英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
【山歩き】巻機山2
2011年10月12日 (水) | 編集 |
巻機山(1967M)に登ってきました(その2)。

山頂からの眺望は抜群で、上越の山並みをぐるっと
見渡すことができます。

巻機山24


巻機山16 登ってくる人達。

 今回は天気のいい
 紅葉シーズンの
 3連休だけあって、
 バスも2,3台来ていて
 200~300名位は
 登っている
 印象でした。


巻機山17 谷川岳方面を眺めながら、
 お弁当タ~イム♪



巻機山18 ガイドブックによると
 最高点は東に10分ほど
 進んだところだと
 いうことなので、
 高層湿原の稜線を
 歩きます。



巻機山19 ケルンのある最高点
 からの眺望。



巻機山20 帰り道の池塘が
 セサミストリートに
 出てくるモンスターの
 顔みたい~。



巻機山21 お弁当も食べたし、
 のんびり
 下山しますかぁ~。



巻機山22 木道がないと
 湿原は荒れるということで、
 整備してくださる人達に
 感謝感謝です。



巻機山23 今回の山行は
 登山者が多くて、
 色々しんどかった
 印象があるのですが、
 こうして写真を
 整理していると
 贅沢な景色だったなあ、
 と改めてびっくりします。



巻機山27 紅葉もきれいだったし。



巻機山25 下の山は錦秋という
 言葉がふさわしい
 彩りでした。



巻機山26 割引沢コース、ヌクビ沢コースは、
 7月の新潟・福島豪雨の影響で、
 崩落個所あり、ということです。

 この向こうの金城山は
 「駐車場流出、登山口橋流出、
 登山道崩落のため登山不可」
 という情報が報告されていて、
 山は人の手で
 整備していただいているのだと
 ひしひしと感じます。




巻機山28 登りの時も印象的だった
 明るい林。



巻機山29 岩が多く粘土質の土壌が
 滑りやすい道なのですが、

 下山時に遭遇した
 団体のリーダー方に
 「早く早く。
 急いで抜かして」と
 せかされたり
 (びっくり!
  走りました。。)

 前回同様、
 「ゆっくり行くのでお先にどうぞ」
 と言われて抜かされていただいた、
 カップルがとても健脚で、
 焦ったり(^_^;)



巻機山30 ふうぅ、
 無事下山しました。

 六日町にある温泉・
 龍氣別館
 で汗を流し、
 (空いていて
 ゆっくりできました)



巻機山_きのこ汁 雪国まいたけ・きのこ汁定食を
 食べて、
 一路、関越道で帰宅しました。




巻機山map
登山口にある案内図


<タイムチャート>

6:30 桜坂駐車場・出発
6:30-7:30 五合目
7:30-8:05 六合目
8:05-8:35 七合目
 休憩 10分
8:45-9:30 前巻機(ニセ巻機山)
9:30-9:35 避難小屋
 トイレ休憩 5分
9:40-10:15 巻機山・山頂
 休憩・お弁当 15分

10:30-10:55 牛ヶ岳途中の最高地点(あたり)
10:55-11:15 避難小屋
 トイレ休憩 5分
11:20-11:45 八合目
11:45-12:05 七合目
12:05-13:00 五合目
13:00-13:40 登山口

 合計 7時間10分

【山歩き】巻機山1・・・桜坂駐車場・前巻機(ニセ巻機山)・避難小屋・山頂
2011年10月11日 (火) | 編集 |
巻機山(1967M)に登ってきました。
新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町にまたがる三国山脈にあり、
美しい女神が機織りをしていた、という伝説から名づけられ、
機織りの神として信仰を集めているとのこと。
前日は麓の清水に宿泊したかったのですが、紅葉の季節が美しいといわれる山だけあって、
電話した6軒はどこもいっぱいだったため、近隣の六日町(直江兼続生誕の地♪)に泊まりました。

巻機山31


巻機山1 6:30頃に桜坂駐車場に
 着いたときは
 30台ほどあるスペースは
 すでにいっぱいだったのですが、
 臨時駐車場があちこちにあり、
 どこかに車を停めることは
 出来ます。

 登山カードを提出して
 いざ出発。



巻機山2 少し歩くと
 井戸尾根コースの
 登山口となります。

 沢コースは上級コースで
 頂上まで10時間近く
 かかるようです。。。

 すごすぎる。。。



巻機山3 三合五勺目の道標。
 勺単位の細かな標識は
 珍しい気がします。



巻機山4 山影から太陽が昇り、
 だんだん明るくなって
 きました。



巻機山5 ブナやミズナラの林って
 明るいですね。



巻機山6 木々の間から
 難関コースの
 割引沢、天狗岩、
 割引岳が
 見えます。



巻機山7 後で写真で見ると
 美しい道だったことが
 わかるのですが、
 登っている最中は
 結構必死です(^^ゞ



巻機山8 視野が開けて
 7合目に着きました。



巻機山9 山の尾根って
 すごいきれいな形
 ですよね。



巻機山10 7合目から8合目の
 コース中もっとも
 傾斜の厳しい区間を
 登り、



巻機山11 8合目から
 岩礫の斜面に
 つけられた
 木段を歩きます。

 植生の保護のための
 ネットが
 整備されていました。



巻機山12 木段を登りきると
 巻機山の山頂が
 見えてきました。
 
 ゆったりとした山容が
 茅葺屋根を思わせ、
 御機屋の別称を
 持つそうです。



巻機山13 9合目の
 前巻機(ニセ巻機山)を越し
 鞍部に下降すると、
 巻機山避難小屋に着きます。

 無人の小屋ですが、
 20名ほど泊まれるそうです。



巻機山14 最後にひと登りして、



巻機山15 1967M巻機山山頂に
 着きました~\(^o^)/




つづく。

ここまでの
<タイムチャート>

6:30 桜坂駐車場・出発
6:30-7:30 五合目
7:30-8:05 六合目
8:05-8:35 七合目
 休憩 10分
8:45-9:30 前巻機(ニセ巻機山)
9:30-9:35 避難小屋
 トイレ休憩 5分
9:40-10:15 巻機山・山頂
 休憩・お弁当 15分