英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【山歩き】八甲田山4・・・仙人岱・地獄湯ノ沢
2012年07月09日 (月) | 編集 |
八甲田山に登ってきました。その4。

「山名は八つ(たくさんの意味)の甲状の山々の各所に
神の田といわれる高層湿原の地塘が点在する様子に由来する」
(『日本百名山 登山ガイド』より)
というだけあって、水が豊かで、雪渓も多いです。

八甲田山34

ごうごうという音が聞こえてきたと思うと、沢の側を
歩きます。雪解け水?

八甲田山35

地獄湯ノ沢というだけあって、硫黄の臭いがところどころ
漂ってきます。

八甲田山36

酸ヶ湯2.3Km、八甲田大岳1.9Km。
頑張れ、あと少し(?)

八甲田山37

延齢草。10年目にして初めて花が咲くそうです!

八甲田山38

マムシグサ。こちらは雄花は下に穴が開いていて入り込んで花粉をつけた虫を逃がし、
雌花には穴がなく入り込んだ虫はそこで一生を終えるとのこと。。

八甲田山39

こちらはブナの子1年生(2年生?)。

3班に分かれて順番を変えながら歩いていたのですが、
最後にガイドの方のすぐ近くで歩けたので、色々話が聞けました♪
冬は山スキーのガイドもされているとのこと。すごいなあ~。

八甲田山40

そしてついに、
「日本山脈縦走起点 青森県八甲田-山口県秋吉台五千キロ踏破」
の案内板が!
わぁい~。大体ゴール!
それにしても、ここから山道を山口県まで?!

八甲田山41

こちら側からのスタート地点には鳥居が。

八甲田山42

玉?温泉 酸ヶ湯 南?
最後に酸ヶ湯温泉で汗を流してゆっくりお湯につかり
八甲田山を後にしました。
あー無事にゴールできてほんとによかった!

八甲田山43

新幹線の待ち時間で盛岡駅の『南部家 田々』さんで、

八甲田山44

おそばをいただきました。おいしかったです♪

八甲田山45

ビタミンをとらなくっちゃ、と、リンゴジュース&ラ・フランスジュース。

八甲田山46 八甲田山47

お土産になった駅弁『鶏めし』もおいしかったです♪

八甲田山48

今回はツアーで色々不安もあったのですが、添乗員の方やガイドの方が親切で
細かく配慮していただき、無事に歩きとおすことが出来ました。
ありがとうございました!

以上で『東北に行こう 第一弾』を終わります。
(あー、次は今回以上の標高差・・・。ひぃ~まだまだ試練は続きます・・・(T_T))
7回にわかりお付き合いいただきありがとうございました♪

おしまい。

<タイムチャート>

7:35 酸ヶ湯温泉・出発

7:35-8:40 酸ヶ湯温泉-下毛無岱

8:45-9:15 下毛無岱-上毛無岱

9:20-10:15 上毛無岱-大岳鞍部避難小屋

10:25-10:50 大岳鞍部避難小屋-大岳・山頂

 休憩 10分

11:00-11:45 大岳・山頂-仙人岱

 休憩 おにぎり2個

12:30-14:25 仙人岱-酸ヶ湯温泉

 合計 6時間50分

八甲田山マップ
八甲田の旅.net様からお借りしました。

スポンサーサイト
【山歩き】八甲田山3・・・八甲田大岳・八甲田清水・仙人岱
2012年07月08日 (日) | 編集 |
八甲田山に登ってきました。その3。

八甲田大岳の山頂から、小岳、高田大岳、雛岳?が見えます。

八甲田山26

山頂の祠の向こうに陸奥湾も見えました。

八甲田山25

360度展望が開けているのですが、とにかく風が強くて
吹き飛ばされそうなので、記念撮影をして、早々に下山を開始します。

八甲田山27

こちらから登るのがメインだそうですが、
結構きつい坂で、その分景色がきれいです。

八甲田山28

こちらも雪渓がたびたびあり、短めの急な箇所では、
座って滑って行かれる方も。

八甲田山29

山の上の雪渓では(たぶん)熊がゆっくり滑り降りていて、
びっくり!遠目とはいえ熊(たぶん)を見たのは初めてです!
ほんとに登山路に近いところにいるのですね!

八甲田山30

八甲田清水の水が冷たくておいしい♪

八甲田山31

仙人岱避難小屋に一度行き、
そちらで休憩するグループと、八甲田清水まで戻るグループに
分かれて、お弁当タイム。

八甲田山32

鮭と梅干の大きなおにぎり♪
同じ場所で外人さんのグループも休まれていたのですが、
お弁当はタッパに入れたシリアル?サラダ?地元の方でしょうか?

八甲田山33

仙人岱ではあまりお花畑に近づけなかったので上手に取れなかったのですが、
ヒナザクラの群生が見れました♪

八甲田山49

つづく。

【山歩き】八甲田山2・・・上毛無岱湿原・大岳鞍部避難小屋・八甲田大岳
2012年07月07日 (土) | 編集 |
八甲田山に登ってきました。その2。

八甲田山12

当日の予報は晴れのち雨。
ありがたいことにまだ雨の気配はなく、岩木山も見えます。
陽射しも強いのですが、風で帽子が飛ばされそうなほどです。

八甲田山11

水芭蕉というと尾瀬というイメージだったので、
八甲田山でこんなに大きな水芭蕉を沢山みれるなんて、
嬉しい驚きです。

八甲田山13

250段ほど続く階段を登るきると下毛無岱が俯瞰できます。
秋は紅葉がとてもきれいなスポットだそうです。

八甲田山14

あちこちに池塘も。
岱とは山の奥の平なところ、という意味だそうです。

八甲田山15

チングルマがあちこちで咲き乱れていました。

八甲田山16

もう7月なのにまだかなり雪渓が残っていてびっくり。

八甲田山17

こちらはおだまき(たぶん(^_^;))。

八甲田山18

大岳鞍部避難小屋に着きました~。

ここで問題発生?!
最初の予定では八甲田ロープウェイで下山するはずだったのですが、
強風でロープウェイが運行停止に。
協議の末(?)大岳から向こう側に歩いて降りることになりました。

八甲田山20

避難小屋の中はこんな感じで2Fもあります。

八甲田山19

一休みして大岳をめざします。
雪渓を慎重に進み、

八甲田山21

噴火口を眺め、

八甲田山22

道々の花々にも勇気づけられながら、

八甲田山23

やった~、八甲田大岳山頂(標高1584m)に着きました~。

八甲田山24

つづく。

【山歩き】八甲田山1・・・下毛無岱湿原
2012年07月06日 (金) | 編集 |
青森の南側、奥羽山脈の北端にそびえる火山群、
八甲田山に登ってきました~。

ツアー2日目の八甲田山登山は、事前にもらっているしおりに
よると、歩程約9キロ、約6時間。

八甲田山9

今年に入ってますます運動不足で、平素下界の平地で1時間も歩くと
疲れてしまう私が、山道を6時間もみんなと一緒に歩きとおせるのか、
びびりながらの出発です。
山頂の八甲田大岳まで5.2Km。

八甲田山1

まずはブナ林を時々沢を渡りながら歩きます。
風が吹くと、どっどっ、と風の又三郎が来たかのよう。
温泉のためコケがつかないということで、幹が真っ白です。

八甲田山2

イケメンのガイドの方に連れられて3班に分かれて
登っていきます。

八甲田山3

酸ヶ湯0.9km、八甲田大岳4.3km。

八甲田山4

道端の色々な花や木の名前をガイドの方に教えていただきながら
歩くのですが、後ろの方だと伝言ゲームで微妙に名前が変わっていく
ような(^^ゞ

八甲田山5

水場にはとても大きな水芭蕉が!ずいぶん大きくなる花なのですね。

八甲田山6

ブナ林を抜けると下毛無岱湿原に出ました♪
八甲田大岳が見えます。ずいぶんぐるっとまわって行く感じです。

八甲田山7

今回30名ほどの団体で、50代~60代の方が多かった印象ですが、
とにかくみなさん元気です!そりゃあもう(^_^;)

八甲田山8

後ろをふり返ると前日登った岩木山が見えます。

八甲田山10

つづく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。