英語で読書♪簡単な本を中心に洋書での読書を楽しんでいます。映画の感想や旅行の記録などもアップしています。楽しくなる情報を共有できますように♪
2016クロアチア_17帰国
2016年07月22日 (金) | 編集 |
クロアチア_17帰国

ホテルに預けていたスーツケースを受け取って
がらがら歩いてバスターミナルへ。
30クーナで30分かけて空港へ。
一番前の席に座ってしまったのですが、優先席でした。
しまった。

このひし形マークの車、ルノーなんですね。
クロアチア

空港前のカフェで時間をつぶして、
搭乗ゲートに入ってからはラウンジが使えたので、
ラウンジで時間をつぶして。
ザグレブから大韓航空直行便が飛んでいることもあって、
ラウンジは韓国の方が多かったです。
クロアチア

トルコ航空で帰国の途につきます。
クロアチア

さようなら、ザグレブ。
緑が多く、徒歩圏でいろいろ楽しめる、
市場も楽しい、のんびりと楽しめるいい街でした。
クロアチア

さようなら、クロアチア。
特に博物館の受付の女性の方など、
感じのいい人が多くて、過ごしやすかったです。
美人も多かった!
クロアチア

ザグレブからイスタンブールまでは約2時間。
クロアチア

東洋と西洋の出逢う街だと思うと、
いつか行ってみたくなります。

英語ネイティブの世界では(特にアメリカ)
英語がぺらぺらに話せないと
人間扱いされないような気がして(たぶんひがみ)、
若い頃アメリカに旅行にいって結構嫌な目にあったので、
その後は旅行に行くなら同じアジア人としてより気楽なアジアばかり
行ってましたが(まあお金もなかったし)

ヨーロッパ大陸は多言語多国籍なので、
お互い第二言語として意思の疎通がはかれるので、
白人社会にいても、まだ楽なような気がします。

今回のクロアチアの方の英語は癖もなく聞きやすかったように
思います。

まあアメリカ人は(オーバー)フレンドリーな人が多い
印象だし、昔はほんっとに英語が話せなかったから、
今行ったらまた違うのかもしれませんけどね。
クロアチア

帰りのイスタンブールでの乗り継ぎは
2時間ほどしかなかったので、直接搭乗ゲート内へ。
あの素晴らしいラウンジによれずに残念。

しかし、約2週間後にこのアタチュルク空港で
テロが起こったので、驚きました。
巻き込まれなくて本当に良かった。。。。

トルコ航空、食事も美味しかったし、
行きも帰りも窓際の席が2列ずつで、
楽で良かったのですが。。。

夜ごはんを食べて、
クロアチア

朝ごはんを食べて、
クロアチア

霞ヶ浦を眺めて、
クロアチア

利根川を眺めていたら、
クロアチア

日没と共に成田に到着しました。
クロアチア

夢のような1週間でした。

おつきあいいただき、ありがとうございました。

おしまい。

2016クロアチア_16ザグレブ・考古学博物館
2016年07月20日 (水) | 編集 |
クロアチア_16ザグレブ・考古学博物館

再び植物園を通って、旧市街の方に戻ります。
クロアチア

2カ所ほどでピアノ?オルガン?を弾いている人達
がいて、びっくり。
上手な方たちでした。運んできたのかな。
クロアチア

池や小さな温室もあったようです。
クロアチア

再び大好きな市場で、お買い物。
クロアチア

地下には肉売り場も広がっていました。
クロアチア

またまたTkalcica通りの奥の方にあるレストランへ。
クロアチア

あー、でも実はガイドブックに載っていた隣の店に
すればよかったかも。。
クロアチア

フレッシュオレンジジュース、
美味しくて一気に飲み干してしまったので、
クロアチア

リンゴとパイナップルのジュースも追加で♪
贅沢!
クロアチア

クリームスープ。
何が入っているのが分かりませんでした(汗)
野菜と豆類だと思いますが。。
クロアチア

シェフオススメ豆のサラダ、ということですが、
小豆?に玉ねぎにオリーブオイルに黒酢、という
シンプルなもの。
クロアチア

ベリーソースのステーキ。
カフェ風なのになかなかこだわりの料理のお店でした。
クロアチア

考古学博物館。
ハト形の土器が有名ということで、展示されていましたが、
紀元前3000年~2000年にドナウ川流域で栄えたヴチェドル文化を
代表する発掘品だったんですね。
20クーナ札にも描かれているとか。
くー、確認しなかった!
クロアチア

3階建てで、2階のテーマが古代エジプトで
ミイラや棺がとても充実していました。
クロアチア

スタッフの方に本物なのか、なぜこんなに充実しているのか
聞いたところ、
もちろん本物で、ちょっと沈黙した後で、
大富豪の人が集めていて寄付してくれた、と教えてくれました。
クロアチア

手動エレベーターもおしゃれ。
クロアチア

最後に貴族の家を改装したというパラスホテルの
一階にあるカフェ「ペティト・パラス」へ。
クロアチア

おしゃれな雰囲気。
クロアチア

アップルケーキとカプチーノ。何処で頼んでも、
銀のお皿に載ってお水付きなのが、
ウィーン風ですね。
クロアチア

つづく。

2016クロアチア_15ザグレブ・植物園、科学博物館
2016年07月18日 (月) | 編集 |
クロアチア_15ザグレブ・植物園、科学博物館

クロアチアのホテルはドゥブロヴニクの5つ星ホテルでさえ、
歯ブラシなどのアメニティがなかったのが、ちょっとびっくりでした。
石鹸やシャンプーやドライヤーはあったので、問題ないのですが、
歯ブラシ持参は必須ですね。
こちらのホテルはペットボトルの水も無料ではありませんでしたが、
ネットで見ると7000円台から泊まれるみたいなので、
豪華な朝食ブッフェが食べられるので満足です。
クロアチア

最終日はニコラ・テスラの実験が見れるという科学博物館
に行ってみることにします。
駅の反対側の線路沿いにある植物園を通ります。
クロアチア

緑の中はホッとしますね。
クロアチア

植物園だけあっていろいろな植物が植えてありました。
クロアチア

あじさい好きなのかな。
クロアチア

科学博物館に到着。
遠い、と聞いていたのですが、結構近かったです。
クロアチア

http://www.tehnicki-muzej.hr/en/
ほほう。
クロアチア

重工業関連の機械がたくさん展示されていて、
もと社会主義国、という感じがしました。
「1990年、社会主義を放棄し、多党制を導入し民主主義国としてクロアチア共和国へと移行、その後まもなく独立を果たした。」
んですね。by ウィキペディア
クロアチア

さてさてニコラ・テスラのコーナー。
Nikola Tesla (1856-1943)
7月10日はニコラ・テスラの誕生日だったんですね。
クロアチア

Come and join us in carrying out Tesla experiments every day from Tuesday to Friday at 3.30 p.m. and on Saturdays and Sundays at 11.30 a.m.
くー、この実験について紹介していた「The Zagreb TIMES」にこの時間まで書いてくれていたらよかったのに!
クロアチア

The Technical Museum is divided into 10 departments. The Planetarium, the Mine and the Nikola Tesla Demonstration Workshop are the most popular ones and are available to visitors with guidance every day.
クロアチア

The materials kept in the specialized library are also publicly available, at request and in the reading room.

この装置の上にぴかーと電流が流れるようですよ!
クロアチア

うむむ興味ぶかいなあ。
クロアチア

テスラモーターズも
ニコラ・テスラから名前を取っているんですよね。
クロアチア

博物館は他にも子どもが触って色々学べるコーナーも充実していて
専門のスタッフ方もいらして、子どもたちの
楽しそうな声が絶えず聞えてきました。

この建物の隣には、化学のイベント会場が別にあって、
3Dで基本的な化学物質を貸切で英語で学べたのも
面白かったです。
クロアチア

つづく。

2016クロアチア_14ザグレブ・人形劇場
2016年07月16日 (土) | 編集 |
クロアチア_14ザグレブ・人形劇場

前日散歩していたときに偶然見つけた人形劇場。
明日の6時から人形劇「親指姫」をやりますよ、と教えてもらったので、
楽しみにやってきました。
クロアチア

プラハのマリオネット劇場の「ドン・ジョヴァンニ」
が素晴らしかったので、期待してしまいますが、
こちらはもっと素朴な子ども向けのもののよう。
クロアチア

でも飾ってある人形が素敵です。
クロアチア

なんの劇用なんだろう。
クロアチア

指定席で、私たちの後にも当日購入で、
お客さんが入ってきました。

「親指姫」、ストーリーは分かりますが、言葉が全然わからないので、
一体何をあんなに話しているんだろう、と不思議な気がしました。
フィンランドでムーミンの劇を見た人が全然わからなかった、と
言ってましたが、「親指姫」でこうなのだから、さぞかしわからなかった
だろうなあ、と。
言葉を通してコミニケ―ションしているんだなあ、って
つくづく感じました。
クロアチア

行列の絶えないアイスクリーム&ケーキのお店「ヴィンツェク」
クロアチア

店内はまだ席が空いていたので、イチゴケーキと
クロアチア

食べたかった名物クレムシュニテ。
ふわふわのカスタードムースと上にのっているクリームが
美味しい♪
クロアチア

パフェも充実していたので、チョコレートアイスメインで。
あー、遠慮せずもっと豪華なのにすればよかったかも!
クロアチア

ところでドゥブロヴニクでは
『走ることについて語るときに僕の語ること』
が本屋のショーウインドーに飾ってありましたが、
ザグレブの本屋では『1Q84』がベストセラーリストに
展示されていて、なおかつショーウインドーにも。
人気あるんですね。
1巻2巻までで169クーナ(約2800円)って
書いてあるみたいだけど、
日本でも単行本なら1冊2000円位だから、
まだ安いほう?
クロアチア


つづく。

2016クロアチア_13ザグレブ・ロトゥルシュチャク塔、ナイーヴアート美術館
2016年07月14日 (木) | 編集 |
クロアチア_13ザグレブ・ロトゥルシュチャク塔、ナイーヴアート美術館

オリエント急行の客のために1925年に建てられたという
ホテル・エスプラナーデ。
もちろん五つ星ですが、一室13000円台位から泊まれるみたい!
クロアチア

こちら世界一短いと言われるケーブルカー。
「世界ふれあい街歩き」で見たことあるような気が。
クロアチア

残念ながら修理中だったので、横の階段を上りました。
クロアチア

そこからすぐの「ロトゥルシュチャク塔」に登り、
街を一望。
聖母被昇天大聖堂。
クロアチア

新市街?には高い建物も見えます。
クロアチア

聖マルコ教会。
誰も登って来なかったので、のんびり休憩。
クロアチア

正午に大砲が鳴らされるときは音が大きいので、
近寄らないほうがいいよ、とどこかで言われた
気がするのですが、街にいるときは、2回はチャンスが
あったのに気づかなかったんですよね。
クロアチア

ナイーヴアート美術館。
クロアチア

クロアチアのは
ガラスの裏側から油絵の具で自然を細密に描写することが
特徴とのこと。
クロアチア

米原万里さんが『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』で、
旧ユーゴスラビアの友人ヤスミンカが描く絵画について
言及していた記憶がかすかにあるのですが、
それがナイーヴアートではなかったかと。
クロアチア

本物が見れて嬉しかったです。
クロアチア

英語でナイーヴというと微妙な感じなので、
素朴派(とも言われている)のほうがよさそうな気がしますが。
クロアチア

ここで買う絵葉書は大きいサイズのものでも3クーナ(約50円)
でお得でした。
クロアチア

ザグレブ博物館。
オスマン帝国がやってきたときどうしたか、など、
古代から中世、近代までザグレブの歴史が詳細に展示されていました。
クロアチア

Tkalcica通りの入り口あたりにあるレストランへ。
最初となりに入ったのですが、ソファ席のカフェは
料理を出していないとのことで、こちらへ。
クロアチア

シュニッツェルとミニサラダと豆とミントのスープ。
この豆のスープが絶品でした!おいしい!
クロアチア

値段も全部で80クーナ(1360円)でコスパが良かったです。
クロアチア

つづく。

2016クロアチア_12ザグレブ・青果市場ドラツ
2016年07月12日 (火) | 編集 |
クロアチア_12ザグレブ・青果市場ドラツ

こちらの朝食会場で特に美味しかったのは、
ブルーチーズとマッシュルームのソテー。
ソテーしたトマトやマッシュルームは
正当派イングリッシュ・ブレックファストの一部、
ということで野菜が少ない時でも割とお目にかかる
気がします。
クロアチア

トラム
クロアチア

トラム
クロアチア

KING TOMISLAV
The statue of the first Croatian king, located on the square carrying his name, was sculpted by Robert Franges Mihanovic in 1938. And put on the square in 1947.
By 「The Zagreb TIMES」

クロアチア

ズリンスキ広場の周りでは
ナショナルジオグラフィックによる
クロアチア紹介のパネルがぐるりと
掲示されていました。
こちらはコルチュラに唯一残るという
モレシュカの踊り。
コルチュラ島でちらっと見れるところが
あったようなのですが。。。^^;
クロアチア

公園の真ん中では一人旅のアジア女性が主人公の
ドラマ?のロケが行われていました。

この街では団体以外のアジア人はあまり見かけません
でしたが、韓国人女性の二人組は時々見かけました。
ざっくりした印象では、
団体の中国人または日本人観光客、
日本人の年配の夫婦連れ、
韓国人の女性二人組、
というのがよく見る組み合わせのような気がしました。
韓国人女性の一人旅行というのもヨーロッパで
よく見かけるような気がします。
クロアチア

こちらは上空からザグレブの旧市街。
クロアチア

青果市場ドラツに近づくとまずお花屋さんが。
クロアチア

きれいですね。
あ、クロアチアは結構たばこを吸う人を
見かけました。
レストランやカフェも分煙になっていないからかも。
クロアチア

クロアチア

KUMICA BARICA
At the top of the stairs leading to Dolac from Ban Jelacic Square there is a sculpture of a kumica, a woman selling her own produce, wearing traditional clothes. It was erected in 2006.
By 「The Zagreb TIMES」
クロアチア

赤いパラソルが楽しい青果市場。
市場でない屋台で買ったサクランボでも
1キロ16クーナ(272円ほど)だったので、
安いですよね。
クロアチア

こちらはイチゴ1キロ11.99クーナ(203円ほど)安いなあ。
クロアチア

干しイチジクは1キロ40クーナ(680円ほど)
甘くておいしかったです。
日本で買うとなるとトルコ産で値段が倍ぐらいするみたいです。
あー、もっといっぱい買ってくればよかった。
干しイチジクってはちみつっぽい味もしますよね。
クロアチア

ラズベリーとかもいいなあ。
クロアチア

赤いものづくし。
クロアチア

生のイチジクは干しイチジクの半額かぁ。
クロアチア

これはすもも?
クロアチア

青果売り場の横でチーズなども売っていたのですが、
魚売り場は屋内に。
クロアチア

新鮮そうで、
クロアチア

一般の人も気楽に買えそうでいいですね。
クロアチア

さばいてあるのもある。
クロアチア

たこ~。
クロアチア

つづく。

2016クロアチア_11ザグレブ・聖マルコ教会、石の門
2016年07月10日 (日) | 編集 |
クロアチア_11ザグレブ・聖マルコ教会、石の門

聖マルコ教会。
屋根の左はクロアチア王国、ダルマチア地方、スラヴォニア地方を
示す紋章、右がザグレブ市の紋章だそうです。
ザグレブ市の紋章、あちこちで見ましたが、かっこいいですね。

教会の右側が国会議事堂、
左側が首相官邸ということで、
教会の広場ではデモが行われていました。
警官&軍の方?も回りに少しいました。
あまり緊迫した感じはしませんでしたが。
クロアチア

近くの通りの建物にニコラ・テスラのプレートを見つけて、
びっくり。
後でインフォメーションの方に訳してもらいましたが、
人々のためにここで組織をつくり働く、というような
文言で、特にここで生まれた、とかいうものでは
ないとのこと。
オーストリア帝国(現在のクロアチア西部)の生まれだったんですね。
ニコラ・テスラというと私は映画『プレステージ』での
デヴィッド・ボウイのイメージ^^;
クロアチア

石の門。
中世、城壁に囲まれた王国自由都市だった時代の
数少ない出入り口のひとつ。
クロアチア


中の聖母マリアの肖像がおさめられた礼拝堂は
代わる代わる人々が熱心に祈っていて、
神聖な雰囲気でした。
クロアチア

石の門の前の騎士像はなまず?のような生き物を
踏んでいて、ツアーのガイドの方が何やら説明していましたが。。
クロアチア

東京まで9353km
クロアチア

広場の大画面の前でかぶりつきでサッカーを
見るとすごく迫力がありそう。
やってみればよかった。
クロアチア

ガイドブックに紹介されていたカフェ
Gradska Kavana に行こうと思ってぐるぐるしたのですが、
どうしても見つからず、観光案内所で聞いたところ、
昨年経営が変わって、Johann Franckになったとのこと!

Johann Franckでクロアチアの伝統的なケーキを食べたい、と
聞いたところ、ないので、似たもの、といって
持ってきてもらったものがミルフィーユ。
これは日本でいうところのナポレオンパイ?
ナポレオンパイって苺のミルフィーユなんですね。
半分に切ってもらいましたが、これで一人分。
大きい^^
クロアチア

こちらは駅構内の古本市?
ザグレブは本屋さんがたくさんあって、
文化都市、って気がしました。
電子書籍の時代ですが、東欧ではまだまだ本が
親しまれているのかな。
クロアチア

ザグレブを経由していたのは、
シンプロン・オリエント急行 (Simplon Orient Express) : 1919年 - 1962年
だったんですね。
クロアチア

つづく。

2016クロアチア_10ザグレブ・聖母被昇天大聖堂
2016年07月08日 (金) | 編集 |
クロアチア_10ザグレブ・聖母被昇天大聖堂

広場から聖母被昇天大聖堂へ。
クロアチア

13世紀から18世紀にかけて建てられ、
16世紀にオスマン朝軍と戦った兵士の墓も
安置されているということですが、
聖人の方の像が目を引きました。
クロアチア

内部は厳かな雰囲気で、
ステンドグラスが美しかったです。
クロアチア

教会前の広場から、ぶらぶらと旧市街を
散策へ。
クロアチア

おしゃれなレストランが連なる
トカルシカ?通り。
クロアチア

街のあちこちにブロンズ像がありました。
クロアチア航空でもらった「The Zagreb TIMES」によると、
こちらは、
Marija Juric Zagorka像
A fearless fighter for human rights and the first female journalist in Croatia has always been one step ahead of her time. She became famous for her romantic novels with elements of national history. The statue is the work of Stjepan Gracan.

とのこと。
クロアチア

こちらはナイーヴアート作家の作品を売っている画廊。
最初ナイーヴアート美術館かと思って、
地図上でどこにいるのかわからなくなって
しまいました。
クロアチア

一度メイン広場まで戻って、
クロアチア

クロアチア政府観光局より「伝統料理の推奨店」に
認定されたという、
「スターリ・フィヤケル900」へ。
クロアチア

自動的に出てくる?パンと
クロアチア

お薦めしてもらったチョバナツ(ニュッキ入りビーフシチュー)と
(一人前?を二人分に分けてもらいましたが、十分な量!)
クロアチア

チーズやハムがくるまれたザグレブ風カツレツ。
どちらも美味しかったです♪
クロアチア

お店のすぐ近くにあったパイの専門店が美味しそうだったので、
バクラヴァとパイを購入。
カフェというほどではないのですが、イートインもできるとのこと。
バクラヴァというとトルコのお菓子と思っていましたが、
ギリシャでもあったし、こちらの店の方はボスニアから来たそうで、
ボスニアの伝統菓子だ、と言っていました。
バクラヴァは新鮮であればあるほどおいしいそうですが、
ここのバクラヴァがこれまで食べたなかで一番美味しかったかも。
クロアチア

つづく。

2016クロアチア_9ザグレブ・トミスラヴ王広場から旧市街へ
2016年07月06日 (水) | 編集 |
クロアチア_9ザグレブ・トミスラヴ王広場から旧市街へ

ドゥブロヴニクのケーブルカー乗り場前のバス停から
シャトルバスで空港にむかいます。
バスは大体30分に1本位。手書きの時刻表が
チケット売り場に貼ってありました。
1人40クーナ。
さよなら、ドゥブロヴニク~。
クロアチア

ドゥブロヴニク空港からクロアチア航空で
ザグレブに向かいます。
クロアチア

ザグレブ空港からはシャトルバスで市内へ。
30クーナ。30分位。
終点のバスターミナルから、ホテルまで歩いて
実は10分位だったのですが、距離観が分からなかったのと
荷物もあったので、タクシーを使ったら、物凄く遠回りされました!
クロアチアでは出来るだけ
タクシーを使わないほうがいいかも。。。
クロアチアでは感じのいい人が多かったのですが、
この2度のタクシーのおかげでかなり印象が悪くなりました。。。

ここでのホテルは駅のすぐそばの「アルコテル・アレグラ」
シネマコンプレックスを同じ建物にある、ということでしたが、
静かなホテルでした。
クロアチア

かつてオリエント・エクスプレスも通ったというザグレブ中央駅。
入り口が分かりにくいですが、
地下に広いショッピング街が広がっていました。
クロアチア

駅前にあるクロアチアの初代国王の騎馬像のあるトミスラヴ王広場
から旧市街に向かいます。
クロアチア

ドゥブロヴニクは地中海性気候で天気のいい日が多い、という
ことでしたが、ザグレブではあじさいの花をたくさん見かけました。
雨が多いのかな?
クロアチア

アート・パビリオン。
クロアチア

街の真ん中を広い公園が占めているって
いいですね。
クロアチア

短い滞在中何度もこの公園を縦断しました。
クロアチア
クロアチア

ストロスマエル美術館。
クロアチア

クロアチア

街の中央広場、イェラチッチ総督広場。
クロアチア

トラムが活躍していました。
クロアチア

広場から聖母被昇天大聖堂へ。
クロアチア

つづく。

2016クロアチア_8コルチュラ・ドゥブロヴニク旧市街
2016年07月04日 (月) | 編集 |
クロアチア_8コルチュラ・ドゥブロヴニク旧市街

マルコ・ポーロの出身地(と主張している)
コルチュラ。
おじいさんがここの出身というのはかなり確実のようです。
ここはベネチアの支配下だったので、ベネチア出身とも言えると。
クロアチア

聖ペテロ教会から街が一望できました。
クロアチア

日本の港街と比べてなんか優雅ですよね。
クロアチア

この右側に見えるのがマルコ・ポーロの塔。
クロアチア

マルコ・ポーロの家、と書いてあったので、
入ってみたのですが、なんと2時でクローズ!
クロアチア

ガイドさんのいとこのお店、ということで、
のんびりランチを食べていたら
(というか注文したものがなかなかこなかった)
クロアチア

マルコ・ポーロ家がクローズしてしまって、
残念無念!
クロアチア

博物館にも行ったのですが、蝋人形館?でした。
ううう「地球の歩き方」恨むよ。
レモンアイスを食べて気を取り直そう。
クロアチア

再び船に乗ってバスに戻り、最後のイベントである
ワイン飲み放題へ、オリーブ農家へ。
カルフォルニアワインと同系統という赤ワイン、
白ワインの飲み放題で、
ナッツやベリーのリキュールやグラッパも飲めました。
クロアチア

夕方ドゥブロヴニクに戻り、
クロアチア

再び街に繰り出します。
花嫁さん。絵になりますねー。
クロアチア

今日も教会コンサートに聞きに行くことにしたので、
その近くのお店で夕食を。
クロアチア

シーフード盛り合わせ。
めちゃ高かったですが、
スズキ、鯛、海老、ロブスター、タコ、イカ、鰯、ブリ、ムール貝、
が贅沢に乗せられた一品。
クロアチア

まあ日本で購入したら素材だけでも結構するかも。
お店の人がとりわけてくれました。
クロアチア

今日の教会コンサートはギター2台でクラシックの曲を。
同じく100クーナ(1700円位)。
ワインが聴いて眠気と必死に戦ってましたが(汗)、
優雅な時間を過ごせました。
クロアチア

つづく。