英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【山歩き】妙義山・・・中之嶽神社・石門・つるべさがり・カニの横バイ
2012年06月04日 (月) | 編集 |
日本三大奇景のひとつ群馬県妙義山に行ってきました。

当日の予報は、午前中は雨。
前日の荒船山で結構へたってしまったこともあり、
無理せずそのまま帰宅しちゃおうかな、とも考えたのですが、
とりあえず麓まで見に行ってみることにします。

妙義山1

妙義公園の無料駐車場に車をとめ、登山口にもなっている中之嶽神社
に向かうと、鳥居の先になにやら金色のものが。

妙義山2

日本一の大黒様でした♪

妙義山3

階段を上っていくと中之嶽神社につきます。
(左)こちらは階段の上からみたところ。
(右)そこから石の道をどんどん登っていくと、

妙義山4 妙義山5

25分ほどで見晴台につきます。
霧で景色はほとんど見えません。。。

妙義山6

見晴台から15分ほどで第四石門のある広場につきます。
ほんとに門になっていて迫力があります。

雨もなんとかもちそうなので、石門コースで下っていくことにします。
宮田珠己さんの「日本全国津々うりゃうりゃ」で同行者の方が
「妻より怖かった」と言ったという道。どきどきどき。

私たちは反対側から行くことになってしまったのですが、
混雑時はカニの横バイ側からの一方通行になるそうです。
確かに鎖場ではすれ違うことが出来ません。。
この日はこの第四石門から車道に降りるまで、誰にも会いませんでした。

妙義山7

最初は普通に石の道を降りていったのですが、

妙義山8

おおおお、くさり場出現。
「片手さがり」
はんぱないです。。。

夫!リュック受け取って!っていないし!

妙義山9 妙義山10

なんとかクリアすると、次は三日月型の第二石門への登り
「つるべさがり」
距離が長い!
足をかける箇所が浅く、途中で激しく不安な気持ちに・・・。

妙義山11

なんとか石門まで登り、狭くてぎりぎり足を通せる
「第二石門」を反対側にくぐると

妙義山12

「たてばり」と続きます。
ひぃ~(>_<)
なんとか方向転換したものの足ががくがく震え、
まじでやばいかも!

妙義山13

くーー、足場を確認しつつゆっくり降りると、
次は「カニの横這い」!
ぐーーーー。
ぜいぜいぜいぜい。

知り合いにロッククライマーがいるのですが、
改めて尊敬しました!
懸垂が何度か出来るぐらいじゃないと、
たとえ一般向けコースでも岩登りって難しいです!
だって足をふみはずして鎖にぶら下がるような状態になっちゃったら、
戻ってこれないじゃん!って妄想が。

妙義山14

最期は雄大な第一石門をくぐって

妙義山15

無事に妙義山の一般向け!コースを後にしました。
無事でよかった・・・。

妙義山16

関越道三芳PA上り線の「pasar三芳」でカイザードッグ&抹茶ドリンク。
念願の食料品をあれこれ大量に購入して帰路につきました。

妙義山17

今回ひさびさに体をくったくたになるまで酷使したり、
ちょっとやばいかも?!って危機感を感じる状態で、
全身を使ってバランスを取ったりして、身体がちょっと活性化したような気がします。

行くまではつらいなあ、と思いつつも山歩き、刺激になります。

富岡市観光情報サイト とみおかロマン紀行様から
お借りしました。
妙義山20

スポンサーサイト
【山歩き】荒船山・・・内山峠・艫岩・経塚山(行塚山)
2012年06月03日 (日) | 編集 |
日本が誇るテーブルマウンテン、
群馬県下仁田町と長野県佐久市に跨る荒船山に行ってきました。

荒船山1

20台ほど駐車できる内山峠に車をとめ、歩き始めます。
この日は7,8台ほどの静かな雰囲気でしたが、
後で宿の方に聞くと駐車場がいっぱいでずっと路駐している
時もあるということでした。
駐車場の奥からすぐ下の道を森の中へと歩き始めます。

荒船山1

今シーズン初めての山歩き。
200m位登るだけだから~、と夫に聞かされてやってきたのですが、
結構アップダウンがあります。

荒船山2

しばらく行くと修験道場跡地の狭岩の広場に着きます。
横にちょっとした滝のような流れがあります。

荒船山34

途中で荒船山が見えます。
むむむ、あそこまで登るのですね。

荒船山5

梯子を登ったり、岩場を登ったり、結構厳しい登りが続きました。
前日の雨の影響なのかつるつると滑りやすいです。

荒船山6 荒船山7

途中途中のつつじに励まされます。

荒船山8

登りがゆるやかになってしばらくすると艫岩展望台に着きました。

荒船山9

無人の避難小屋とトイレがあります
(残念ながら女子トイレは使用できませんでした)。

荒船山10

ここからはテーブルマウンテンのテーブル部分なので、
ずっとほとんど平坦な静かな森の道が続きます。

荒船山11

最初に「熊に注意」の看板があったのですが、
ところどころ熊に樹皮を剥がれたような木があって、
ちょっと怖いです。

荒船山12

途中「皇朝最古修武之地」こちら、という標識があります。
信州諏訪神社、香取神宮、鹿島神宮の
3神が和議を結んだという言われのある場所のようです。

荒船山13

最期にもうひと登りすると経塚山(行塚山)の頂上に着きました!
頂上はちょっとした広場になっていて小さな祠もあります。
修験の山らしくここまでの道のりにもあちこちに小さな祠がありました。
雨も心配なので、急いで下山を始めます。

荒船山14

ところが、ひさしぶりの山歩きで、足の疲労と滑りやすい
岩の下りに悪戦苦闘。
登り以上に時間をかけてやっと下山。

荒船山15

この日は「山荘あらふね」さんに宿泊しました。
HPはこちら
公共の宿ということで、宿泊料金は比較的安いですが、
部屋はひろびろとしていて、目の前にあらふね湖が広がる景色もきれいで、
いい宿でした。
宿の方もとても親切で気持ち良く過ごさせていただきました。

荒船山16

翌日は妙義山を目指します。
つづく。

佐久商工会議所さんのサイト(こちら)からお借りしました
(縮小できなかったので、一部切り取っています)。

荒船山17

<タイムチャート>

13:45 内山峠・登山口・出発
14:55 一杯水
15:20 艫岩
16:00 山頂(経塚山)
休憩 10分
16:45 艫岩
17:20 一杯水
18:30 内山峠・登山口・着

合計 4時間46分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。