talk you or to offer help, they are very quick to act. Recently I read that the OECD had rated Britain as one of the top five countries in terms of “pro-social behavior” (helpfulness, basically). One newspaper despatched reporters to test this theory, getting a young woman to pretend to struggle with a heavy suitcase at the bottom of a steep set of steps for example. People of all sorts tried to help, some of them running over despite being headed in the other direction.
p16
私の友達もカナダで松葉づえをついて旅行していたらものすごく見知らぬ人に親切にされた、って言ってました。

According to folklore, a large consignment of relatively cheap pearl buttons reached London from Japan in the 1860s. London market traders (known as “costermongers”) began to wear these buttons to stand out, and as if to say they were the equals of the wealthy ladies who wore real pearls.
p41
consignment : 大きい車両で運ばれる品物 (goods carried by a large vehicle)
costermongers : 《主に英国で用いられる》 (果物・野菜などの)呼び売り商人

I think a lot of people say “use your loaf” to mean “think about it”, without knowing that “loaf” is short from “loaf of bread” = “head”.
p54
“use your loaf” ってイディオムBBC LEARNING ENGLISHの
The English We Speak > Use your loaf
で取り上げられていました。

A famous football manager once joked that “football isn’t a matter of life and death…it’s more important than that”. It isn’t, of course, but it is a major fact of life in this country.
p62
こんなにサッカーが熱い国なのに!今年のワールドカップは残念でしたね。。

You also do not directly tip bar staff. Most people don’t actually tip bar staff at all, but if you wish to do so you shouldn’t give cash. Instead, offer to buy them a drink (“Have one yourself”) when you are buying your drink. They will almost certainly say, “Thank you, I will have it later” and keep a pound or two from your change. So it is in fact a cash tip but disguised as a friendly offer of a drink.
p65
イギリスのパブが楽しめたらかっこいいですよね。


How to Japan―A Tokyo Correspondent’s Take / コリン ジョイス
2012年11月11日 (日) | 編集 |
How to Japan―A Tokyo Correspondent’s TakeHow to Japan―A Tokyo Correspondent’s Take
(2009/08)
コリン ジョイス

商品詳細を見る
YL:7
語数:31800(概算:10*25*(167-8)*0.8)

Newsweek JapanやThe Daily Telegraphの記者としての
日本での経験をもとに書かれたコリン・ジョイスさんの著作
『「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート』の英語版。

帯には「「イギリスと日本は似ている」と言ってきたのは
すべて日本人で、イギリス人は一人もいない 
ジャーナリストのシャープなイギリス英語が楽しめます」
と書かれているので、もう少しいじわる(?)な内容なのかと
ちょっと思って読み始めたら、
素敵な日本人がたくさん出てきて嬉しくなりました。

公平な目で日本社会を考察されていて、なるほど~、と納得、
ねえねえ知ってる?と人に話したくなる内容でいっぱいです。

歴史や文化の造詣も深く、東京案内で紹介されていた場所は
行ったことがないところも多くて、今度行ってみなくっちゃ!
という気持ちになります。

「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
(2006/12)
コリン ジョイス

商品詳細を見る


コリン・ジョイスさんが書かれているコラム
A Stranger in England

How to Japan
丸善丸の内本店のカフェにて。
ちょうどこの写真を撮った日は「松丸本舗」の閉店前日で、
このあと松岡正剛さんの講演を聞くことが出来ました!

◆以下引用メモ
→ 続きを読む
BACK IN THE U.S.A. / ジェフリー クラーク
2012年10月07日 (日) | 編集 |
BACK IN THE U.S.A.―An American Rediscovers His Native LandBACK IN THE U.S.A.―An American Rediscovers His Native Land
(2006/01)
ジェフリー クラーク

商品詳細を見る
YL:5
語数:12000

「マーシャ・クラッカワー氏も絶賛。NHKラジオ英会話上級に
掲載されたジェフリー・クラークの英文エッセイ」
帯の紹介文より引用。

左ページに英文、右ページに日本語対訳と注釈、
という構成になっているので、とても読みやすいです。

初版は2006年。
詳細は変わっているところもあるかもしれませんが、
30年ぶりに祖国に戻ったという日本で長く暮らした著者ならではの
アメリカ社会に対する視点が共感できるように思います。

◆以下引用メモ
→ 続きを読む
Let’s England 「イギリス社会」入門 / コリン・ジョイス
2012年10月01日 (月) | 編集 |
Let’s England―A Foreign Correspondent Comes HomeLet’s England―A Foreign Correspondent Comes Home
(2011/12/10)
コリン・ジョイス

商品詳細を見る
YL:8?
語数:33000(概算:10*25*(171-6)*0.8)

翻訳版
「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)
(2011/07/07)
コリン・ジョイス

商品詳細を見る


面白かったです!
いやぁ~英文が私には難しかったですけど!

あまりの難しさに何度も投げつつ、
いやいやたまには難しい本も読まないと、という決意?と
なんといっても内容の面白さにひっぱられてなんとか読了。

帯にも書かれている「ブリティッシュ・ユーモア」
が面白さの核なんですけど、そこが難しいんですよね。

エッセイの面白さって、宮田珠己さんの本でもそうですが、
文章の流れが微妙にずれるところにあるので、
えー、そうくるか、というのが、そもそも文章の常識に
慣れていないと楽しめないわけで。

まあこの本の面白さが文章や論理のずらし、にあるかどうか、
というとこまで、読み込めてないんですけど(汗)、
なんかポイントになる一文がそこここにあるけど、
良くわからないなあ、というのが多かったっ。

①あせらずゆっくり読む
②わからない単語をときどき調べる
という方法に切り替えてからは、
より楽しめたように思います。

以前読んだコリン・ジョイスさんのAn Englishman in N.Y.: Bites on the Big Apple
「アメリカ社会入門」(レビューはこちら)より、自国のことなので、
内容も濃いです。

階級制度の実情、イギリス通になれるイギリス人なら
当たり前だけどあまり他国の人には知られていない歴史トリビア、
パブやサッカー等々、イギリスに詳しい人ほど楽しめるんじゃないかと
思われるディープなイギリスがいっぱい♪

翻訳版のカスタマーレビューで詳しい内容紹介が熱く語られています♪
「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)

イギリス好きに強烈おすすめです☆

Let's England コリン・ジョイス 「イギリス社会」入門

◆以下引用メモ
→ 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。