英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
ハドリー・フレイザー Hadley Fraser レ・ミゼラブルにて
2012年05月12日 (土) | 編集 |
Hadley Fraser
YOKO'S MOVIE DIARYのYOKOさんにオペラ座の怪人での
ハドリー・フレイザー(Hadley Fraser)の
素敵なイラストを描いていただきましたぁ~♪♪♪ (サイトはこちら)
ありがとうございます~ヽ(*>∇<)ノ

ハドリーがインタビューで(詳細はこちら
「レ・ミゼラブルでお気に入りの曲はなんですか? 」
という問いに、「ジャヴェールの自殺のシーン」と答えているのを
読んで、聴きたくなって検索してみました。

What are your favourite songs in Les Mis?
I have a soft spot, naturally, for Javert’s suicide
– though this may come from my appreciation of how superbly it
combines music, narrative and emotional threads all in one fabric.
It’s hard to single out any others.
They’re all so strong in different ways.

[a soft spot] 〔…に対する〕好み 〔for〕.
用例 He has a soft spot for her. 彼は彼女にぞっこんだ.
weblioより

Hadley Fraser - Javerts Suicide


ただこちら↑は正式なものでないので、
歌詞を確認したり、
Javert - Javert's Suicide Lyrics

25周年記念コンサートでの映像を見たりすると
よりイメージがつかみやすくなりました。
5:20~8:30まで
[Les Miserables] 25th Anniversary Concert - Part 9 (+ subtitles)

その前に歌われている、Stars:星-ジャベールの誓い。
Hadley Fraser - Stars
日本語付き歌詞
Stars Lyrics:星 - ジャベールの誓い
25周年記念コンサート
3:20~6:30まで
[Les Miserables] 25th Anniversary Concert - Part 5 (+ subtitles)

ところで、『レ・ミゼラブル』25周年記念コンサートの
ラミン・カリムルー(Ramin Karimloo)&ハドリー・フレイザー(Hadley Fraser)
というと、 アンジョルラス (Enjolras)&グランテール(Grantaire)。

夜明けの攻撃前のふたり。
DrinkWithMe1
歌い終わってふっと視線を感じて見上げると
そこにアンジョルラスが。

DrinkWithMe2
アンジョルラス。。

DrinkWithMe1<br /><br /><br />.jpg
行くな。がしっ。

DrinkWithMe4
うん。わかっている。

Les Misérables Drink with me to days gone by


Drink with me
to days gone by!
Can it be you fear to die?
Will the world remember you when you fall?
Can it be your death means nothing at all?
Is your life just one more lie?

***
You have no chance
No chance at all
Why throw your lives away?

Let others rise
To take our place
Until the earth is free!


あああー、本物に会いたい!!

ハドリー・フレイザー Hadley Fraser インタビュー3
2012年05月04日 (金) | 編集 |
『オペラ座の怪人25周年記念公演』のラウルや、
現在ロンドンウェストエンドで上演されている『レ・ミゼラブル』の
ジャヴェールを演じている、ハドリー・フレイザー:Hadley Fraserの
インタビュー記事を訳してみました。
-その3-

わからなかったところ、間違って訳しているところが多々あります!

インタビューの原文はこちら↓
Interview with Hadley Fraser: Javert in Les Miserables

ハドリー・フレイザー Hadley Fraser 

ハドリー・フレイザー、インタビュー:ジャヴェール(レ・ミゼラブル)
-その3-

In October 2011, you played Raoul in the 25th Anniversary
staging of The Phantom of the Opera at the Royal Albert Hall.
What was that like for you?

A delight, and (without wanting to sound sycophantic) an honour.
I know there would have been raised eyebrows at my casting,
but, as Kiera Duffy so sagely put it, “I didn’t cast myself”.
One is then left with the realisation that you have to do justice
to a piece and a character that means a huge amount to a lot of people
– but remembering that the reason you were selected
in the first places was to made educated and informed acting decisions
based upon what you bring to the production and the part.
It all happened so quickly that in my memory it’s all a bit of a blur.
I was proud to be a part of such a historic occasion,
and was welcomed by the extended Phantom family very warmly.
My understanding of the character is that Raoul
has to be a valid opponent to the Phantom,
and a valid choice for Christine.
In that way, he doesn’t strike me as a sap
(though there is a tenderness and youthfulness to him),
rather he is an confident aristocrat trying to wrestle back control
of a situation (and control over a woman he thinks he loves)
that has spiralled away from him.
He is up against another man
(I think Raoul knows the “Phantom” is mostly smoke and mirrors);
a man who doesn’t seem to be playing by the rules.

Q:2011年10月、『オペラ座の怪人25周年記念公演』で
あなたはラウルを演じました。 どんな意味がありましたか?

A:喜びであり(へつらっているように聞こえないといいけど)名誉だった。
僕のキャスティングに眉をひそめた人がいるのも知っている。だけどKiera Duffyが賢明にも
述べているように「自分自身をキャストすることは出来ない」。多くの人にとって
とても大きな意味を持つ作品と登場人物の良さを十分に発揮することしかできない。
そもそも自分が選ばれた理由は、作品と役柄に何をもたらすかをベースにした
演技を決定する情報と教育にあると思いだす必要があるけど、
自分の記憶の中ではあまりにも 早く起こったことでぼやけているんだ。
このような歴史的な出来事の一部になることが出来、拡大されたファントムファミリーに
とても暖かく迎え入れてもらったことを、誇りに思っている。
僕の解釈ではラウルはファントムに対する正当な対抗者でクリスティーヌの
重要な選択肢なんだ。
そのため彼はなさけない奴じゃなくて(彼には優しさと若さがあるけどね)、
どちらかというと 彼が巻き込まれる状況(そして愛していると思っている女性)を
コントロールしようと立ち向かう自信にあふれた貴族なんだ。
彼は他の男にぶつかっていき(ラウルは「ファントム」をほとんど幻想だと思っていると思う)
ルールに従って行動するような男ではないんだ。

What is something embarrassing or unexpected
that has happened to you on stage?

Let’s just say I worked with David Burt on three separate occasions.
That man alone provides enough unexpected moments in one evening,
let alone three different productions.

Q:舞台で当惑したり思いがけなかったりしたことはありますか?
A:David Burtと3回一緒に仕事をする機会があったんだけど、
彼はひと晩でも十分予想外の事をしでかすんだ。
ましてや、三つの異なる作品となれば、言うに及ばずだね。

If you could go and see any West End musical or play tonight,
which one would it be and why?

I’ve not seen Matilda yet. That’s first on my list
when my current contract expires, along with Noises Off.
Gutted I won’t catch The Ladykillers before they close.

Q:もし今晩ウェストエンドのミュージカルか演劇を見に行くとしたら、
どれに行きますか?またその理由は?

A:まだ『マチルダ』を見てないんだ。現在の契約がきれたら最初にリストに
あがってくる作品だね。『Noises Off』も。終わる前に『The Ladykillers』も見ないと。

You have also done TV and film work.
What has been your favourite role so far and why?

I suppose thus far my filming experience has been
relatively limited. I’d have to say it’s a large part of
my ambition to further and expand that.
I’m looking forward very much to being part of the
Les Miserables film though.

Q:テレビや映画の仕事もやっていますが、いままでのところ好きな役柄と
その理由はなんですか?

A:これまでのところ、僕の映画の経験は比較的限定されていたと思う。将来的に
もっと広げていくことが今後の目標の大きな部分を占めるんだ。レ・ミゼラブルの
映画に出演することを楽しみにしているよ。

As a Dr Who fan of many years, I just have to ask:
what was it like to appear in the programme?
What was it like on set?

It was a lovely set to be on.
I was never a massive Dr Who fan, so again didn’t know quite
what to expect. Even though I had a smallish part,
I still sporadically get Dr Who fans waiting at stage door
with things to sign.

Q:長年のドクターフーのファンとしてお聞きしたいんですが、番組に登場するのは、
どんな感じでしたか?撮影現場はどうでしたか?

A:現場はとてもよかった。僕はドクターフーの熱狂的なファンというわけではないので、
何を期待すればいいのか全くわからなかったんだけど。僕は一部を演じたに過ぎないけど、
いまだに時折楽屋裏でサインを待っているドクターフーのファンに会うよ。

Is there anyone you would really like to work with
(TV/film/theatre)?

Uggie.

Q:一緒に働きたい人がいますか?テレビでも映画でも演劇でも。
A:Uggieだね(※3)

What have been your career highlights to date?
I’m proud of pretty much everything I’ve done.

Q:今まであなたのキャリアでのハイライトは何ですか?
A:これまでやってきたことすべてにとても誇りを感じるよ。

In 2003, Ramin Karimloo understudied for you in Les Mis
and the two of you have been friends ever since.
You formed a band together – please tell us about the Sheytoons.

Sheytoons – it all came about when Ramin was asked to
write some songs for his album.
He called me up to see if I wanted to write with him
and I jumped at the chance. Seemed like a great deal of fun.
The whole thing really grew from there.

Q:2003年レ・ミゼラブルでラミン・カリムルーがあなたの代役になって以来、
お二人は友人で、一緒にバンドを組んでいます。
バンド「Sheytoons」について教えてください。

A:「Sheytoons」はラミンがアルバムのために何曲か曲を書いてくれと頼んできたのが
始まりなんだ。曲を書いてくれるかどうか電話してきたので、そのチャンスに
飛び乗ったよ。とっても楽しそうだったからね。それがここまで来たんだ。

What are your long-term ambitions?
I’d like to keep progressing, keep learning.
As I’ve mentioned, I’d like to do more screen work,
but wouldn’t we all. I enjoy working on new material
and challenging myself to write and create.
All of these things still remain, and I haven’t fulfilled
any of them as much as I’d like thus far.
I suppose I feel I still have a way to go,
and I’m keen for the opportunity to demonstrate that.

Q:あなたの長期的な野心はなんですか?
A:進歩し、学び続けたい。さっき言ったようにもっと映画の仕事がしたいけど、それが
すべてというわけじゃない。新しい素材で書いたり作成したりすることに挑戦するのが
楽しい。それらはすべてまだ続いていて今までのところ望んだところまで達成していない
しね。もっとやらなくちゃならないし、出来る機会を求めているよ。

What do you like to do to chill out?
I span the genres. I cycle, I cook, I grow things, I read.
And then I sit in front of the telly like most of us
and pretend I’m a Welsh rugby player,
or a mafia boss or Ned Stark for an hour or two.

Q:リラックスするために何をするのが好きですか?
A:色んなジャンルに及んでいるよ。サイクリングや料理、何か育てたり本を読んだり。
皆と同じようにテレビの前に座ってウェールズのラグビー選手やマフィアのボスや
Ned Stark(※4)の真似を1,2時間したりね。

And anything else you might like to add,
maybe a message to your fans?

I have to say I’m constantly surprised at the support
I receive. I suppose twitter and the growth in social networking
have made it easier for people to show and express their support
– but nevertheless, for someone like me who can walk quite
blissfully down the street without fear of recognition
but who works as a performer occasionally in the semi-public eye
it’s very flattering and most appreciated
when anyone takes the time to write a kind word or two.
I’m naturally relatively reticent,
but I hope when I can I let people know how much it means.

Q:ファンに何か付け加えたいことはありませんか?
A:いつも自分が受けているサポートに驚かされている。ツイッターやソーシャルネットワーク
の進歩によって人々が支持を表現するのが容易になっているとは思う。だけど、
気付かれる心配なしに通りを全く穏やかに歩ける、ときどき半公共的に
演技者として働いている自分のような人間には、とても嬉しい。
時間を割いて親切な言葉を2,3書いてくれることにとても感謝している。
僕はもともとはあまり感情を出さない方だけど、出来ることなら、人々に
どんなに大切に思っているか知ってほしいと願っている。

Thank you very much for your time
and all the best for your future projects!


お時間をいただきほんとうにありがとうございました。
今後の成功を心より願っています!

Interview by Sandra Palme (Twitter: @LondonTheatre2)

Hadley’s website
Follow Hadley on Twitter: @hadleyfraser

※3
映画『アーティスト』に出演しカンヌでパルムドッグを受賞した俳優犬アギー

※4
ファンタジー小説 A Song of Ice and Fireの登場人物Eddard "Ned" Starkのこと?
Eddard "Ned" Stark

◆追記◆
人生五年さん(サイトはこちら)にコメント欄でわからなかった部分を
教えていただいたので、修正しました。
ありがとうございますヽ(^o^)丿

ハドリー・フレイザー Hadley Fraser インタビュー2
2012年05月03日 (木) | 編集 |
『オペラ座の怪人25周年記念公演』のラウルや、
現在ロンドンウェストエンドで上演されている『レ・ミゼラブル』の
ジャヴェールを演じている、 ハドリー・フレイザー:Hadley Fraserの
インタビュー記事を訳してみました。
-その2-

わからなかったところ、間違って訳しているところが多々あります!

インタビューの原文はこちら↓
Interview with Hadley Fraser: Javert in Les Miserables

ハドリー・フレイザー Hadley Fraser 

ハドリー・フレイザー、インタビュー:ジャヴェール(レ・ミゼラブル)
-その2-

How does Broadway, where you spent a couple of years,
compare to the West End?

There are similarities and differences.
There is perhaps more of an appreciation of musical theatre
as an advanced art form in New York (where theatre stars can
still sell out a run, and are household names in the city).
I think we’re guilty of compounding the issue here
in the UK somewhat, and patronising audiences a little.
Sondheim alone is living proof that musical theatre can
be complex and challenging.
That’s not to disparage London, Sondheim’s work is
fully appreciated here
– but our capital occasionally feels like a slightly
stern older brother, incapable of loosening up and
broadening his views. Perhaps he’s beginning to change
his mind about musical theatre though, I don’t know
– something like LONDON ROAD at the NT might be proof of that.
I have experienced equally extraordinary nights
at the theatre in both cities.

Q:あなたが何年か過ごしたブロードウェイと
ウェストエンドはどのように違いますか?

A:共通点と相違点がある。ニューヨークには進んだ芸術形式として
ミュージカルに対する深い理解がある(そこではスターはひきもきらず、
街の有名人だよね)。
ここイギリスではいくぶん問題をこじらせることに後ろめたい気持ちがあって、
ひいきの客は少ない。ソンドハイム(※2)だけがミュージカルが
複雑で挑戦的になれることを証明している。
これはロンドンを過小評価しているのではなく、ソンドハイムの仕事は
ここでも高く評価されている。だけど我々の首都は時々厳格な兄みたいで、
緊張をほぐしたり、視野を広げることが出来ない気がする。
まあ、ミュージカルに関して気持ちを変え始めているのかもしれない。
わからないけどね。ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された
『LONDON ROAD』はその一例かも。
どちらの都市の劇場でも同じようにすばらしい夜を経験することが出来たよ。

How have you changed as an actor/singer since you
led Pirate Queen? What have learned along the way?

Well firstly I have to correct you and state that Stephanie J. Block
led THE PIRATE QUEEN. I was overjoyed to be her second-in-command.
I think I learnt a lot over the years
– the most significant learning curve was the two years I spent in LA.
After PQ, I decided to have a little break from the theatre,
and head down to California to try my luck.
That was a different world, and the routine of screentests
and camera classes broadened my focus as an actor,
and (I hope) refined my skills a great deal.

Q:『パイレートクィーン』で主役を演じて以来、
俳優や歌手としてなにか変ったことはありますか?
その経験から何を学びましたか?

A:ええっと、まず最初に訂正しなくちゃならないけど、
『パイレートクィーン』の主役はStephanie J. Blockだよ。
彼女の副司令官を演じることが出来てすごく嬉しかったし、
その何年かで多くを学ぶことが出来た。
もっとも影響を受けたことは『パイレートクィーン』が終わった後、
ロサンジェルスで過ごした2年間だ。演劇を少し休んでカリフォルニアで自分の運を
賭けてみようと決めたんだ。
そこは全く違った世界で一連のスクリーンテストと映画の授業は
俳優としての自分を広げ、(願わくば)スキルを大いに磨くことが出来たよ。

You have returned to Les Mis and are currently playing
the demanding role of Javert.
Personally, I think he is one of the most tragic characters
in the musical – although a lot of people might not perceive him
that way. How would you describe your Javert?

Tricky question really. Everyone who knows the show
or the novel feels an immense kinship with the characters,
and believes that they understand them.
And each person who does is absolutely right,
even if their take on the character fundamentally disagrees
with the next person.
For me, Javert represents all that Valjean isn’t.
He is unyielding, unforgiving, emotionally brittle, a zealot,
and obsessive. Though, and on this point I agree with you,
he is human. His journey concludes with such a cataclysmic
realisation of what has gone before,
that you can’t help but feel some sympathy towards him.

Q:その後『レ・ミゼラブル』に戻り、
現在ジャヴェールという重要な役を演じています。
個人的にはこのミュージカルで、彼はもっとも悲劇的なキャラクターの
ひとりのように 思います。多くの人はそうは見ないかもしれませんが。
あなた自身はジャヴェールをどう特徴づけていますか?

A:巧妙な質問だね。舞台や小説を知っている人は誰でもキャラクターに
多くの気持ちを感じて、彼らを理解していると信じている。
そしてそのキャラクター像が根本的に他の人と全く違っていたとしても、
誰もが正しい。
自分にとってはジャヴェールはジャン・ヴァルジャンにないものを全て
表している。頑固で執念深く感情的にもろい。
狂信者で強迫観念に取り付かれている。
けれどもこの点では君に賛成だ、彼もまた人間なんだ。
彼の軌跡は前に起こった出来事への劇的な認識の変化によって変わってしまい、
同情を感じざる得なくなるよ。

What are your favourite songs in Les Mis?
I have a soft spot, naturally, for Javert’s suicide
– though this may come from my appreciation of how superbly it
combines music, narrative and emotional threads all in one fabric.
It’s hard to single out any others.
They’re all so strong in different ways.

Q:レ・ミゼラブルでお気に入りの曲はなんですか?
A:もちろん、ジャヴェールの自殺のシーンだよ。音楽と物語と感情の糸が
どんなに素晴らしく一枚の布として織り上げられているか考えるとね。
どれもが欠かせないもので、それぞれ違った様式でとても胸に響く。

A lot of new musicals have had to close early recently
because not enough people go and see them.
A difficult situation. I know you support new musical writing.
In your opinion, what’s the answer (if, indeed, there is one)?

I’m not sure, to be frank. I don’t think there is a quick fix
to the dilemma. What frustrates me is the notion that there is
no good-quality new writing out there.
There is, tons of it. The danger of sounding hypocritical here
is significant – at the moment I make a living performing
in a good show that has had a permanent home in the West End
for 25+ years.
People still want to see said show, but naturally as someone
who cares about new writing and about the health of the industry
in the long-term, you’d like to see more new writing being given
access to the big houses.
Then that becomes a question of risk-taking for those putting
their money into these projects, and frankly none of us can
tell the other what to do with our money.
What about the late 70s, 80s and 90s that saw such a huge explosion
of original material making it on to the West End stage?
A lot of factors had to come together to facilitate it.
I’m sure it’ll come around again.

Q:多くの新作ミュージカルが最近十分な観客が見に行かないために、
短期間で終了しています。厳しい状況です。
あなたは新作を支持していますが、どう考えますか?(もし何かあれば)

A:正直言って、よくわからない。このジレンマに対する早急な解決策があるとは思わない。
素晴らしい新作が無いという意見には残念に思う。山ほどあるよ。
今現在僕はウェストエンドで25年以上一か所で続いているすばらしい舞台を実際に
演じているから、偽善に思われる危険はあるけど。
長い目で見て新作やこの業界を気にかけている人は、もっと多くの新作を大きな劇場で
見たいと言っている。これらのプロジェクトにお金をつぎ込むことはリスクを負うという
こともあり、正直いって僕らの誰も他の人にどう投資するかいうことは出来ない。
70年代後半から90年代まで、ウェストエンドのステージにどんなに多くのオリジナル作品が
見られたことか。促進するには多くの要素が必要となるけど、またそんな時代がくると
思うよ。

And then, on the other hand, there are shows like Les Mis
– a musical about the Paris Uprising of 1832 that has been
running for 25 years. Why do you think Les Mis has been
such a success?

It’s a quality piece of theatre, full-stop.
At the time, it was forward-thinking (despite being adapted
from older source material), and still retains that freshness of
story-telling to this day. It has universal appeal,
and is exquisitely written and realised.

Q:一方『レ・ミゼラブル』のような作品もあります。25年間も上演されつづけている
1832年のパリ暴動についての作品が。なぜ『レ・ミゼラブル』はこんなにも成功したと
思われますか?

A:すばらしい作品、それに尽きるね。その当時先見の明があり(古い素材を扱っている
にも関わらずね)、今日でも物語としての新鮮さを失っていない。すべての人にアピールし、
この上なく見事に書かれ作り上げられている。

Talking of new writing, you have actually written the book
for the brand new production of ‘Houdini the Musical’
– a project that also involves your friend Ramin Karimloo.
You are hoping to take the show to the West End at the end of 2012.
Is there anything at all you might be able to tell us about
this exciting project?

Well, it’s been put on the back-burner for now,
though not forgotten about. The team all have commitments now
that preclude our original plan for the show’s opening.
But I don’t think you’ve heard the last of it.

Q:新作というと、実際『Houdini the Musical』という
まったく新しい作品のための本をかいていらっしゃいますよね。
これにはあなたの友人であるラミン・カリムルーも参加しています。
2012年の終わりまでにはウェストエンドで上演されることを期待していますか?
このわくわくするプロジェクトについてなにか教えていただけることはありますか?

A:えっと、これは今、後回しにされているんだ。忘れられているわけじゃないけど。チームが
今関わっていることが舞台の開幕に関しての元々の計画を妨げていて。だけど止めてしまった
わけじゃないよ。

つづく。

※2
スティーヴン・ソンドハイム(Stephen Sondheim、本名:Stephen Joshua Sondheim、
1930年3月22日 - )。アメリカ合衆国の作曲家・作詞家のこと?
by ウィキペディア

◆追記◆
人生五年さん(サイトはこちら)にコメント欄で一部修正箇所を
教えていただきました。
ありがとうございますヽ(^o^)丿

ハドリー・フレイザー Hadley Fraser インタビュー1
2012年05月02日 (水) | 編集 |
『オペラ座の怪人25周年記念公演』のラウルや、
現在ロンドンウェストエンドで上演されている『レ・ミゼラブル』の
ジャヴェールを演じている、ハドリー・フレイザー:Hadley Fraserの
インタビュー記事を訳してみました。
-その1-

わからなかったところ、間違って訳しているところが多々あります!

インタビューの原文はこちら↓
Interview with Hadley Fraser: Javert in Les Miserables

ハドリー・フレイザー Hadley Fraser 

ハドリー・フレイザー、インタビュー:ジャヴェール(レ・ミゼラブル)

“I span the genres. I cycle, I cook, I grow things, I read.
And then I sit in front of the telly like most of us and pretend
I’m a Welsh rugby player, or a mafia boss or Ned Stark
for an hour or two.”

「(リラックスする方法は)色んなジャンルに及んでいるよ。サイクリングや料理、
何か育てたり本を読んだり。皆と同じようにテレビの前に座ってウェールズの
ラグビー選手やマフィアのボスやNed Stark(※1)の真似を1,2時間したりね。」

Hadley Fraser is a very popular and incredibly talented young actor.
He trained at the Royal Academy of Music and was made an Associate
in 2011.

ハドレー・フレイザーはとても人気があり才能にあふれた若手俳優で、
ロンドン大学に属する王立音楽院でトレーニングを受け、2011年準学士を得ている。

Hadley made his West End debut as Marius in Les Miserables,
played Grantaire in the Les Miserables 25th Anniversary Concert
at the 02 Arena in 2010 and has returned to this long-running West End
musical, this time starring as Javert.

レ・ミゼラブルのマリユス役でウエストエンドでデビュー。
2010年の02アリーナでの25周年記念コンサートではグランテールを演じ、
今季はこのウェストエンドで長年続いているミュージカルでジャヴェールとして
舞台に立っている。

Other theatre credits include Assassins, The Far Pavilions, The Shaughraun,
Pacific Overtures, The Fantasticks as well as The Pirate Queen (Broadway).

他の舞台出演作としては、ブロードウェイの『パイレートクィーン』を始め、『アサシン』
『The Far Pavilions』『The Shaughraun』『太平洋序曲』『ファンタスティクス』などがある。

Hadley appeared as Raoul in the 25th Anniversary staging of The Phantom
of the Opera at the Royal Albert Hall, alongside his friend Ramin Karimloo
who played the Phantom.
The two actors also write and perform music together;
their band is called Sheytoons.

ロイヤル・アルバート・ホールで行われた『オペラ座の怪人25周年記念公演』
ではラウルを演じ、 ファントムを演じた友人であるラミン・カリムルーと共演した。
二人はSheytoonsという名でバンドを組み、一緒に作曲や演奏を行っている。

Hadley will finish in Les Miserables in June so make sure you catch him
and his brilliant portrayal of Javert before he leaves!
Hadley has kindly taken some time out from his hectic schedule and
answered some questions about himself and his career.
Enjoy this fantastic interview!

彼のレ・ミゼラブルでの出演は6月までなので、彼の素晴らしいジャヴェールを見たい人は
それまでに劇場へ!
忙しいスケジュールの合間をぬって彼自身とキャリアについて質問に答えてくれました。
どうぞお楽しみください。

When did you first realise that you wanted to sing and act?
It was all relatively by accident to be honest. My parents, I think,
were always keen for my brother and I to explore lots of different hobbies
and activities as children. Music and singing lessons were one of those,
and I suppose I followed that course by default (albeit with massive enjoyment).
It wasn’t until university that I really thought about trying it professionally.

Q:歌いたい、演じたいと最初に気付いたのはいつですか?
A:正直言ってかなり偶然なんだ。子供の頃、両親はいつも自分たち兄弟に
沢山の違った遊びや活動を経験させようとしていたと思う。音楽や歌のレッスンはその
ひとつで、最初からそんなものだと思って従ってきたよ(もちろんとても
楽しんでだけど)。本気で職業にしようと考え始めたのは大学生になってからなんだ。

Have you got any role models?
A few, yes, from all walks of life. Musically I admire a great range of people
– from Kurt Elling to Darrell Scott to Maurice Durufle.
Actors I admire tend to be those who bob along slightly unseen
but massively appreciated by those around them;
such as Iain Glen and Denis O’Hare.
I adore cycling too, and have huge admiration for any professional cyclist;
the demands of that particular sport are unlike any other
– the discipline and strength (both physical and mental)
necessary to complete just a single day’s racing is inspiring.

Q:模範にしている人はいますか?
A:もちろんあらゆる分野でいるよ。音楽的には幅広い範囲で称賛している人がいる。
Kurt Elling から Darrell Scott、 Maurice Durufleまでね。
尊敬している俳優としては、どちらかと言えばあまり目立たないけど
周囲からは非常に高く評価されている人達だ。
たとえば、Iain GlenやDenis O'Hareのようにね。
自転車が好きなので、プロのサイクリストも敬愛している。このスポーツは他と違って、
たった一日のレースをするのにも自制心と身体的、精神的な強さが必要とされていて、
感銘を受けるよ。

I have read somewhere that you actually wanted to become
a journalist. What made you change your mind?

I tried my hand at performing rather more seriously at University
and loved it.
I think I had an inkling that I wouldn’t want to get twenty years
down the line, not having given it a go and be left wondering “what if?”

Q:本当はジャーナリストになりたかったとどこかで読んだことがあります。なにが
気持ちを変えたのですか?

A:大学でかなり真面目に演技に挑戦しそれがとても好きになったんだ。挑戦しなかったら
20年後もしやっていたら、と後悔することになると感じた。

You trained at the Royal Academy of Music.
Please tell us about your time there.

The Royal Academy Musical Theatre course suited me terrifically well.
The concentration on vocal technique and acting through song was very useful to me.

Q:あなたは王立音楽院で訓練を受けていますね。そこでの経験を話してください。
A:王立音楽院のミュージカルコースは自分にすごく合っていた。ボーカルテクニックと
歌を通しての演技は自分にとってもとても役にたったよ。

In 2002, you made your West End debut in Les Misérables
playing Marius. What are your memories of that time?

I have to admit, I didn’t really know what to expect.
I left the Academy early to start rehearsals,
so I was still very naïve and wide-eyed.
I learnt a great deal from my first year in the business
– what to do and what not to do.
Fundamentally I think it reinforced the feeling I had harboured
about wanting to make a go of the profession.

Q:2002年、レ・ミゼラブルのマリユス役でウエスト・エンドでデビューしてます。
どんなことを覚えていますか?

A:何を期待したらいいのか正直皆目わからなかった。リハーサルを受けるために
アカデミーを早めに出て、未経験で目を丸くしていた。最初の年にすごく学んだよ。
何をすべきか、何をすべきでないか。基本的にはプロとしてやっていきたいと心に抱いていた
気持ちを強化することになったと思う。

In 2006, you originated the role of Tiernan in the Broadway
production of The Pirate Queen. Please share a memory or two!

I arrived in New York a couple of days before rehearsals started,
and was so excited I couldn’t really sleep.
I didn’t seem to feel any jet-lag; just felt apprehension and excitement
in equal measure.
The first morning I woke up as a New Yorker my eyes opened about 4am
and I couldn’t get back to sleep.
So I walked from where I was staying right through the heart of Manhattan,
and eventually came out on the Hudson River.
From there (I think I was the only person on board),
I took a boat trip right the way round the island thinking to myself “
well, this is it, this is where you’re going to be!”
I couldn’t believe it, and still couldn’t really when we opened.
Obviously the show didn’t go as well as planned,
but I would repeat the experience again at the drop of a hat.

Q:2006年、ブロードウェイの『The Pirate Queen(パイレートクィーン)』
のティアナン のオリジナルキャストになりましたね。
そのときの思い出を教えてください。

A:リハーサルが始まる2,3日前にニューヨークに着いて、あまりに興奮していたから
全然眠れなかった。時差も感じなかったし。ただ不安と期待を同じだけ感じていた。
ニューヨーカーとして目覚めた最初の朝は、4時に目がさめちゃって
それ以上眠れなかったので、滞在していたところからマンハッタンの中心を通って、
ハドソン川まで行ってしまったんだ。
そこから島を一周しながら(僕以外誰も乗っていなかったと思う)
「ここだ。ここが僕がこれから生きていく世界だ!」って考えた。
信じられなかったし、道が開いたことが今でも信じられない。
確かに舞台は計画していたようにはうまくいかなかったけど、
機会があれば、すぐ経験を蘇らせることが出来るよ。

長くなったので分けます。
つづく。

※1
ファンタジー小説 A Song of Ice and Fireの登場人物Eddard "Ned" Starkのこと?
Eddard "Ned" Stark

※2
スティーヴン・ソンドハイム(Stephen Sondheim、本名:Stephen Joshua Sondheim、
1930年3月22日 - )。アメリカ合衆国の作曲家・作詞家のこと?
by ウィキペディア

◆追記◆
人生五年さん(サイトはこちら)にコメント欄でわからなかった部分を
教えていただいたので、修正しました。
ありがとうございますヽ(^o^)丿

ラミン・カリムルー Ramin Karimloo インタビューあれこれ 2
2012年04月28日 (土) | 編集 |
RaminRamin
(2012/03/06)
Ramin

商品詳細を見る


6.ロンドンのカフェでのアルバムプロモーション用インタビュー
NEIL SEAN & ramin karimloo
filmed at the cafe de paris london England
短いし、日本でのことを
They’re treated us such a first class hospitality
Grateful and thanks

とか言ってくれてるんだけど、最後の写真がひぃ~恥ずかしすぎるぞー。
本人も
Over charity
Regret

っていってるけど(^_^;)

7.アルバムのプロモーション用インタビュー
QVC: Ramin Karimloo chats to Simon Biagi
QVC presenter Simon Biagi talks to Ramin Karimloo
all about his love for music and his new album 'Ramin' available

こちらもアルバムの宣伝なので話の内容は予測しやすいかと。

8.チャート番組用の挨拶ビデオ?
Official Charts: Ramin interview (11/04/2012)
早口だけど一人でしゃべっているので流れについていきやすいかも。

9.ラミンとハドリーのデュエット
ビリージョエルの「ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド」
Ramin Karimloo & Hadley Fraser - New York State Of Mind
歌詞&日本語訳 
ありがとうございます♪
いい声だなあ~。
もちろん演技もすごくうまいと思うんですが、
ミュージカル俳優って歌う声で色々な人物を演じわけることが出来る
人たちなんだなあ、ってつくづく感じました。七色の声・歌?!
Ramin and Hadley singing the song
"New York State Of Mind" together.
Its taken from Ramin's first album, "Within the Six square Inch".
It is no longer for sale and I really like this song,
so tought I'd share it so others can hear it as well :)

I've tried to match the "single" pics of them for when they sing.

ということなので、映像を見るとどちらが歌っているかわかります。

10.アルバム『Ramin』から2曲目Coming Home のプロモーションビデオ
Ramin - Coming Home
歌詞はこちら

11.アルバム『Ramin』からBryan Adamsのカバー曲 Everything I do
Ramin 11. Everything I do (I do it for you)
歌詞はこちら
カナダというとやはりブライアン・アダムスなのかしら。
今年来日公演されていましたよね。

12.楽屋でのインタビュー&歌
QVC: Ramin Karimloo


歌っているのはアルバムの12曲目Jay Cliffordのカバー曲『Cathedrals』
歌詞はこちら
Jay Cliffordの公式サイト、素敵です。

こういう英語の勉強(?)楽しいなあ。
なにより、読みたいから読めるし
(英語版のwikiとか長いといつも挫折する私がっ)
聞き取りたい!聞けるようになりたい!って
動機づけにもいいっす。

ラミン・カリムルー Ramin Karimloo インタビューあれこれ
2012年04月27日 (金) | 編集 |
あいかわらずラミン&ハドリーにはまっています。。。
I'm hooked on Ramin Karimloo & Hadley Fraser.
I can't not watch videos on youtube.


RaminRamin
(2012/03/06)
Ramin

商品詳細を見る


ラミンは現在怒涛のアルバムプロモーションのため、
動画はざくざくアップされています。
カナディアンイングリッシュ?くせがなくて聞きやすい気がします。

1.BBCのモーニングショーでのインタビュー
BBC Breakfast: Ramin Karimloo


奥さんとの衝撃の?出会いも語っています。
レ・ミゼラブル25周年にも出演していたMatt Lucas との話で
なんで最後がshameなのかがわからない。。

◆BBCラジオ番組でのインタビュー
BBC Radioで1月~4月まで毎月少なくとも1回ラミンのインタビューが
放送されていたようです。
1月分の音源は見つけられなかったのですが、なんと日本語に
文字起こししてくださっている方がいて、そちらを読むと
英語のインタビューが格段聞き取りやすくなると思います。
ラミン・カリムルーインタビュー文字起こし
Ramin on BBC London Radio with Jeni Barnett.
BBC LONDON 94.9FM 2012年1月16日(月)11:33~11:50
ありがとうございます♪

2.BBC Radio で放送されたラミンのインタビュー(2月)
20分以上。でも途中に歌が何曲か流れます。
Ramin Karimloo Interview 26 Feb 2012
Ramin Karimloo's interview with Barbara Windsor broadcast
on BBC Radio 2 on 26 February 2012.


ううう~ん、さらさら聞き取れるようになりたいなあ。
・固有名詞を知らないと聞き取れない。人名やミュージカル名とか。
 逆に知っていると聞き取れているような気になる。
・口語表現も同様。
・これまでのキャリアについて話しているので、
 内容を知っていると難易度がずいぶん違う。
 ということでウィキを読む。
 Ramin Karimloo From Wikipedia
・同時にしゃべられると聞き取れん。。
 CNNのインタビューとか見ていても、相手をさえぎってしゃべるよね。
 っていうか遮らないと司会者が全然話せないゲストとかも(汗)
 今回はあんまり遮らないで欲しかったけど。

ラジオのスクリプトをちょっと探してみたけど、見つからないなあ。
文字がないとやっぱり難しい。
やっぱりTEDとかで勉強するしかないのかなあ。

3.同じくBBC Radio で放送されたラミンのインタビュー(3月)
Ramin Karimloo on BBC Radio (25.3.12)
Interview & live acoustic performances from West End star Ramin Karimloo
on Aled Jones' "Good Morning Sunday" via BBC Radio, March 25, 2012.
Sorry for the reduced quality, but I hope you still enjoy it!!


こちらは両親の話や音楽への思いを語っています。
内容はこちらの方が面白い気がしますが、
アップされた方も書いているように音が悪いのが残念。
真ん中と最後に2曲歌っています。
2. Coming Home
12. Cathedrals

4.同じくBBC Radio で放送されたラミンのインタビュー(4月)
Ramin Karimloo on BBC Radio (03.04.12)
I edited out the songs, as the quality of the recording doesn't do them justice
歌が削除されているので12分ほど。
どのインタビューも歌を外すとそれ位の時間なのかも。

音はないけど、
5.RadioTimesの雑誌に掲載された、Ramin とSierraのインタビュー
RadioTimes Interview: Phantom 25's Ramin Karimloo and Sierra Boggess
日本語に訳してくださっている方のサイト
ありがとうございます♪

こちらも雑誌のインタビュー
Ramin Karimloo star leaves stage behind (for now)

長くなったので、2回に分けます。
つづく。


レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート アンジョルラスの歌
2012年04月26日 (木) | 編集 |
えっと、引き続き「オペラ座の怪人」つながりで、
色々動画をあさっているのですが(あー、先人の辿った道だわっ)
とりあえず、『レ・ミゼラブル』25周年記念コンサート
(Les Miserables : 25th Anniversary Concert)

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [DVD]レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [DVD]
(2011/04/08)
アルフィー・ボー、ノーム・ルイス 他

商品詳細を見る

ラミン・カリムルー(Ramin Karimloo):アンジョルラス (Enjolras)
ハドリー・フレイザー(Hadley Fraser):グランテール(Grantaire)
で出演しているんですね。

ミュージカルは見てないのですが、
「オペラ座の怪人」より「レ・ミゼラブル」の方が好き、という人の
気持ちがわかるかも。

コンサートでこのすごさなら、ミュージカルもすごく感動しそう。
もちろん25周年記念コンサートもすごいですけど。
ってまだアンジョラスのとこしか見てないのですが(^_^;)

アンジョルラスがメインで歌っているところ。
英語字幕付き。

[Les Miserables] 25th Anniversary Concert - Part 5 (+ subtitles)


7:00位~『ア・ベ・セー・カフェ - The ABC cafe - Red and Blac』
日本語付歌詞:Enjolras, Marius & - Red and Black - The ABC Cafe Lyrics

12:42位~『民衆の歌 - Do You Hear the People Sing? (The People's Song)』
日本語付歌詞:Do You Hear The People Sing? Lyrics

[Les Miserables] 25th Anniversary Concert - Part 6 (+ subtitles)


9:40位~『ワン・デイ・モア - One Day More』
日本語つき歌詞:One Day More! Lyrics

これ以外で、ラミンが歌っているのは、
Part 4:ラスト12:30-
Part 7:最初と真ん中08:25-
Part 8:最初から真ん中まで。ラスト13:00-
アンコール:One Day More
って感じでしょうか。

それにしても、
(グランテールは)「本人に嫌悪されても、自分が持っていないものを
己の内に有したアンジョルラスをひたすら崇拝する」
byウィキメディア
って書いてあるけど、
ラミンのアンジョルラスは冷たくないどころか熱い視線をおくっているよね。

「アンジョルラスは革命の大天使と謳われた
ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュストがモデルである。」
ってことで、ベルサイユのばらにも登場しているんですね。
同じくbyウィキメディア

ラミンがIranian-born Canadianなので、
アラブの春のことがちらっと頭をかすめたりして、
複雑な気持ちにもなるけど。

【DVD】オペラ座の怪人 25周年記念公演 inロンドン 感想その2
2012年04月24日 (火) | 編集 |
オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [DVD]オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [DVD]
(2012/01/25)
ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス 他

商品詳細を見る


映画などを全せりふディクテーションする、という英語の勉強法は
TOEIC高得点者の勉強本や、「絶対勉強するな」や、多読の人のブログでも
推奨されているから~、といいわけして(最低300回聴くという英語耳とか)、
とりあえず「オペラ座の怪人」のスクリプトのわからない単語を調べているんですが、
そうやって読み聴きしていると、またあれこれ感想が生まれてしまうので、、
書き連ねてみました。

それにしても英語を読んでから日本語字幕を読むと、
ファントムの歌とか私のイメージより甘め、な感じ。
英語が正確にわからない分好きなように自分で脳内翻訳して読めるのがいいとこ?(苦笑)

歌詞は→こちらを参考にしています。
Michael Crawford&Sarah Brightmanのもののようなので、
今回のRamin Karimloo & Sierra Boggess版とは微妙に違っているのですが。

前回(→こちら)と同じくネタバレしています。
激しく勝手な感想。好きな人には怒られそうー(^_^;)

*****

実は、無敵の天然女子に男子ふたりが翻弄されまくる話?

ラウルって、
     泣き落としに弱い。怖い顔でお願いしても
     (マスカレードや2度目の支配人の部屋のシーンとか)
     全然籠絡されないけど、
     オペラ座の屋上のシーンとか、なんといっても2度目の支配人の部屋のシーンで、
     クリスティーヌが泣き落とししてくると、へなへなへな、と。
     泣き落としに弱いって、繊細な優しいこころを持っているってこと?
     直接向かってくる強い女子になれている?
     
ファントムって、
     怒りに弱い。ラストhateって激昂されて、うっ、って。
     泣いて、というより直接的に訴えると聞くの?
     相手が脅えるのが普通で直接向かってくる人になれてないから?
     怒りに弱いって攻撃に強くて守りが弱い?
      
クリスティーヌって、
     最後の最後までファントムの攻撃にも哀願にも負けない・・・。
     どちらにも迎合することがないよね。
     ラウルの怖い顔にも負けないし。
     懇願にもまけず、I can'tって行っちゃうし。

最後のシーンを見てると思うけど、ほんとラウルって邪魔者ですね・・・・。
どう見ても。

ファントムからするとクリスティーヌは、
自分の歌を飛翔させてくれる最高の人で
You alone can make my song take flight

自分でさえ隠しておくことしかできない顔を恐れないどころか
さわってキスしてくれるんだから。

ううううう、死ぬほど愛さずにいられようか、いやいられない。

最初から自分の音楽のために歌ってくれ、って頼んでるし。
help me make the music of the night ...

クリスティーヌだってラウルと最初に再会したときに、
なによりも夜眠っているときに音楽の天使が歌ってくれる
のが好きって言っているし、
what I love best, Lotte said,
is when I'm asleep in my bed
and the Angel of Music sings songs in my head!


支配人の部屋のシーンでも自分の頭の中でずっと歌っているのって言っているし、
he'll always be there,
singing songs in my head ...

お墓の前のシーンで魂は従っているって言っているし
Wildly my mind beats against you . . .
Yet the soul Obeys . . .

なにより最初の人って忘れられないものではぁー。
クリスティーヌが涙を流しているのって
最初の地下のシーンしか印象にない。

なんでわかれないといけないんだろう?
相手が犯罪者だから?

岡、エースをねらえ、じゃないけど、
師匠とは別れなくてはいけないものなの?
超えなくてはいけないものだから?

安定した家庭を築くのは、ぎりぎりした芸術や師弟関係の厳しさとは
別もので、持ち込んではいけないものだから?

二人で完全に充足してしまう関係、というのがだめなのか?
村上春樹の小説みたいに。

最後ラウルが
I love her!
Does that mean nothing?

と言うのを聞いて、
ファントム笑うとこ、笑止千万って感じだすなー。

最後にクリスティーヌが指輪を返して、ファントムに
Christine, I love you
といわれて歯を食いしばるところとか、
こんなにお互い愛しているのに、なんでこんなことになってしまうのか、
って感じ?
ファントム、なんとかできなかったの!

行動としてはつねに受身ではあるのね。
女子として受身で運命に流されるままにするけど自分はしっかり持つ、
というのが、前社会的な枠組みの中に沿っているってことなのかな。
男性の怒りにも泣き落としにも負けないけど、基本線としては逆らいはしない。

相手は殺人犯だし社会規範からははずれない、というのも強いのか?
どんなにお互い心から愛していても。

同じ構成ほぼ同じ台詞で演出や演じる人によって
まったく違う雰囲気の作品が出来上がるって、
もとの脚本がすごいなあ。

***

ラウルはファントムに直接敵意むき出しで、排除しようと画策するのに、
ファントムはクリスティーヌをプリマドンナとして歌わせようとしているだけで、
ラウルへのベクトルは向いていないよね。
最後の手紙でもラウルには直接なんにも要求してないし。

ラウルはクリスティーヌがファントムを愛していることを薄々わかっているから
彼女の愛を獲得するために、どうしてもファントムを排除する必要があるけど、
ファントムはクリスティーヌとラウルの関係はそれほど重視してない、から
ラウルを直接どうこうしようとはしてないってこと?
軽視されて怒っているのかラウル?
(ブロマンスとか入ってくるとますますややこしくなるよね。今後(^_^;))

ファントムがラウルを殺す、というのもありそうなのに
そんなことしたら、クリスティーヌの愛を得られないのが
ファントムにはわかっているから、ないの?
(ほんとに得られないかどうかはクリスティーヌの潔白度―って単語が
あっているのかどうかわからないけど―にかかっているだろうけど)

じゃあラウルがファントムを殺すのはいいの?
ゴーストだから?犯罪者だから?
支配人も、いいんだろうか、こんなことして、って感じで言っている気がするのに、
強引なラウル。
嫉妬に狂って?
嫉妬に狂って殺すのは心情的に許されるのか?

クリスティーヌはファントムを罠にはめる案に動揺して全身で反対しているけど、
最後に舞台にたつことにしたのは、お墓の前で過去に別れを告げると決心したから?
かつ再び会っちゃって愛していることを再確認して、非情な手段を取らないと
断ち切れないと思ったから?
愛しているけど愛していけない人には絶対会いたくない、という気持ちはすごくわかるけど、
それが高じると相手を殺さないといけなくなるのか?

お墓の前でラウルが現れず、ファントムのもとに行ったらハッピーエンドだったかも
しれないのにね(涙)。

二人の愛に思いを馳せれば馳せるほど、なんでクリスティーヌが最後ファントムと
別れることにしたのかが、わからない。。

そして続編が作られたわけですね。見たいような、怖いような。

ひょえー、どんどん長くなるので、ひとまずここで更新。
次があるかはわかりませんが(^_^;)

"'Til I Hear You Sing" [Official Video for the single taken from Love Never]


歌詞は→こちらなど(途中から始まります)。


【DVD】オペラ座の怪人 25周年記念公演 inロンドン
2012年04月21日 (土) | 編集 |
オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [DVD]オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [DVD]
(2012/01/25)
ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス 他

商品詳細を見る

¥4,480→¥3,191に値下げされています♪

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドンに
はまっています!

そもそもあちこちのハマっている方のブログで解説・解釈されているのが
すばらしくて、それを読みながら動画を見ていたらどんどんはまってしまって、
やっとDVD購入。

英語字幕&日本語字幕(1は台本なので、2のほう)で観賞中!
英語字幕で見たらわからなくて、日本語字幕で見ると
上手く訳しているなあ、とつくづく思いました。

以下ネタバレしてます。
ミュージカルを見てないと何を書いているのかわからないと思います・・・。
DVD見ながらぐだぐだ感想を語ってます。。。

*****

まず、最初に舞台で歌うクリスティーヌを見て、
「クリスティーヌだ!」と驚き喜ぶラウルが(・∀・)イイ!!

おどおどしていたクリスティーヌが素晴らしいプリマドンナに
なるところ、彼女自身の喜びにはじけるように歌うThink of me
も素敵で、歌詞もラウルの気持ちを考えると、
「彼女のとこに行かなきゃ―」ってなるよね。

で、「ときには私のことを思い出してね」と歌われて、
薔薇を持ってオペラ座のプリマドンナになっていた幼馴染を
楽屋に訪ねていって話してみたら、

えっ?!まだ昔に会った少女のままだ!
と、驚くラウル。

勝手が違って、仕切り直し、と帽子を取りにいった間に
ファントムに連れ去られてしまいます・・・。

そもそも激しく父親っ子のクリスティーヌが父親から
天国から音楽の天使を送る、と言われて、
その後の孤独の人生を、頭の中の音楽の天使の声を
支えにひとりで生きてきて、
そして実際にファントムから音楽の教えを受け、
二人の力で群舞のひとりからプリマドンナとして
舞台で成功!

その幻想なのか自分の妄想なのかわからなかった人が
謎めいた仮面をかぶってまたまた現実なのかわからない感じで
目の前に実際に現れ、直接激しい感情をこめて歌われて、
開花。

ファントムとしても、孤独だった人生(初期設定40代とか)
の救世主の女神で音楽のミューズかつ自分が育てた少女が目の前で
開花する姿を見て、そりゃあ感情ほとばしりまくりですよ。

ラウルが現れたこともあって、自分だけの領域につれてくることに
なり、そりゃあ激情しますよね。

で、翌日。

仮面をはずされて激高し、でもすぐ悔恨の態で、
恐れが愛になることもある、秘かに美を夢見てきたんだ、
とひざまずいた姿でさらけ出し。

心を開いているなあ、自分のテリトリーにいるから?

でも仮面をつけた瞬間、さっ現実に戻るところが、大人。

場面変わって劇場。

あー、ラウルかっこいい。

ムッシュー・ファルマンさん、うまいですよね。
(支配人の背の低い方の方)
劇団四季でも一番上手かった気が・・・。
歌がうまいし演技も余裕しゃくしゃくで安心してみていられました。
四季のクリスティーヌが終始固い感じなのは演出?

カルロッタって、この版では結構かわいらしく描かれていて、
現実的ですよね。
クリスティーヌに
「あんたが黒幕なんじゃない」とか「パトロンと出来てるしさ」
とか言ったりしてるし(^_^;)
ファントムに逆らったり気に入られなかったりした人は
ひどい目にあっているけど、最後まで舞台に立っているし。

場面変わって、オペラ座の屋上。

落ち着かせるために抱きしめて髪にキスっていいですねー。
それなのに落ち着いた彼女は夢見がちに、
「(ファントムの)その目には怯えと愛があった」って言い出すし。

でも、脅えている彼女の表情を見て、
自分が守ってあげる!と決心を固めて、
僕が守ってあげるって歌ったかと思ったら、すかさず、
私を愛して、とクリスティーヌ。
嬉しい驚き!(・∀・)イイ!!

私が欲しいのは自由、闇に脅えたくない。

二人のすっごく嬉しそうな表情がすてきーーー。

ラウルはここで「君を孤独から救わせてくれ」と言っていて、
最後の方でファントムが「孤独から救ってくれ」とクリスティーヌに
言っているのと対照的。

ラウルはこの時点で「愛している」って言っているんですよね。

ラウルのこの屈折していないところがいいなあ、と個人的には。
ファントム、屈折しまくってますからね。

で、クリスティーヌは「馬車を用意していてね」
クリスティーヌは、結局最後までどちらにも「愛している」って
言ってないんですよね。

場面変わってファントム登場。

私が教えた歌を聞いて彼はお前を愛した、
ぐおぉぉ!
ゆるせーーーん!

場面変わってマスカレード。

婚約を秘密にしておいて、というクリスティーヌと、
なぜなんだ、なにを恐れているんだ、とラウル。

いつかわかるから。

心の底でファントムを求めていることが?!

仮面をつけて友達にも誰かわからない、という状態:マスカレードを
生の喜びのように高らかに歌い上げる人達。
闇に落ちてしまえば快楽が?

ラウルは軍服で半分だけ袖は外している服装。
彼が羽目をはずしてもそこまで、って感じですね。
真っ当な人だ。

そして赤の死に扮したファントム登場。

まあラウルにクリスティーヌを奪われここで勝負かけているからねー。

場面変わって劇場。

クリスティーヌ、青のドレスが大人っぽくなって素敵。

ラウル「彼は人間にすぎない。私達が死ぬまでつきまとうだろう。」

クリスティーヌ、彼がいつも頭の中で歌っているの(!)

彼を殺す、といっているのに、
彼が死ぬってことは私が死ぬ、ってことだ、
って言ってますよね。

ラウル、君のことを考えていないと思わないでくれ、
でも君にかかっているんだ、って。

クリスティーヌの中にいるファントムこそ殺してしまいたい
のですものね。

場面変わって父親のお墓の前。

オペラ座の屋上ではラウルにブーケを外してもらったけど、
ここでは自分でブーケを外すのが象徴的。

どうしていいかわからない、
もう一度会いたい、

過去を捨てる勇気を!
さよならを言う勇気を!
と熱唱するところが素敵です!

ここで現代劇ならファントムもラウルも捨てて
自立して生きていくって感じかも、と書いてらした方もいて納得。
(今なら自立した後どう関係を結んでいくか、というテーマも?)

クリスティーヌとしては
「ああ、呼んだら来てくれる。そのファントムが哀しい」という
評にも納得。

「ああー彼女がまた彼に!」
というラウルもいい!(ええ、ラウル派です)

ファントムのように心から愛していて必要としているから
クリスティーヌを欲する、というほどの愛に応えるのは、
自分のすべてを賭けないといけなくて、
そこで充足してしまうから、すごい怖いことなのかも。
「人は幸せを掴むのは怖いものなの」(by下妻物語)

ミッシングピースでもぴったりなかけらと出会ったら・・・・
ってことになってるし。

場面変わって、The point of no return。

こんなに激しい愛の交換を目の前で見せられたラウル。。。

ベールをめくったクリスティーヌは全然驚いてないし。

自分と生きていくということは仮面を外すってことよ、
その覚悟はある、というクリスティーヌ、っていう評もなるほど~。

髪も一瞬で白髪に?かつらだったのね。

クリスティーヌ、なぜだ、なぜだ!

場面変わって地下。

肉体の欲望は満たされていない、といってるけど。

ラウル、なんで丸腰で行くの?

自分がクリスティーヌの首を絞めていたことにファントムが
驚くとこもいいよね。

クリスティーヌがhateと言って動揺するところ
ほんとピュアなファントムですよね。

ラウルが「許してくれ、なんの役にも立たないで」
と言っているのがいいなあ。
わかっているじゃん。。

ラウルが「自分を助けるために彼女に嘘をつかせるのか」
といってファントムがぐーーー、とラウルを見るところ。

私は心をあげた。

クリスティーヌのyou are not alone
でファントムの目にたまっていた涙が流れるところも
いい!
ラウルのぎゃー、っていうとこも。

ラウルを助けるため、というより、
ファントムを助けるために、
万感の想いをこめたキス。

最初はファントムのところに向かおうとするラウルを押しとどめる
クリスティーヌ。
その後はラウルがクリスティーヌを階段へ。
この一連の動きのおかげで離れられたのかも。

打ちひしがれたファントムの動きが愛おしい。

ふと気づくと後ろにクリスティーヌ。

クリスティーヌ、I love you

引き裂かれるおもいで指輪を返すクリスティーヌ。

階段の途中で振り返るクリスティーヌに
小さくうなずくファントム。

ぎりぎりのバランスの状況で手を差しのべるラウル。

結局形の上ではファントムが破れていますが、
ここまでの関係を見ても、結びつきとしては、
ラウルが負けてますよね。

彼女はほんとはファントムを愛しているんだ、というのは
わかっていて、
でもそんなこと別にいいじゃん、しかたないじゃん、
そうだとしても、実際に一緒に生活していくのは
自分だし、という現実的な?大人?のラウルでいてほしいですね。

ラウルはラウルでちゃんと正当に戦っているし。

三人の力が拮抗しているのもこのバージョンが素晴らしい理由の
ひとつでは。

まだまだ書き足りないところ、ちゃんと確認していないところも
多いですが、長くなっちゃったので、ひとまず、おしまい。

「オペラ座の怪人 25周年記念公演 inロンドン」
映画館での上演が延長に延長を重ねてなんと先月まで
やっていたとのこと!
音響効果抜群という立川の上演、見に行きたかったです!